【信頼性の象徴が、あなたのセールスの主張を強くする】

「お昼を食べる場所ってどうやって決めていますか?」

 

忙しく働くビジネスマンにとって昼食は唯一休憩できる至福の時間帯だと思います。

 

いつも困るのは、今日はどこで昼食を取るかという事。

 

先日も東京出張の際にスタッフを連れて昼食に出ましたが、東京事務所周辺の飲食店をあまり知らないため、限られた場所しか頭に思い浮かびません。

 

そこでいつも重宝しているのが「食べログ」。

 

「食べログ」には便利な機能があり、検索条件として「現在地」という条件設定ができます。

 

「現在地から300m以内」の「ラーメン」というような検索も行う事ができ、ラーメンフリークの私にとっては出張先でのラーメン店選びにかなり重宝しています。

 

常に出張に行けば、「現在地から300m以内」「ラーメン」を検索条件にし、そして評点ランキング順で表示させるのです。

 

しかし、東京での食べログの評点は、少し信憑性に欠けている事が良くあります。

 

以前、先程の検索条件でラーメン屋を探したところランキングが1位で評点も3.6点以上あった先にお伺いしましたが、初めてラーメンがマズイと思いました。

 

あまり他では見たことのない食材で出汁を取っていたのですが、なんか生臭い・・・

 

初めてラーメンを残して帰るという事態になったのですが、それでも懲りずにまた別日に同じ条件で検索。

 

そしてランキング1位の店に入店すると・・・

 

何だ?この薄いスープは?

 

真ん中に味噌の塊があり、それをお好みで溶かして食すというラーメンでしたが、全部溶かしても薄い・・・

 

「だったら最初から溶かしておけよ!」

 

そんな怒りを感じながらも店を後にした記憶があります。

 

そして更に別日に同条件で検索。

 

そこで入店した店も、スープが斬新すぎてうまいんだか、まずいんだか、よく分からない・・・

 

(・・・というか、おそらくマズイ・・・)

 

そんな嫌な思いを何度もしたのです。

 

東京ではラーメン屋が多すぎて普通の味では満足されなくなった・・・

 

だから斬新なラーメンばかりが出店され、そして他県の人間には受け入れられない味になったのではないか・・・

 

そういった仮説を立て、東京人の舌がおかしくなっているという結論を導き出したのです。

 

そして東京での食べログ検索は信用できないと思いつつも、気づけばこの日も食べログで検索。

 

そして評点の高い店に無意識に向かっていったのです。

 

 

人は考える事が大嫌い

 

 

 

 

 

 

人は何かを選択する時に、できるだけ思考を働かせないでいることを好みます。

 

例えば、お土産の購入。

 

旅行先でお土産を選定している時に、どんなお土産が好まれるのかよく分からない。

 

そしてこんな表示を目にする。

 

「モンドセレクション 金賞受賞」

 

そしてあなたはこう思う。

 

モンドセレクションで認められているのなら・・・と。

 

今のこの意思決定には、どのような特徴があったか分かりますか?

 

それは思考することをサボったのです。

 

人の脳は怠け者です。

 

考えるのが大嫌いです。

 

考えるのを省略してくれるのであれば、これは楽だとばかりに飛びついてしまうのです。

 

お客様の声、公的機関の認証のような信頼性の象徴は、考えることを省略してくれる便利な情報です。

 

「人の脳は考えることが大嫌い」

 

という前提条件を分かっているか否かで、あなたのセールスに大きな違いが生まれてくるものなのです。

 

あなたのセールスツールは、お客様が考えることをどれぐらい省略できていますか?

 

そういった視点で販促ツールを眺めてみると大きな欠点に気づくことは間違いないと思います。

 

 

2018年05月13日コラムマーケティング