【チャンスがないのではない。ただ自分でやらないと決めただけ】

今度、久しぶりにセミナーに参加しようと思っています。

 

いつもはセミナーを受講するよりも講師として登壇していることが多いのですが、今回は受講者側です。

 

そのセミナーは2日間で15万円程するセミナーであり、また、東京で開催されるため往復の交通費、宿泊費を合わせると20万円程度の金額になります。

 

営業マン時代は、自己投資をするといっても本ぐらいなもので、セミナーには一切参加していませんでした。

(まぁ、セミナーという存在も知りませんでしたし、超長時間労働の中で参加する時間も体力もありませんでしたが・・・)

 

しかし、コンサルタントになってからはセミナーや音声、動画の教材に自己投資を行うことが当たり前となってきて、その単価も徐々に上がってきています。

 

昔の自分を考えると、たった2日間のセミナーに20万円も自己投資するというのはあり得なかったのですが、それも今となってはそんなに抵抗はありません。

 

世の中には、自己投資に年間100万円程支払っているという人はよく耳にすることから極めてたいしたことではなく、そしてもう一つ、ある原理を知ってしまったからなのです。

 

「なぜ、セミナーに高額な金額を支払うのか?」

 

実は高額セミナーのコンテンツと世の中に流通している書籍のコンテンツに大きな差があるかというと、そこまで大きな差はないことは分かっています。

 

「最も投資対効果が良いのは書籍である」という言葉もある通り、書籍だけでも十分に得るものはあります。

 

そんな事はよく分かっているのですが、あえて高額のセミナーに参加するのです。

 

それはなぜかというと、『自分へのプレッシャー』になるからなのです。

 

多くの使えるノウハウが世間に流通している中、なぜ成功する人が少ないのか。

 

それは簡単な結論で「使わないから」です。

 

少し過去を振り返ってみてください。

 

良い本と出会ったとしても、その本のノウハウをどれぐらい実行したでしょうか?

 

おそらく、知識は得たが実行するまでには至らなかったという事がほとんどだったと思います。

 

なぜ、1,000円ちょっとの書籍を何冊か買えば得られるような知識を数十万も支払って学ぶのか。

 

それは「使わないことへの痛み」を生み出すためです。

 

自腹を切って使わないとなると、そのお金が全く無駄になってしまいます。

 

その金額が高額であればあるほど、その痛みは強くなっていきます。

 

その痛みから回避したいという思いが、必ずノウハウを使おうとする動機づけになるのです。

 

 

 成功のカラクリ

 

 

 

 

 

 

 

ある成功法則の指導者の話によると、成功者に1週間ついて回ると成功の謎は解けると言います。

 

しかし、多くの人は1週間ついて回ると、

 

「あの人が成功するのは当たり前だ。ただ私にはあんなこと、やる気がしない」

 

と言うそうです。

 

成功者とその他大勢との違いは、「やるか」「やらないか」。

 

ただ、それだけです。

 

あなたが多くの営業のノウハウを学んでいるのに、いつも学んだだけになっているのであれば、少し気をつけてください。

 

ただ、多くの人にそういう習慣があり、逆に実行に移しただけで他の人よりも抜きん出た存在になるという簡単な成功のカラクリに、あなたは今日気づけたのではないでしょうか。

 

 

追伸:分かっていると、やれるとでは雲泥の差です。

単なる知識提供ではなく、セミナーの場でトレーニングして「やれる」ところまで面倒を見るセミナー。

ご興味があれば、是非ご確認ください。

やり切る習慣をつくる、『土台マインド』養成コース(全4回)

http://attax-sales.jp/seminar/open/3305/

【開催地:東京 名古屋 大阪】

2017/11/08(水)~2018/01/11(木)

開始時間:9:00 終了時間:13:00

 

 

2017年11月03日コラム営業