【「自分の責任ではない」と言ってしまうと、自分では解決できないものになってしまう】

Fotolia_93677136_XS

先程、ネットサーフィンをしているとこんな記事を見つけました。

 

その記事の内容というのは「電通の社員が仕事のストレスから自殺した」という内容でした。

 

この記事の中には自殺する直前までの友達とのやり取りが記載されており、その内容から相当な残業を強いられていたこととパワハラが自殺の原因だったことが伺えました。

 

その記事はこちら

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6216982

 

私も元々ブラック企業出身で、相当な残業とパワハラを受けていました。

 

勤務時間は朝8:00から仕事がスタートし、終了するのは毎日午前1時。

 

祝日、土曜日は100%出勤で唯一の休みは日曜日のみ。

 

たまに業績が悪いと日曜日も出勤することも。

 

そして、残業時間を計算してみると

 

8;00~1:00=17時間労働

17時間-8時間(通常勤務)=残業9時間/日

平日残業:9時間×20日(4週)=180時間

土曜出勤:17時間×4回=68時間

 

合計すると180時間+68時間=248時間

 

月間248時間の残業をしていたようでした。

 

先程の記事からすると過労死ラインは月間80時間超。

 

過労死ラインの残業時間の約3倍。

 

さしずめ当社流でいうと過労死ラインの予材管理といったところでしょうか?

 

この企業でもやはり体を壊したり、鬱になったり、中には逃亡する社員も多くいました。

 

長時間労働は良くない・・・

 

こんな考え方が世の中には蔓延しているのではないでしょうか。

 

しかし、長時間労働をして鬱や自殺まで考えてしまう人もいる反面、ライフワーカーといわれるように好きで長時間働いている人も存在します。

 

朝早くから夜遅くまで仕事をこなし、土曜も日曜も関係なく仕事に没頭。

 

お酒を飲んでいても、飲み終わった後に仕事を再開させる。

(起業家にはこういうタイプの人が多いように思います)

 

このライフワーカーは長時間働いても鬱になることもないですし、自殺を考えることも全くありません。

 

長時間労働を苦に思っている人もいれば、好きでやっている人もいるのです。

 

ここには一体どんな違いがあるのでしょうか?

 

≪誰があなたの人生をコントロールしているか≫

 

同じ長時間労働でも苦に思うか、楽しいと思うかは『自分自身で人生をコントロールできているか』に差があります。

 

営業で景気が悪い、顧客が悪い、商品が説明しづらい、等の文句を盾に売れない自分を正当化している人がいます。

 

しかし、自分の責任ではないと言っている限り、あなたの人生は他人に支配されていることを意味しており、その言葉を繰り返している間に思考は閉ざされ、その問題は解決できないものとなってしまいます。

 

そして他人に支配されている人生はつまらない・・・

 

あなたが人生を苦に思うか、楽しく思うかは、自分の人生を自分がコントロールできているかどうか。

 

そのためには他人のせいにせず、自分の責任だと受け止めることができれば自分の人生を自分が支配していることを意味します。

 

そして自分の人生を自分がコントロールできていると実感することにより、あなたの営業人生が楽しくなるのではないでしょうか。

 

 

2016年10月08日コラム営業