【営業マンが休暇続きでは倒産する。それぐらい重要な役割にいることを認識すべき】

先日、あるクライアントのミーティングで、、、

 

社長「モノを売ろうとする姿勢が強すぎるのでダメなんだ!簡単な紹介だけでいいんだよ!」

 

あるクライアントの社長が営業マネージャーに対してこんな事を話していました。

 

営業マンは売上を上げるために営業をしなければならない。

 

しかし、その色合いが強くなりすぎるとお客様から嫌われる。

 

その葛藤の狭間で、営業のアプローチ方法をどうしていくかを検討していたのです。

(※ちなみにこの企業はB to Cの飛び込み営業です)

 

この問題は、多くの営業マンの間で悩ましい問題になっていると思います。

 

世の中では営業マンに対するイメージは非常に悪い。

 

営業といえば、何か余計なものを売ってくる存在。

 

人が嫌がることをゴリ押ししてくる。

 

そんな職業にはできれば就きたくない。

 

そんなイメージを払しょくするために営業という名称を「○○プランナー」や「○○コンサルタント」などにしている企業もあるくらいです。

 

なぜ、こんなに営業マンは忌み嫌われるのか?

 

そんな事を考えていると前職の部下がテレアポの最中に突然キレた出来事を思い出しました。

 

・・・・テレアポ中

 

前職の部下「こっちだって仕事で掛けてんだよ!何がバカだ!ふざけんな!」

 

と営業が電話口のお客様に対して逆ギレしていたのです。

 

その場は部下の頭を叩き、強制的に電話を切って終了させましたが、見込み客の心無い返答にストレスを抱えてしまう気持ちは痛いほど分かります。

 

なぜ営業マンは忌み嫌われるのか?

 

正直な話、私はイメージが先行しているようにしか思いません。

 

確かに、人は相手に言う通りに動くことが嫌いです。

 

誰もが自分で自分の道を選びたいと思っています。

 

なので、営業マンに強く勧められると不快感を抱くことは否めません。

 

しかし、よくよく考えてみて欲しいのです。

 

本当に営業マンに余計なものを買わされた人が、世の中にどれぐらいいるでしょうか?

 

もし買った経験があるという人も、本当にあなたに全く責任がなかった、営業マンが全て悪いと言い切れるでしょうか?

 

こんな風に私は思ってしまうのです。

 

   営業は経済の潤滑油

 

 

 

 

 

少し、想像してみて欲しいことがあります。

 

それは営業マンが全くいない世の中です。

 

全てにおいて自分で情報を探し、その情報の信ぴょう性を確認するために更にリサーチし、そして全てにおいて自分の責任でもって意思決定する世の中です。

 

おそらく、情報をリサーチするのが面倒で物を買わなくなる、自分自身の意思決定の自信が持てずに購入を見送る。

中にはネットの情報だけを頼りに購入してしまったがために後悔する。

 

そんなことが頻発するのではないでしょうか?

 

営業マンがいなくなれば、物が売れなくなる。

 

物が売れなくなればお金は循環しなくなり、お金が循環しなくなれば行きつく先は不況しかありません。

 

そして不況を心待ちにしている人は世の中にどれぐらいいるでしょうか?

 

営業マンは経済の潤滑油です。

 

そしてもう一つ言えることが、コンサルタント、医者、警察官、プロ野球選手などほとんどの職業の人が1カ月休暇を取ってもやっていけると思いますが、営業マン全員が1カ月も休暇を取るとなれば会社は倒産の危機に瀕します。

 

営業という職種は世の中で認識されているよりもはるかに重要な職種であるし、その職種に多くの営業マンが誇りをもってもらいたいと私は願っています。

 

 

2017年06月03日コラム営業