【世の中は売り込むなと言い過ぎている。本音では顧客は売り込まれるのを待っている】

つい先日の宿泊先でのこと、、、

 

今週は、出張が多くほとんど家を空ける事になりました。

 

月曜日は広島、火曜日は大阪、そして水曜日から前泊で松山、そして最後の金曜日は東京です。

 

宿泊先では仕事をしていることが多いのですが、ある日、疲れがたまったこともあり、気を紛らわすためにある動画を見ることにしました。

 

パソコンを開き、ネットにつないでユーチューブにアクセス。

 

そして検索したキーワードは「小籔」。

 

私が選択した動画は「小籔千豊」のすべらない話。

 

小籔の漫談は非常におもしろく、よくよく観察すると非常に秀逸です。

 

必ず最初は少し落ち着いた感じでスタートし、そしてあるタイミングで笑いに転換、そして追い打ちをかけるように笑いを何度も被せる。

 

今回、視聴したのは「バイト先のおばちゃん」。

 

静かに話がスタートし、徐々に何かが起きそうな雰囲気が出てくる・・・

 

そして最後の強烈なオチ。

 

そして通常なら一度のオチで大笑いして終了となるはずが、そこに何度も笑いを被せ、更なる笑いを引き起こす。

 

私も話し手として勉強になる部分が多く、よく社内の合宿研修で行われている「すべらない話」では、この小籔をモデリングして話すように心掛けていたりもします。

 

昔はテレビ、そして今はユーチューブというものが良く見られていますが、これはどちらも受動的な媒体。

 

一般的には受動的な媒体に慣れ過ぎると考える事をしなくなり、あまりよくないと言われています。

 

しかし、ついつい見てしまう・・・

 

そして気づけば1時間以上経過し、おっとマズイと思う事も度々あります。

 

書籍を読むことも好きですが、好きであったとしても多少の疲れは感じます。

 

それは情報を受動的に取っているのではなく、能動的に取っているから。

 

興味関心があれば食い入るように読んでいますが、それでも読み終わった後は多少の疲れは感じるものです。

 

それに比べ受動的な情報収集については長時間でもそれほどの苦でもなく、ついついその時間が長引いてしまう事があるのです。

 

 

受け身は恐ろしく楽

 

 

 

 

 

 

情報を収集するというだけでなく、何か意思決定を行う時も能動的よりも受動的な方が楽な時があります。

 

人は判断が困難な時に、考える事を放棄して無意識の内に現状維持を選択してしまうという習性があります。

 

どんなにブラック企業に勤めていても、何となく転職を諦めてしまう(先延ばしにしてしまう)のはこのためです。

 

今の会社に居続けるか、それとも別の会社に転職するか・・・

 

その選択肢は複雑な要素が絡み合っているため、不確実性が高く、判断が難しい・・・

 

そして他の会社に転職しても、そんなに変わりがないかと思い、最後は留まってしまう。

 

判断が難しければ難しいほど、考えたくなくなるのです。

 

現在、世の中に出回っている商品はどれもこれも複雑です。

 

例えば携帯電話。

 

私が最初に手にした20年前の携帯電話は、ただ話ができるだけでした。

 

それが今となってはネットにつながり、SNSでコミュニケーションができ、様々なアプリが登場する。

 

そしてそのアプリを使用するためにデータ容量という概念が入ってくる。

 

また、そのデータ容量を家族で分け合える等、様々な機能が付加されていきます。

 

そして様々なサービスが付加されていくことにより料金体系も複雑化され、何がお得なのかよく分からなくなる。

 

そして人は必然と複雑な選択を迫られるようになっていきます。

 

これは携帯電話だけでなく他の商品にも言えることで、技術が進化すればするほどサービスも多様になり、そして複雑化していくのです。

 

機能やサービスが複雑化されていく中、能動的に判断することは非常に難しくなり、それにストレスを感じるようになります。

 

そんな最中、あなたに合った商品はこれですよ、と明確な理由を持って提案してくれる営業がいればどうでしょうか?

 

年を追うごとに世の中は複雑化していきます。

 

============

人は考える事が本来は嫌い

============

 

という心理を考えると、売り込むことが求められるという理由も何となく理解できたのではないでしょうか?

 

 

2018年10月27日コラム営業