週末の一行語録解説【8/6号】

■価格は商品ではなく、顧客の可処分所得によって決まる

先週の週末の事です。

 

ついに私用で使っていたパソコンがいよいよ動作が遅くなり、買い替えの時期に差し掛かってきました。

 

以前買ったのはいつ頃だったか忘れましたが、立ち上がりに数分の時間を要したり、ログオフしても電源が切れることがなく強制終了したり、ここ最近ではWindows10へのアップグレード頻繁に要求されるようになり、かなりストレスが溜まるパソコンに変貌しました。

 

パソコンを頻繁に使用している家族からも不満の声があがってきたため、ようやく重い腰を上げてパソコンを買い替えることにしたのです。

 

まずは価格ドットコムのページを開き、必要なスペックを入力していくつかの選択肢をピックアップしました。

 

その選択肢を見ると同じようなスペックにも関わらず10万円前半から後半まで幅広い価格帯の商品が並んでいたのです。

 

できるだけ持ち運びに便利な小型タイプで高スペックなパソコンを選ぼうとしていたのですが、該当のパソコンは17万~20万あたりの価格帯。

 

何となく最近出費がかさんでいるように思えたので、本当にこの値段で買って良いのかと自問自答した結果、12万円程度で買えるパソコンを選択しました。

 

しかし、購入ボタンを押した後に、「本当にこれで良かったのか」「やっぱり小型サイズにした方が・・・」「スペックを抑えたのは正解か・・・」という葛藤が起きたのです。

 

いわゆる選択のパラドックス。

 

選択肢が豊富にあると人はなかなか意思決定ができなくなり、そして購入した後の満足度も低くなるという現象です。

 

ただ、冷静に考えてみると家庭用で使用するパソコンですので、そんなに高スペックでなくても良いですし、持ち運んだとしても家の中だけ。

 

そんな高価なものを買う必要はないはずです。

 

※現在もこのブログを書きながら自分で自分を説得しています。

 

パソコンを1台買うのにかなりの時間を費やし、様々な葛藤を乗り越え購入に至りましたが、世の中にはパソコンを購入するのにもう少し高い価格帯で検討されている方も多いと思います。

 

20万にするか22万のものにするのかと・・・

 

価格が高いとはいえ、同じパソコンですので大半の機能は同じです。

 

ネットを見る、年賀状を作る、写真データや動画を保存するなど。

 

多少のスペックは違ってもできることは概ね同じ。

 

にも関わらず高額な商品を買う人もいれば低額な商品を買う人もいるのです。

 

≪価格は商品ではなく、顧客の可処分所得によって決まる≫

 

営業マンの中には「この商品は高い」という勝手な思い込みから、高額商品を更々提案する気がない人がいます。

 

「さすがにこの金額は高すぎるだろう・・・」と。

 

今度、名古屋にシルク・ドゥ・ソレイユがやってきます。

 

その席は場所によって金額が変わっておりS席(特典付き):20,000円、S席(通常)12,500円、A席:10,000円、B席:6,500円です。

 

この価格差はステージを見る角度によって決まっています。

 

全く同じショーを見るのに多少の角度が違うだけで金額が2倍、3倍になったりするのです。

 

しかし、同じショーであっても20,000円の席を購入する人もいれば、6,500円の席を購入する人もいるのです。

 

そしてその価格差に影響を与えているのは顧客の可処分所得。

 

もし、20,000円の席が用意されていなければ、おそらく20,000円の席を購入していた顧客は12,500円の席を購入していたと思います。

 

しかし、その満足度は20,000円よりも少し低かったのではないでしょうか?

 

営業マン「いや、こんな高い商品を提案してもどうせ買いませんから」

 

いやいやお前が決めるな!

 

価格に対する感じ方は顧客によって違ってきます。

 

そして高額な商品、サービスを求める人もいます。

 

あなたの勝手な思い込みだけで最高スペックの商品を提案すらしない・・・

 

もしかしたら、その勝手な思い込みが受注単価を引き下げる結果になっているのではないでしょうか?

 

追伸:先日、シルク・ドゥ・ソレイユを見に行くかどうかについて家族の中で話題にあがりました。

 

しかし、オシャレ感に影響されてシルク・ドゥ・ソレイユを見に行こうとしている自分がいるのではないかとの疑念を抱き、

 

「シルク・ドゥ・ソレイユを見る前に日本のシルク・ドゥ・ソレイユ『宝塚』を見に行くべきや!」

 

と提案しましたが芸術センスのない私の適当な意見に、家族からは冷ややかな視線が注がれました。

 

2016年08月06日コラムマーケティング