週末の一行語録解説【8/27号】

■レベルの高い顧客と仕事をすることを目指せ

今日から4日間、連休を取ることにしています。

 

今月はお盆休みがあったにも関わらず、月曜日、火曜日と休みを取り4連休にしているのです。

 

というのも子供たちの夏休み最後の思い出作りで、妻のご両親と妹夫婦の計らいでディズニーランド旅行が企画されていたのです。

 

しかもディズニーホテルに宿泊するという子供にとっては(大人にとっても?)夢のような体験になることは間違いないと思います。

 

しかし、不運なことに長女が先週の週末からマイコプラズマ肺炎となり、その容態がよくならず長女と私は留守番となってしまったのです。

 

「ディズニーホテルに宿泊という体験が・・・」と思う反面、私はあることを考えています。

 

それは、家をあまり出ることができず、時間だけが強制的に確保されるというのは好都合で、このタイミングでこれまで後回しにしてきたあるテーマのスキル向上に時間を費やそうと思っています。

 

今の仕事についてもう10年経つのですが、10年も同じ仕事をやっていると経験値も増え、大抵のことは要領よくできるようになりました。

 

しかし、この楽にできている状態で甘んじるということは非常に危険であり、常に何かの変化を求め続ける必要があるのです。

 

ちなみにコンフォートゾーンという言葉をご存じでしょうか?

 

「comfort=快適な」「zone=領域」という意味で、不安にならない行動範囲の事をコンフォートゾーンと言います。

 

人はこのコンフォートゾーンに維持することを好みますが、コンフォートゾーンに維持し続けるという事は、リスクを冒す機会がなく、変化と成長が乏しくなることを意味しています。

 

要は、成長するためには1歩足を踏み出し不安に思うゾーン(未体験ゾーン)に身を置かなければならないという事です。

 

このコンフォートゾーンの一歩足を踏み出したゾーンの事を「ラーニングソーン」と言い、コンフォートゾーンから大きく外れた状態を「パニックゾーン」と言います。

 

成長のために必要なのはラーニングソーンに身を置くこと、つまり適度なストレスを与える続けるという事です。

 

あまり極度なストレスを与えることは、失敗を繰り返す結果につながり、挑戦することへの苦手意識を植え付けることになりますので注意が必要です。

 

≪営業としてラーニングゾーンに身を置くためにお勧めなこと≫

 

それはレベルの高い顧客を1人見つけ、その要求に応えていくことです。

 

人はコンフォートゾーンからなかなか離れたくないという心理が働きます。

 

その心理から解放されるためには強制的に出ざるを得ない仕組みを作っていくことが有効です。

 

自分で変化を求めることは容易ではありませんが、それが顧客からの要求であればやらざるを得ません。

 

そして要求レベルの高い顧客と付き合うことは今後の顧客開拓にも役に立ちます。

 

要求レベルの高い顧客というのは、常に最新情報をキャッチし変化を好む企業であることが多いです。

 

そこで要求された要望は、今後、他の顧客からも要求される可能性があり、その要求を先んじて提案できればあなたへの信頼も高まることは間違いないです。

 

レベルの高い顧客を見つけ、高い要求レベルに対応していく。

 

ここでポイントなのがレベルの高い顧客ばかりにしないという事。

 

レベルの高い顧客ばかりになると対応にパニック状態になり、売上を獲得することもままなりません。

 

1社で構いませんので、そのような顧客を探し、高いレベルの要求を欲してみましょう。

 

その経験が未来の大きな売上につながる可能性は大きいはずです。

 

追伸:娘が元気になったら、2人というチャンスを活かしてまた一緒に寿司屋に行こうと思っていましたが、それを見透かされていたのか、妻から「生もの禁止!」という通達が発せられました。

 

「チッ!」と思わず心の中で舌打ちした今日この頃です。

 

2016年08月27日コラム営業