【社内から紹介を貰いたいなら「何かないですか?」を連呼しろ】

パブロフの犬

シンガポールでの食事でのこと。

 

先週の沖縄の研修旅行に引き続き、今週は火曜日から土曜日まで会社全体の社内旅行に出かけていました。

 

連続の旅行ということもあり、仕事が思うように進まない不安に苛まれながら必須参加&海外(シンガポール)という誘惑に負け、旅行に出かけたのです。

 

1日目は移動のみ。

 

2日目はチームごとに分かれ浜辺で運動会を実施。

 

チームは普段、仕事であまり絡むことが少ない他部署のコンサルタントと組み、各競技をこなしていきました。

 

その競技プログラムは年齢の割にかなり過酷な内容で、多くのメンバー(特におじさん世代)が悲鳴を上げていました(笑)

 

そして3日目はフォトラリー。

 

メンバーがシャッフルされ、また違うメンバーと組み、課題を1つ1つ解決するという内容です。

 

小学生で行ったようなイベントでも大人になって改めて実施するとおもしろく、3日目もあっという間に時間が過ぎていきました。

 

そして3日目の夜には宴会を行い、チームのメンバーや色々なメンバーと交流を深めながらおいしいシンガポール料理とお酒を飲んで過ごしたのです。

 

そして4日目。

 

旅行をしているとよくありがちなのですが、現地料理をたくさん食べたいという欲求から4日目に至るころには胃はパンパンになっていました。

 

この胃もたれ感を解消するために、今日は朝ごはんをほどほどにしておくかと思いつつ朝食会場に着くと、いつもの量を摂取。

 

胃がかなり苦しくなるのですが、昼の時間になると何かを食べなければという思考が。

 

そして夕方も最後のシンガポール料理と思い、いつも以上に摂取。

 

そして次の日の飛行機の中での朝食も、胃がパンパンであるにも関わらず完食。

 

そして帰宅した昼も、その時間になると、「何かを食べなければ・・・」という衝動に駆られるのです。

 

≪パブロフの犬現象≫

 

あなたは「パブロフの犬」という心理現象をご存じだろうか?

 

これは生理学者のイワン・パブロフによって発見された動物の条件反射についての研究で、犬にベルを鳴らして餌を上げる事を繰り返すと、ベルが鳴っただけで唾液が出るという生理現象が起きてしまったという実験です。

 

朝食や昼食、そして夕食の時間におなかが減っていないにも関わらず何かを食べたくなるのは、まさにこの条件反射であり、繰り返しの行動がこの現象を呼び起こしているのです。

 

なぜ、紹介を得たいなら「何かないですか」という言葉を繰り返すのか?

 

それは紹介を促しても、人は時が立つとすぐに忘れてしまい、相手が忘れてしまうことが紹介につながらない原因になっているからです。

 

(そもそも紹介を促していないというのも大きな原因ですが)

 

ただ、相手に忘れないようにしてくれと伝えてもそれは無理な話で、こちらから何かしらの働きかけをする必要があるのです。

 

普段はあなたを紹介するという事は忘れてもらっていても構わないのですが、あるキーワードが出た時にあなたを紹介してもらえるようにしなければなりません。

 

そのために必要なことは繰り返しの刺激です。

顔を合わせる度に「●●の事でもしご紹介いただけるような機会があれば是非お願いします」と繰り返し伝えることで、相手に小さな刺激を与えることができます。

 

そしてそれが蓄積していくと、紹介(もしくはそれに関連する)キーワードが出てきた時にあなたを条件反射的に思い出してくれるようになるのです。

 

また、紹介を促すことが嫌味にならないように「紹介を促す理由作り」を定期的に行うことも良いかもしれません。

 

※例えば、「当月だけ自部署で紹介目標を設定した」や「紹介によるリベート設定を新たに設定した」など。

 

「紹介=●●(あなたの名前)」

 

そう覚えてもらえるように普段からの働きかけを行う意識や仕組み(紹介を促す理由作り)を取り入れてみても良いのではないでしょうか。

 

2016年11月06日コラム営業