【目じりにシワができるぐらい笑ったら成約の可能性が高い】

ある日の会話でのこと、、、

 

先日、とある人物に連絡を取りました。

 

とある人物と言いながらも当社の社員の方なのですが、私が多くの部分でリスペクトしている人物でもあります。

 

なぜ、多くの部分でリスペクトできるのかというと私と全く同じ金融出身の方だからです。

 

私は、ある大手金融会社出身ですが、その方も同じ大手金融会社出身。

 

私がいた会社とその方がいた会社に対して対策弁護団が結成された程、悪名高き2大巨頭の会社にお互い在籍していたのです。

 

私はブラック営業出身者の特徴として、感情を失ってしまっているというのがあるのではないかと前々から思っていました。

 

営業手法はテレアポ、飛び込み。

 

そして販売する商品が、一般的に詐欺行為が多いと思われている業界。

 

この2つが重なるとテレアポ、飛び込みの反応は非常に厳しいものになります。

 

「電話かけてくんな!」

 

「お前、警察呼ぶぞ!」

 

「誰が借りるか、バーカ!」

 

様々な罵声を毎日浴びるように受けている間に、徐々に感情を抑えようとするようになるのです。

 

なぜ感情を抑えようとするのかというと、感情を介入させると1つ1つの断り文句を素直に受け取る結果、尋常じゃない程の精神的ダメージを受けるからです。

 

そして「お金が絡む」というのも悪影響の1つになります。

 

お金が絡む職種というのは、どうしても人間の嫌な部分を見てしまいます。

 

ここでは詳しくはお話しませんが、様々な利害関係者から見えてくる人間の本性。

 

心の闇というものをどうしても見てしまうのです。

 

そんな体験をしていると、徐々に感情が失われていきます。

 

そして感情が失われている人の特徴として「目が笑っていない」というのがあります。

 

前の職場では本当に多かったのですが、笑っているのに眼はいつもと同じ目をしている。

 

そんな人が本当に多かったのです。

 

そして、そのリスペクトしている方も、時折そんな目をされます。

 

私はそんな目を見て、これまでの大変さをどこかで感じ取ってしまうからこそ、多くの部分で共感してしまうのです。

 

(お前も一緒だろ!と言われそうですが)

 

 

 本当の笑いか、作り笑いか

 

 

 

 

 

商談の場でもお客様が、心の底から笑っているのか、腹では違う事を考えているのかを知りたいもの。

 

本当に笑ってくれているのであれば、営業マンや提案に好意を持ってくれているという事になり、商談の成約の可能性は高くなります。

 

そこでお客様が本当に笑っているかの判断方法として、おもしろい研究があります。

 

それは19世紀のフランスの精神内科医であるギヨーム・デュシェンヌの研究の中で、「真の笑顔」と「偽の笑顔」の判断方法として立証されたものです。

 

この研究は、人は心から笑った時に目のまわりに大きな違いが生じることを発見しました。

 

この研究が元で、本当の心からの笑いを「デュシェンヌ・スマイル」と呼ぶようになりましたが、人は心から笑うと目のまわりの筋肉が収縮するのです。

 

いわゆる「目じりにシワができる」という事です。

 

もしあなたがお客様の反応を見分けるのに困っているなら、是非、目じりにシワがあるかを確かめてください。

 

そのシワを確認することができれば、商談はうまくいったと判断してもらって構わないと思います。

 

 

追伸:今現在は、代表の横山の影響、今の組織、スタッフのおかげでかなり感情が取り戻せていると思っています。

 

 

2017年08月06日コラム営業