【価値は商品そのものではなく、いかに売るかというアイデアに紐づいている】

「あっ!押してしまった・・・」

 

ここ最近、ある商品が気になっていました。

 

なぜだか分かりませんが、facebookを見ているとある広告がよく目につくようになったからです。

 

その広告とは「加圧式シャツ」です。

 

私は7,8年前に初めてダイエットというものを行い、低炭水化物ダイエットで7キロ減に成功しました。

 

ここ最近では、息を止めてお腹をへこませるだけでお腹の弛みが解消されるという方法を知ってからすぐに実践。

 

今では風呂に入っている時に何度か実践するだけで以前よりもお腹の弛みが消えてきたように思えます。

 

そして現在は気になる個所は胸筋の弛み。

 

何か良い方法はないかと思い、何人かの人にリサーチ(聞き込み)をしましたが「筋トレしたら?」との回答ばかり。

 

「う~ん、もっと手軽に何とかならんかな~」

 

そう思っていた矢先のことだったのです。

 

そして、そのfacebook広告を胡散臭いと思いながらもクリック。

 

内容はよくあるランディングページに飛び、解説文がびっしり。

 

そして芸能人が使用している記載も。

 

「へ~、そうなんだ。芸能人が使っているなら信頼できそうだな~。ん?いかん、いかん、これこそまさにハロー効果。そんなよくある手には引っかからんぞ」

 

そう思いながら解説文を読み進めていったのです。

 

「なかなか良さそうな商品だな~。ただ、どうせこの後、価格は1万円とかで来るんだろうな~」

 

そう思いながら金額を確認すると・・・

 

なんと!3,980円!!!

 

思わず「安!!」と感じてしまったのです。

 

しかし、ランディングページから買うのは何か「してやられた感」があり、あえてアマゾンで検索してみました。

 

そうすると類似品がたくさんヒット。

 

そして社会的証明の原理により、コメントが多く入っている、いかにも売れていそうな商品をクリックしました。

 

信憑性を確認するためにコメントを確認。

 

まずは初頭効果を懸念し、悪いコメントからチェック。

 

そうすると最初にクリックした商品はステマされている可能性があったため離脱。

※ステマ・・・ステルスマーケティング

 

そして2つ目の商品を確認。

 

同様に悪いコメントから確認しましたが、そこまで悪いコメント数も多くなく、この商品なら間違いないかと思った瞬間、1クリック購入ボタンを押してしまう・・・

 

「あっ!押してしまった・・・」

 

シャツが不足していた訳でもないのに、3,980円のTシャツを1クリック購入してしまったのです。

 

 別の物と比較させろ

 

 

 

 

 

 

通常、Tシャツを買うとなら3,980円も出しません。

 

Tシャツのような消耗品であれば、ユニクロで990円購入が定番の流れです。

 

そして今、Tシャツは特に不足していません。

 

しかし、今回は4倍の値段、そして必要性もないのに、なぜ?簡単に購入してしまったのでしょうか。

 

それは比較対象が変わったからです。

 

商品はTシャツですが、購入を検討するにあたり比較になったのは、サプリメントなどのダイエット商品。

 

Tシャツではなく、サプリメントと考えると3,980円は別に高い商品ではないですし、今サプリメントは持っていません。

 

なので、高くもなく、過剰な購入(Tシャツと考えれば過剰)でもないのです。

 

いつもあなたが競合品と比較して提案しているのであれば、価格を買いたたかれている可能性があります。

 

少し頭をひねって、全く違う商品と比較させることはできないか。

 

そのアイデアが出てくればあなたの商品価値は飛躍的に上がるはずです。

 

この週末に少しだけ考えてみてはいかがでしょうか?

 

そのアイデアが出てきた瞬間に、来週から営業が楽しくなることは間違いないと思います。

 

 

追伸:今となっては売り方を学ぶためにランディングページから購入すれば良かったと後悔しています・・・

 

 

2017年12月17日コラム営業