コラム

【カテゴリ一覧】


【具体的なタイムスケジュールの設定は、ロープレと同じ効果がある】

今、非常にストレスに感じていることがあります。

 

このストレスは最近、頻繁に発生し、私の頭を悩ませています。

 

たまに気が狂いそうになり、凶暴になりそうにもなります。

 

そのストレスの原因とは一体なんだと思いますか?

 

それは、『パソコン』です。

 

ここ最近、会社より新しいパソコンが支給されたのですが、これまで使用していた国内製のパソコンではなく中国製のパソコンに入れ替わりました。

 

これまで使ってきた東●製のパソコンは非常に相性が良く使いやすかったのですが、この中国製に代わって非常にストレスを感じます。

 

まず、「Fnキー」と「Ctrlキー」がこれまでと逆に設置されています。

 

「Ctrlキー」などは頻繁に使用するため、このキーがいつもと違うところに設置してあるだけで恐ろしく使いづらいです。

 

この問題は早期に設定を逆にできることを知り解消。

 

解消したとはいえ、たまに使う「Fnキー」を使う時に、

 

「どっちのボタン押すんだっけ?」

 

と迷います。

 

そして次に漢字の変換。

 

これまで概ねこちらの思う通りの漢字が一度目の変換で出てきたのですが、全然意図しない漢字が出てくるようになりました。

 

ちなみに今も「漢字」と何度か打つ中でも「幹事」と出てきたり「感じ」と出てきたり、何度も同じような現象が起きる中で、徐々に怒りが増していきます。

 

中国製だからなのでしょうか?

 

こちらの漢字の方が正しいと言わんばかりの剛腕ぶりです。

 

そして最もストレスなのがボタンの位置。

 

ボタンとボタンの間が広くなっているのか?ボタン自体が大きいのか?

 

恐ろしくタイプミスをします。

 

そして「Back spaceキー」を使う回数も増え、徐々に怒りが蓄積し、たまに「Back spaceキー」を破壊しそうになります。

 

そしてそのおかげなのか、最近右肩にコリを感じます。

 

この原因は明らかにパソコンのせいだと決めつけていますが、元の東●製に戻したくてしょうがありません。

 

これも現状維持バイアスなのでしょうか?

 

習慣とは恐ろしいもので、習慣化(今も「週間か」と出てイラっと・・・)してない行動というものは、これだけ生産性が悪くなるのかという事を改めて実感しています。

 

元のパソコンに戻したい・・・

 

それが今の切なる思いです。

(今も「重い」と出てイラっと・・・)

 

 

習慣化の実力

 

 

 

 

 

 

習慣化というのは生産性アップが叫ばれる昨今、一つ頭に入れておきたいキーワードです。

 

あなたは『エクスペリエンスカーブ』という言葉をご存じでしょうか?

 

経験曲線効果とも言われており、累積生産量が倍になるごとに単位当たりのコストが10%~30%削減につながるという理論です。

 

これは元々、1930年のライト・パターソン空軍基地の工場で、航空機の生産が倍になることでコストが20%減少したという結果からきています。

 

なぜコストが削減されたのかというと、人の学習効果が大きく寄与しており、簡単にいうと「慣れることによって生産スピードが速くなった」という事です。

 

『繰り返す』ことにより人の生産性は上がるのです。

 

これは製造現場だけでなく、日々の業務も同じです。

 

繰り返すことによって生産性は上がる。

 

そしてこれは実際に作業を行わなくても生産性を上げることはできます。

 

それが脳内でシュミレーションすること。

 

今日一日の仕事のタイムスケジュールを具体的に決める。

 

その具体的に決めていく際に、どのように進めていくかを具体的にイメージする。

 

そうすることで実際の作業を行う時は2回目の作業となります。

 

脳内で一度トレーニングするのですから、作業量(経験)は倍になる。

 

エクスペリエンスカーブの理論でいうと倍になれば、その時間コストは10%~30%改善する。

 

労働時間が8時間だとすると、48分~144分でしょうか?

 

1時間弱~2時間強。

 

それだけの時間が短縮できるのであれば、あなたの生産性は劇的に改善したといっても過言ではないのではないでしょうか?

 

一度、騙されたと思って実践してみてください。

 

 

2019年03月16日コラム営業


【メール処理の優先順位をつけるな。優先順位を考えること自体が非効率】

「う~ん・・・こいつは参考になる・・・」

 

先日読んだある書籍。

 

共感できる部分が多すぎて非常に驚いています。

 

読み進むにつれて「いや~、そうそう」とか「なるほど!」という言葉を連発。

 

世の中には時間管理や業務効率の本は山ほどありますが、著者の経験や仕事のやり方に偏りがちで、自分のスタイルと合う、合わないというのはどうしても出てきます。

 

そして今回、私がかなり合うと思った書籍はメルマガコンサルである平野さんが出版している『仕事を高速化する「時間割」の作り方』という本です。

 

※ご参考までに。

https://www.amazon.co.jp/dp/4833422522/

 

その書籍の中には、「情報の一元化」「期限管理の仕方」「メールに対する考え方」など様々な内容が盛り込まれています。

 

その中でも私が最も共感したのが「優先順位」に対する考え方。

 

色々な書籍でも仕事に優先順位をつけることは推奨されており、それを実行している人も少なくないと思います。

 

しかし、この書籍の中ではこう書いてあるのです。

 

「優先順位をつけること自体が時間の無駄」

「結局仕事はやるか、やらないか」

「やるべき仕事は優先順位関係なく、即やれ」

「考えている時間が最大のムダを発生させている」

 

という内容でした。

 

このご意見は非常に深く共感できます。

 

これはある意味、感情を挟まないのと似ていると思います。

 

現在抱えている仕事を眺めて仕事の優先順位をつけようとすると、様々な別の要素が入ってきます。

 

この仕事はまだ期限があるから・・・

 

今日はこの重い仕事はしたくないな~・・・

 

明日はしっかり時間が取れそうなので、明日にしよう・・・

(※結局、明日になれば別の仕事が入ってくるのですが)

 

仕事の優先順位を決めているというより、先延ばしにできるものは何かという思考に陥りがちになります。

 

「優先順位を決めない」というのはある意味、こういった「今、楽したい」という感情を断ち切る効果があります。

 

また、優先順位を考えないというのが仕事に集中させる効果もあります。

 

得てして仕事ができる人はメールの返信も早いです。

 

それは仕事が他に山積みであり、早く処理しなければ次から次へとくる仕事を処理できなくなるからです。

 

優先順位つけずにメールを処理すると、止まることなく作業を続けることができます。

 

そして止まることがないという状態が集中状態を作り出すのです。

 

 

いかに考えずに仕事をするか

 

 

 

 

 

ビジネスでは多くの課題があり、その課題を解決するためにあなたは日々奮闘していると思います。

 

しかし、人が1日に使える思考量は決まっており、多くの事を考え続けると思考力が低下し、良いアイデアも出なくなってきます。

 

「朝一番に重い仕事をする」と推奨している人が多いのは、まさにこの思考力の低下による生産性の話です。

 

1日に使える思考量が決まっているのであれば、ムダに考えている作業をいかに減らすか。

 

優先順位という発想をなくすと、意外に生産性が上がる・・・

 

そんな斬新な切り口を改めて認識させられたような気がします。

 

 

2019年03月09日コラム営業


【「そのうち」というのは、まず訪れない】

先週末のこと、、、

 

個人的に少し興味のあるセミナーがあり、ある講座に参加してきました。

 

普段は講師側にいることが多く、受講生側になると何となく新鮮味があります。

 

そして講義直前の妙な緊張感。

 

講師側との緊張感とは全く違い、「何が始まる?」というドキドキ感がたまりません。

 

そして講義がスタート。

 

座学よりも与えられたお題を元にディスカッションをするケースが多く、まったく飽きさせない感じです。

 

講師もビジネスの知識に相当長けている感があり、ディスカッション後の講師の解説も非常にタメになり充実した時間を過ごしました。

 

しかし、ふと受講者の顔ぶれをみると・・・「若い・・・」

 

ほとんどの方が30代といった感じでしょうか?

 

やる気に満ち溢れたフレッシュ感に、厄年の私が混じると若干引け目を感じる。

 

そんな気分に陥りました。

 

そして講座が終わり、本講座の案内へ。

 

本講座の内容を見ると全6回の講座で、教材を見るとなかなか興味深い。

 

そして講座の間と間に、かなりハードな宿題を課せられるとか・・・

 

どうせ学ぶならハードな方が身に付く。

 

「なかなか面白そうじゃないか」

 

そう思ったのですが、しかし・・・

 

「この前トップセールス勉強会を東名阪で始めたし・・・」

 

「そういえば社内講座の勉強もしないとなぁ~・・・」

 

「相変わらず仕事は落ち着きそうにないし・・・」

 

「う~ん。まぁまた今度でええかな?」

 

「四半期に1回やっているっていうし、次回の開催月は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

そんな先延ばし症候群に陥りそうになった瞬間、ある言葉が脳裏を過りました。

 

『成功者と凡人の分かれ目は「行動するか」「しないか」の差だけ』

 

これはあるビジネスの権威の名言です。

 

そしてもう一つの名言も。

 

『知識は投資した分しか身につかない』

 

これは情報フリーの時代にうってつけの言葉です。

 

ちょうど今の自分自身の状態に納得いっていない。

 

それは自分自身が行動を変えてこなかった結果だろう・・・

 

ちょっとここで改めてムチ入れるか・・・・

 

そんな衝動に駆られた週末。

 

自分自身の何かを変えたいと思います。

 

 

「そのうち」の先には地獄しかない

 

 

 

 

 

 

「そのうち」という思考は多くの場合、何も良いことは起きません。

 

「そのうち」起業する。

 

「そのうち」ダイエットする。

 

「そのうち」売上が上がる。

 

「そのうち」やりたい仕事が見つかる。

 

この言葉を並べてみただけでも何1つ、うまくいきそうにありません。

 

営業マン時代も「そのうち」と考えて営業をしていた時は、ロクなことが起きませんでした。

 

こんなに電話しているのだから「そのうち」取れるはず・・・

 

まさに「神頼み営業」。

 

「そのうち」というのは、まず訪れない。

 

そして「そのうち」を「今」という言葉に変えた瞬間に、あなたの人生に変化が訪れる。

 

「そのうち」ではなく「今」何をするか。

 

この2つの言葉が『成功と失敗を表現した言葉そのもの』といっても過言ではないと思っています。

 

 

2019年03月02日コラム営業


【一緒になってやりませんか?という言葉は説得力を高める】

「なんかいい感じになってきた!」

 

今週の木曜日に第三回目のRTS勉強会が開催されました。

 

RTS?

 

え?まだ知らない?

 

リアル(R)・トップ(T)・セールス(S)勉強会のことです。

 

現役のトップセールスを集めて、持ち込まれた議題を元に「どう売るか」を考える。

 

※「どうしたら買ってもらえるか」や「どうしたら欲しくなるか」という発想ではなく、「どう売るか」という発想がトップセールスらしくて私は好きです。

 

今回もある議題を元に、トップセールス達が意見をぶつけ合いました。

 

議題は勉強会が開催される1週間前に参加者に共有。

 

その内容を確認し、事前に回答を用意。

 

そしてその内容を勉強会でぶつけ合うという感じです。

 

私も事前に回答を用意していましたが、トップセールス達の意見を聞くうちに別の発想が・・・

 

そして私の話に刺激され、また別のトップセールスが新たな発想を出す。

 

その発想に、また誰かが乗っかっていくというこのサイクル。

 

トップセールスという人種はおもしろいもので、出してきた他人の意見を否定する人間は全くおらず、必ず可能性を見出そうとする。

 

「なぜできないか」ではなく「どうすればできるか」を常に考える人種であるという事を改めて認識させられます。

 

「売れない理由」より「売れる可能性」。

 

その発想しか持ち合わせていないといっても過言ではないかもしれません。

 

私はこの勉強会が始まる前、連日連夜の「研修・セミナー」「移動」「研修中で身動きが取れない中、溜まっていく仕事」に少々疲れが溜まっていました。

 

そして木曜日の夜に、勉強会・・・

 

「正直、ちょっと疲れたな~」。

 

そんな思いで勉強会に参加していました。

 

最初は、こんな状態で頭を使うのか・・・なんて思っていましたが、営業の性なのでしょうか?

 

「どうやって売りますか?」

 

という議題が飛んできた瞬間!急に脳が始動!

 

ムクムクと湧いてくる発想に「なんか、この発想すごくないか?」と自画自賛。

 

(勝利を確信したような感覚)

 

そして自分の発表の前に、他のトップセールスのアイデアを聞くと

 

「お~~、そう来たかーーー」

 

その鋭い発想に若干悔しさが湧き、早く発表させろという思いが前面に出てくる。

 

そして出てきた意見に更に意見をかぶせている間に、テンションMAXとなり、思わず

 

「この勉強会って最高じゃないか?」

 

なんて思ってしまいました。

 

そしていつの間にか連日の疲れのことなど、記憶の遠く彼方に・・・。

 

これが「サードプレイス」というものなのか・・・。

 

※「サードプレイス」・・・家庭、職場に次ぐ第3の居場所。ストレス社会を生き抜く潤滑油的な場所とも言われています。

 

そして勉強会も終了し、最後の挨拶で私が参加者にあることを呼びかけました。

 

「この勉強会をもっともっと大きくしたい・・・」

 

今、名古屋だけでなく東京、大阪でも開催することを決定した旨、そしてその人数を集めていく活動に「一緒になってやってもらえないか」と頼みました。

 

そうすると名古屋幹事の竹内さんが早速Lineグループを作成。

 

そして即日10名ほどの知り合いに声掛け活動!!(これを勉強会後に即やってくれるとは・・・あざっす!)

 

その他にも別の拠点のトップセールスに声を掛けてくれるという返事をいただいたり・・・

 

そこで私もすかさずfacebookにアップ!

 

そして、そのfacebookをシェアしてくれたりなど・・・

 

「なんかいい感じになってきた!」

 

この会に何か大きな可能性を感じたと共に、もっと更なる働きかけをしなければならないという使命が湧いてきました。

 

 

「一緒になって」という言葉は人を動かす

 

 

 

 

 

 

一緒になって何かを実現する。

 

この「一緒になって」という言葉には大きな力が秘めています。

 

部下に指示を出す時も「単にやれ!」では動かない時代になっているかもしれません。

 

その単にやれではなく、一緒になってやらないか?と持ちかけることで、同じことでも受け取る側の印象はかなり違ってきます。

 

そして顧客も同じ。

 

面倒な手続きに、「これは契約にどうしても必要なので・・・」と言ってしまうよりも「多少、手続きは大変ですが、一緒になってやりましょう!」というと、何となく頑張ろうかな?という気になります。

 

「一緒になって」という言葉は人を動かす力を秘めています。

 

あなたがもし誰かの協力を得たいのであれば、そうした少しの気配りが相手を動かす結果につながる。

 

そんな知識を頭の片隅に入れておいても良いのではないでしょうか?

 

 

 

リアルトップセールス勉強会!

 

ついに大阪、東京で実施することとなりましたので、一緒なって革命を起こしてくれるトップセールスを是非お待ちしております!!

  • RTS勉強会

【大阪会場】

日程:2月27日(水)19:30~21:00

 

場所:弊社 大阪事務所2F

大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング2F

https://www.attax.co.jp/company/access/osakamap/

 

 

【東京会場】

日程:3月18日(月)19:30~21:00

 

場所:弊社 東京事務所16F

東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング16F

https://www.attax.co.jp/company/access/tokyomap/

 

 

【名古屋会場】

日程:3月22日(金)19:30~21:00

 

場所:弊社 名古屋事務所8F

名古屋市中村区名駅4-4-10 名古屋クロスコートタワー8F

https://www.attax.co.jp/company/access/nagoyamap/

 

 

2019年02月23日コラム営業


【妥協を受け入れる暇があったら、ひたすら努力して理想の自分を手に入れろ!】

先日、あるクライアントの支援の帰り・・・

 

弊社の北村と佐藤と3人であるクライアントの支援に行った帰りに、衝撃のシーンを目の当たりにしました。

 

私は普段は名古屋事務所に勤務のため、東京事務所にいるメンバーとは電話で話すことがほとんどです。

 

東京事務所に行ってもすぐに外出するため、東京事務所にいるメンバーたちがどのような仲なのか、あまり把握できていません。

 

そんな中、ある支援後の帰り道に、普段のやり取りの一部を垣間見たのです。

 

そのやり取りの一部とは、北村と佐藤の会話です。

 

2人の普段の立ち位置は、傍から見るとできる女上司(北村)とその部下(佐藤)といった雰囲気があります。

 

そしてできる女上司は、その部下の話を冷静に聞いている。

 

部下は少しおちゃらけた感じで話している。

 

そして、その部下の恋愛話に会話が発展(私が振ったのですが)。

 

その部下の女性事情を聞いた女上司が突然・・・

 

「思わせぶりくそ野郎!」

 

という言葉を発したのです。

 

その衝撃的なキーワードと、そのやり取りに、まるでゴールデンタイムのドラマを見ているような感覚になり腹を抱えて笑いました。

 

しかし、その言葉を浴びせかけられた部下は満面の笑みを浮かべていました。

 

そして後で聞いた話では、その言葉をぶつけられて『うれしかった』とのこと・・・

 

けなされているのに、うれしいと感じる佐藤の強さに感心しました。

 

けなされて、どのような感情が湧くのか・・・

 

これは至って重要なことです。

 

多くのシーンで人はけなされると卑屈になります。

 

「お前は勉強ができない」

 

「お前は運動音痴だ」

 

「お前には才能がない」

 

「お前は営業ができない」

 

「お前は仕事ができない」

 

このようなことを繰り返し言われると「どうせ俺(私)は●●だから・・・」

 

そしてその卑屈な感情がやがてコンプレックスとなります。

 

「何をやってもできない俺(私)」

 

そしていつしかできない自分を変えることを諦め、できない自分に安住していくようになってしまうのです。

 

 

コンプレックスと戦え!

 

 

 

 

 

 

「できない自分を受け入れる」

 

そんな言葉を目にすることがよくあります。

 

「自分を責めなくて良い」

 

「自分を嫌いにならなくて良い」

 

しかし、これは結局、妥協しているに過ぎない行為。

 

「自分に妥協している暇があったら、さっさと努力しろ!」

 

思わずこう思ってしまうのです。

 

「私はあなたのように強くない?」

 

それはあなたが弱いのではなくて、あなたが弱くいても許される環境にあるだけ。

 

そんな卑屈に考えるよりも自分自身のコンプレックスに怒りを持て!ぶっ潰すぐらいの気概を持て!

 

そしてコンプレックスを成長の起爆剤にしてやれ!

 

そんな事を何となく思ってしまいます。

 

「お前になんて分かってたまるか」という感情があるならば、その感情をコンプレックスに向けて、今の現状をぶっ潰してみてください。

 

たった1歩前に出るだけで大きな変化が得られることは間違いないと思います。

 

 

2019年02月16日コラム