【できる営業を素直に真似しよう。人生は短いのだから】

お盆休みでの出来事、、、

 

お盆休みはGWに引き続き、関西には帰省せずに愛知県に留まりました。

 

理由は、日頃、部活が忙しい長女がお盆休みに集中して宿題を終わらせるためです。

 

妻と次女は実家に帰省し、私は長女の家政婦として自宅に残りました。

 

私に課せられた最も大きなミッションは食事です。

 

最初は「全て外食で賄うか?」とも考えていましたが、それではあまりにもお金がかかるし、それ以上に何か味気ないような気がしたので、自炊してみることにしました。

 

近くのスーパーに自転車を飛ばして行き、まずは買い物です。

 

ここ最近は料理も非常に手軽になっており、数品の材料を用意するだけで、味付けなどを考えずに1品料理ができてしまう代物があります。

 

結婚してからまともに料理を作らなくなった私でも、簡単に調理できる食品メーカーの知恵と技術の結集といえる商品です。

 

私はその商品を購入し、その商品のレシピに合わせてチンゲン菜と卵を買い物かごに入れレジに向かいました。

 

家に帰り、夕方6時過ぎになった頃に、その商品を開封し、そして料理開始。

 

チンゲン菜をレシピ通りの大きさにカットし、フライパンに油を投入。

 

温まったところで、まず卵を炒める。

 

レシピには卵は3~4個と記載されていましたが、さすがに3個もいらないだろうと思い2個を用意。

 

「卵を入れすぎてもそればかりの味になるし、最近コレステロール値が気になるし・・・」

 

と思いながら勝手な動物的勘でオリジナルレシピにすり替えたのです。

 

いざ、料理ができあがり娘と乾杯。

 

できあがった料理に手を付けると・・・

 

娘「うん、まぁまぁかな?」

 

水田「若干、味濃いな・・・」

 

娘「まぁ、ご飯が進むからいいんじゃない?」

 

水田「くっ・・・やっぱりレシピ通りに3個入れるべきだったか・・・」

 

食品メーカーの研究開発の方々が研究に研究を積み重ね、そして一番おいしく食べられるレシピを提供してくれているにも関わらず、オリジナルのレシピに固執した末路。

 

たいした料理の腕もないのに、オリジナルに走ってしまったために生んだ悲劇だったのです。

 

 

 自分オリジナルに固執するバカ

かの有名なトーマスエジソンは白熱ランプを発明するのに3000以上の理論と何千という材料を使ったそうです。

 

今はオリジナルのランプを作るのに、長い期間努力したエジソンをマネて長い期間研究するバカは誰もいません。

 

エジソンが作り上げた技術を調べ、まずはランプを作る方法を知ります。

 

そして、ランプの作り方を知ってからオリジナルのランプに着手する。

 

当たり前の話です。

 

しかし、営業の世界ではどうでしょうか?

 

 

 

 

 

 

多くの営業マンはある一定のスキルを身につけると誰からも学ばず自分独自の方法論に固執します。

 

時代は流れ、新しく、そしてもっとうまく成果を上げている人が次々と出ているにも関わらず、

 

「うちの業界には合わないから」

 

「俺のやり方とは違うから」

 

と意味不明な言い訳をして自分オリジナルのやり方に固執します。

 

しかし、その真意は単に面倒なだけ、慣れてないことをしたくないだけ、だったりします。

 

もちろん苦労するのが好きな人は勝手にやれば良いと思います。

 

しかし、あなたがもっと早く成果を上げたいと考えているのであればうまくいっている先人に目を向ける。

 

既に世の中に成功している方法はいくつもあり、その成功例をマネていち早く成果を手に入れる。

 

ただ気をつけなければならないのは、そのノウハウが本物かどうか。

 

そして、ノウハウという代物の正しい使い方。

 

しかし、そのノウハウが本物かどうか、そしてノウハウの正しい使い方を知っているのは、既に先人のマネをすることを大量に実践している人だけ。

 

そんな事実に早く気付いた方が良いのです。

 

あなたが今後、「昔は俺もすごかったんだけどなぁ~」というセリフを吐くような化石営業マンにならないためにも・・・

 

 

 

2017年08月20日コラム営業