週末の一行語録解説【12/12号】

■会社に不祥事が起こった時ほど、自分自身の営業としての力が推し量れる

先日、ある企業に営業活動で訪問した時のこと・・・

 

その企業は大企業で誰もが知っている有名な会社です。

 

しかし、最近ある不祥事が起こり、その影響で営業マンが意気消沈しているとのこと。

 

何となく、状況は把握できます。

 

なぜかというと私も以前、社会問題となる程の不祥事を起こした会社に勤めていたからです。

 

その不祥事はテレビのトップニュースで取り扱われるほどのインパクトで、その当時、誰もが知っている事件となりました。

 

そんな中、新規開拓の営業をすると多くのお客様が拒絶です。

 

しかも生半可な拒絶ではありません。

 

「あなたの会社と取引するバカは誰もいないと思いますけど」

 

と言われるほどの反応でした。

 

本来であれば、このような状況の中、売れないのは当たり前と諦めてしまうはずですが、幸か不幸か、当時同期入社が相当な数おり、かつ営業成績が1位から最下位まで開示されるという環境がそうはさせなかったのです。

 

なぜなら、開示された営業成績を見ると、いつもこのような現実があったからです。

  

「売っている奴は、どんな状況でも売っている」

  

大手企業や有名な企業に勤めていると自分自身の営業スキルを推し量ることは非常に難しいです。

 

また、社長の個人ブランドが強い会社も同じかもしれません。

 

なぜなら、個人の営業スキルではなく会社のブランドで売れてしまっていることがあるからです。

 

中には、会社のブランド力を自分の営業力だと勘違いしている営業マンも多くいると思います。

 

そんな状況の中、実は会社が不祥事を起こした時ほど自分の実力を推し量ることができるのです。

 

もし、不祥事が起きた時に営業成績を伸ばせないのであれば、はっきり言ってそれは会社のブランドで売っていたという事です。

 

不祥事を理由に売れないと言い訳しているのは、自分に営業力がありませんと言っているのと同じです。

 

実際に不祥事を起こした会社、時代で営業したからこそ分かりますが、本当に関係が構築できているお客様は、不祥事が起こっていても営業マンを信頼して取引してくれます。

 

しかも取引してくれるだけではなく、応援してくれたりすることもあります。

 

「大変だと思うけど、頑張ってね」

 

と声を掛けられることもあるのです。

 

少し想像してみてください。

 

あなたの会社が不祥事を起こした時にどのお客様が応援してくれそうですか?

 

そして、その数は何人いますか?

 

もし、応援してくれそうなお客様が少ないのであれば、あなたの営業のやり方を見直す必要があるかもしれません。

 

2015年12月12日コラム営業