【考える時は漏れなくダブりなく、伝える時は伝えるべき事だけ】

私は今、小説を読んでいます。

 

「え?私に小説は似合わない?」

 

そんな事は私が一番よく分かっています。

 

まぁ、似合う・似合わないは別として、なぜ書籍を読んでいるのかというとあることがきっけかになったのです。

 

そのきっかけとは、先日もご紹介した速読の動画です。

 

この動画の中で、知識を頭の中に定着化させていくために重要な事があると語られていました。

 

それが、「様々なジャンルの本を読む」という事です。

 

実は、ある特定のジャンルの本を読み続けるよりも他のジャンルの本を読み、その中で知識と知識が有機的につながるという作業を行った方が、見識が高まるという話がありました。

 

その話を聞いた時に、私は確かにそうだと感覚的に理解したのです。

 

なぜなら過去、資格試験の勉強をしていた時に全く違う科目だと思って勉強していた知識が、最後に有機的に結びつくという体験をしていたからです。

 

そして、そんな言葉に触発されて小説を読もうと思ったのです。

 

しかし、小説を読むなどいつ以来でしょうか?

 

これまで数々のビジネス本は読んできました。

 

営業本に始まり、マーケティング、心理学、古典的な書物(競争の戦略、企業参謀など)、ロジカルシンキングに、金融経済、財務、自己啓発など。

 

マニアックな所でいけば、与信管理や債権管理の本など。

 

これまでビジネス書の様々なジャンルに興味を持ちましたが、小説に至っては手に取った記憶すらありません。

 

おそらく小学校の読書感想文・・・以来か?

 

そんな事を考えながら小説を読んでみたのです。

 

小説を読み始めると思いもよらなかった気づきがさっそくありました。

 

これは小説家特有なのでしょうか?

 

非常に描写が細かい・・・

 

そのシーンを想像させるためなのか、描写が非常に細かく、その情景をありありと思い描くことができます。

 

このような文書を読んだ時に、すぐに想像がついたのが「メルマガの文章術の参考になる」という発想でした。

 

小説とビジネス本との大きな違いは、この伝え方のうまさ。

 

ビジネス本では様々なノウハウを掲載するため、多くの情報量を提供してもらった印象は残ります。

 

しかし、具体的に記憶に残る文章はほんの一部。

 

なかには読んだ記憶だけあり、中身は覚えていないという本もあります。

 

ただ、小説に関しては多くの部分が記憶に残っています。

 

様々なシーンを想像させ、ありとあらゆる印象を残していく・・・

 

そして、最後に伝えることはワンメッセージ。

 

この構成が味わい深く、脳に深く刻まれる作りになっているのです。

 

こんな事を考えていると、さっそく他の知識と有機的につながる体験をしました。

 

その知識とは「人生を豊かにするためには10%の専門知識と90%のコミュニケーション力」といったブライアントレーシーの言葉。

 

そして大富豪の仕事術にも似たような内容がありました。

 

ブライアントレーシーの言葉や大富豪の仕事術を読んだ時には、「まぁ、そうだよね」ぐらいにしか感じる事ができませんでしたが、今はその意味が良く分かります。

 

伝える力を鍛えなければならない。

 

小説を読んで改めてそう気づかされたのです。

 

 

提案書に盛り込むべきはワンメッセージ

 

 

 

 

 

 

高額な商材、特にB to Bの営業をしているのであれば提案書を書くというケースはよくあると思います。

 

提案書に何を盛り込むべきか。

 

世の中には様々な書籍があり、多くの場合ロジカルシンキングと絡み合ってくることが多いと思います。

 

顧客の課題を整理するにはMECE(漏れなくダブりなく)で考えなければならない。

 

しかし気をつけるべきはMECEで考えることは重要ですが、それを全て相手に伝えるかどうかは別の話。

 

漏れなくダブりなく考えたという思考プロセスを伝える事は重要かもしれませんが、全てを話すと何が言いたいのかよく分からなくなる。

 

あなたの提案は大丈夫ですか?

 

漏れなくダブりなく情報を伝える事よりも、相手に何を伝えたいのか・・・

 

そしてそれが伝わる構成になっているのか。

 

独りよがりの提案にならないためにも、伝え方の重要性を小説といった違った角度から学ぶのも良いかもしれません。

 

 

2018年08月18日コラム営業