【伝えたいことを伝えて、伝えて、伝えて、最後に何を伝えたかを伝える】

あるセミナーでの気づき、、、

 

9月に弊社は新商品をリリースしています。

 

その商品名は「絶対達成インバスケット研修」

 

かの有名なインバスケット研究所の鳥原社長とタッグを組んで、目標を絶対達成させるマネージャーのコンピテンシーを抽出し、絶対達せさせるマネジメントスキルがあるかどうかを計測できるというサービスです。

 

この体感セミナーを9月に、東京、名古屋と開催(10月頭に大阪も開催予定)。

 

経営幹部や教育担当者限定で、この絶対達成インバスケットを体感してもらい、サービスの理解を進めているのです。

 

この「絶対達成インバスケット」というのは言葉だけでは非常に分かりづらいサービスのため、理解してもらうための様々な仕掛けを打っています。

 

まず、冒頭ではインバスケットというビジネスシュミレーションゲームの説明。

 

そして、その後は実際にそのビジネスシュミレーションゲームを体感してもらう。

 

そして体感後に昼食をはさむ。

 

昼食ではお弁当を用意し、体感してもらったインバスケットを周りの受講者の方や講師と共有。

 

そして昼休み明けには、インバスケットで取り扱った題材の1つをピックアップして周囲の受講者とディスカッション。

 

受講者と議論を深めることによって理解が更に促進。

 

そして、最後は絶対達成インバスケットの特徴を説明し、質疑応答の時間までを取って全ての疑問を解消していきます。

 

今回のこのサービスは、これまでのコンサルティングサービスとは違い、コンサルタントの魅力というよりは、サービス自体の魅力を理解してもらわなければなりません。

 

そのために単に説明するだけでなく、あらゆる角度から理解を促進させる手を打っているのです。

 

しかし、こういった取り組みを行うことで改めて通常のプレゼンテーションにもあらゆる手を打つ必要性に気づかされます。

 

通常のコンサルティングサービスについて理解を促進させるために、どのようなバリエーションがあり、何を行わなければならないのか。

 

うまいプレゼンテーターは、伝えたい事を1つに絞り、伝えたいことをありとあらゆる角度から伝えると言われています。

 

書籍もそうです。

 

あまりコンテンツを盛り込みすぎると結局何を伝えたかったのかの印象が薄れるため、1つのテーマに絞り込む方が良いとされています。

 

しかし、ここで問題になってくるのが「あらゆる角度」というのはどのようは方法があるのかという疑問です。

 

そしてこの方法はコンサルのようなプレゼンテーターだけでなく、商品説明をする営業マンにも共通した課題でもあるはずです。

 

 伝えたいことを記憶の残す6つの方法

 

 

 

 

 

伝えたいことを伝えるためには、どのような方法があるのでしょうか。

 

それはこの6つの分類に整理することができます。

 

1.単刀直入な説明

まずは単刀直入に解説するという事です。我々が単純接触効果について解説する時に、「そもそも単純接触効果とは何か」を単刀直入に説明します。

 

2.例を挙げて説明

今度は身近な例を挙げて説明します。先程の単純接触効果の話であれば通勤電車で同じ時間、同じ車両に乗ることにより毎日顔を合わせる人に興味関心が湧いている話をします。

 

3.実話で説明

自分の過去の体験などを題材にして説明します。先程の単純接触効果の例でいうと私の場合、facebookでの実体験を元に話します。

 

4.証明による説明

証明できるデータなどを使って説明します。先程の例でいうと心理学者の研究結果などが証明による説明です。

 

5.お客様、専門家、その他代弁者の言葉の引用で説明

これは分かりやすいと思いますが、お客様の声による説明です。直接説明するよりもウィンザー効果により説得効果は高まります。

 

6.番号を振った要約で説明

最後は、これまで説明してきたことを箇条書きにして説明。振り返りができると共に頭の中を整理する効果があります。

 

伝えたい1つのテーマを説明する6つの方法。

 

あなたの商品に当てはめると何を伝えるべきなのか?

 

この6つの方法に照らし合わせて、是非考えてみてください。

 

 

追伸:絶対達成インバスケットの体感セミナーは、定期的に東名阪で開催しています。

 

自社のマネージャーのマネジメントスキルを数値化して見えるようにしたいということであれば、是非、体感してみてください!

http://attax-sales.jp/zettai-inbasket-op

 

2017年10月01日コラム営業