【人のコントロールしたいという欲求をくすぶる提案を考えろ】

10月より新しい期に変わりました。

 

弊社は新しい期に入ると方針発表会というものがあり、全社員が本社である名古屋に集います。

 

今年の方針発表会は例年の流れと違い、冒頭から興味深い動画の視聴からスタートしました。

 

その動画の内容は、「強くて愛される会社研究所」(旧アタックス視察クラブ)で視察に訪れている優良企業の株式会社HEADS(ヘッズ)の紹介動画。

 

収益性もさることながら『社員が生き生きと働いている』企業として、多くの経営者がその経営手法を学びに行っています。

 

現在、株式会社HEADSは、わずか20名の採用枠に2000名もの応募が入る人気企業になっていますが、その過去は今とは全く違い、完全にブラック企業。

 

会社は成長していたものの、その労働環境はひどく、社員の退職率は相当高かったようです。

 

そしてある日、社員の大量退職と、右腕と信じていた社員が退職したことで社長が自分自身の経営のやり方に間違いがあったと気づきます。

 

そこから大きな変貌を遂げていく・・・

 

そんなエピソードが動画に収録されていました。

 

当社の社長は、「幸せ制作会社」という社是を設定し、徹底して社員の幸せを追求していきます。

 

社長からのバースデーカード。

 

社員への声掛け、飲み会。

 

全社員での朝礼の実施と社是の唱和。

 

そして社員による日替わりスピーチ。

 

そのスピーチをしている雰囲気は非常に和やかで、笑顔で周囲の社員が話を聞いています。

 

そして繰り返しのスピーチにより社員のプレゼン力も上がり、中には社長の心を打つようなスピーチをする者も現れてきています。

 

そして驚いたのは新社屋の職場環境。

 

社員の事を考え、広々とした睡眠スペースの設置。

 

アイデアの発散する企画のスタッフが非常にリラックスした状態が画面に映し出されていました。

 

そして女性スタッフのためのメイクルーム。

 

会社がメイク直しをするために、それ専用のスペースを設けていたりします。

(動画には、そのメイクルームはあまり使用されていないという笑い話も収録されていました)

 

そして社内には食堂があり、社員の健康を考えたメニュー。

 

ビュッフェスタイルで食事は提供されており、社員が笑顔で食事をチョイスしている姿。

 

そして食堂での和気あいあいとした風景が映し出されていました。

 

動画では、視察に訪れた方々がその風景を目の当たりにして感動を覚えて帰っていくのです。

 

そして最後、帰りのバスの中で一人一人が感想を発表。

 

多くの人がやり方は分からないが、あんな企業に我が社もしてみたいと口にしていたのです。

 

そして動画が終わり、この視察会の中心メンバーとなっている横山があるエピソードを話してくれました。

 

それはこの企業を視察して、ある企業の社長が感想を発表する際に、このような言葉を口にしたというのです。

 

「バースデーカードや社是の唱和、その他数多くの同じことを私の会社もやっていますよ!でも変わらないから困っているんだ!」

 

それを聞いて多くの人々が「なんか」違うと感じたそうです。

 

 

コントロール欲求

 

 

 

 

 

 

もしかしたら、その成果の違いというのは「あり方」に着目したのか、「やり方」に着目したのかの違いがあるのかもしれません。

 

「あり方」に着目するというのは、純粋に社員の事を考えること。

 

幸せな風景を想像し、本当に社員のために尽くす。

 

「やり方」に着目するというのは、どこか淀みを感じさせる。

 

もしかしたら、社員のことというより自分の事が優先。

 

自分自身が社員をコントロールしたいという欲求が見え隠れしていたのではないでしょうか?

 

人は、相手をコントロールしたい強い欲求があります。

 

これはある老人ホームで行った実験で、観葉植物を老人たちに配り、半分は職員が観葉植物の世話をし、残り半分は老人たち自身に観葉植物の世話をさせました。

 

そうすると、思わぬ事実が発覚したのです。

 

その事実とは、半年後、職員が観葉植物を世話した老人の30%が亡くなったのに対し、自分たちで観葉植物を世話した老人の亡くなった比率は半分の15%だったのです。

 

これは、自分でコントロールできることが身体にどのような影響を与えるかといった研究で、ここで立証されたのは「人はコントロールできると、より幸せで、健康で、活動的になる」という結果でした。

 

「選択の科学」という書籍でも、社長(リーダー)の方が社員より長生きするという結果に選択権がある事を理由にしています。

 

ここからも分かるように、人はコントロールできると幸せになり、コントロールできないとストレスを感じるのです。

 

コントロールできない事に痛みを感じるという事は、痛みを回避する損失回避性の論理からも、人はコントロールすることに対して強い欲求があると考えられます。

 

そしてこの欲求はあなたの提案にも活用することができる。

 

あなたのサービスは見込み客のどんなコントロール欲求を満たすことができるでしょうか?

 

『コントロール欲求』

 

こんな切り口で一度ベネフィットを考えてみるのも良いのではないでしょうか?

 

 

2018年10月07日コラム営業