【行動は妄想に勝る。考えすぎて良いことは何もない】

「あ~、久しぶりにゆっくりできる!」

 

今日は、本来あるクライアントの企業研修を実施する日。

 

しかし、台風の影響で急遽予定がキャンセル。

 

その突然の事態に、何となくタナボタ気分を味わっています。

 

というのもここ1カ月程、土曜日などに研修が入っていたこともあり、まともに休んだ記憶がありません。

 

スケジューリングをミスしてしまったのか、突然の重い業務が足かせになったのか・・・

 

久しぶりに回らないという状態に陥りました。

 

次から次にやってくる仕事に手いっぱいになっている最中、ある動画を思い出しました。

 

その動画とは速読の動画です。

 

忙しくなる直前ぐらいに見ていた動画。

 

その動画の中にキコリのジレンマという話があったのです。

 

このキコリのジレンマという話は有名な話で、時間管理の書籍などによく出てくる例え話です。

 

どんな例え話かというと・・・

 

あるキコリが、刃がボロボロの状態で木を切っている。

 

その状態を見ていた他のキコリが刃を研いだ方が良いとアドバイスする。

 

しかし、刃を研いでいる時間がないからとボロボロの刃で木を切り続ける。

 

こんな話です。

 

少し時間をおいて刃を研げば今よりも随分と木を切るペースが速くなるにも関わらず、それに気づいていないという話。

 

そんな話が頭を過ったため、今の状態を継続させるのではなく、今の状態を脱却するための行動に出たのです。

 

その行動とは、敢えて今の問題を解決するために本を読むという事です。

 

正直、本を読む時間があれば仕事を処理したいという思いは置いておき、本を強制的に手に取ったのです。

 

その手に取った本のタイトルは『欠乏の経済学 いつも「時間がない」あなたに』。

 

内容を読むと、「人は仕事の予定は組むものの、処理能力を加味して予定を組まない」と記載されています。

 

そして面白い考察は、「1日8時間×5日」働いた時よりも「1日10時間×6日」働いた時の方が、生産性が低いという結果。

 

ある建設会社やシステム会社で、実際にこのように働いた場合に「1日8時間×5日」で働いた方が、完成が早かったなどの結果が出ています。

 

では、その短時間で仕事を終了させるためには何が必要かというと、強制的にそうならない仕組みを設けるということ。

 

例えば、我々は時間に余裕がある時に無駄に時間を使い過ぎる傾向にあります。

 

その時間を有効に使うために先の重い仕事の期限を前倒しにして行動を起こすことができれば何も問題ありません。

 

しかし、それができれば苦労しないのですが、なかなかそうはできない。

 

そのために仕組みを設けるのです。

 

例えば、アシスタントに期限管理を任せ、常に急かしてもらうようにする。

もしくは毎週ある特定の時間に、今の問題を改善するアイデアを創出する時間を強制的に設ける等。

 

くそ忙しい最中に、敢えて今まで以上に本を読むという行動に出る事によってその解決策がどんどんと湧いてきたのです。

 

 

行動が最適の解

 

 

 

 

 

営業で成果が出ないと悩んでいる方は多いと思います。

 

しかし、それを解決するための行動に出ている人は少ないです。

 

そして無い頭で色々と考えて悩んでいる。

 

実は、そんな時間が一番無駄だったりします。

 

営業活動で忙しいから本を読む暇などないと思うかもしれませんが、そんな気持ちは無視して敢えて本を読むという行動に出る。

 

セミナーに参加してみるでも良いと思います。

 

その行動があなたにアイデアをもたらし、アイデアが出てくることによってそれを試したくなる衝動に駆られます。

 

あなたが今何かに悩んでいるのであれば、それを悩んでいても何も解決はしない。

 

それを解決するために、どのような行動に出るべきか。

 

一度立ち止まって考えてみても良いのではないでしょうか?

 

 

営業マネジメントの悩みはここで解決!

営業マネジメントに関する様々なヒントが毎日アップされています。

  • 予材管理ブログ

https://www.yozai.biz/blog/

 

また、無料ダウンロードできるノウハウもこのサイトにありますので、是非ご確認ください!

 

 

2018年07月28日コラム営業