【「そのうち」というのは、まず訪れない】

先週末のこと、、、

 

個人的に少し興味のあるセミナーがあり、ある講座に参加してきました。

 

普段は講師側にいることが多く、受講生側になると何となく新鮮味があります。

 

そして講義直前の妙な緊張感。

 

講師側との緊張感とは全く違い、「何が始まる?」というドキドキ感がたまりません。

 

そして講義がスタート。

 

座学よりも与えられたお題を元にディスカッションをするケースが多く、まったく飽きさせない感じです。

 

講師もビジネスの知識に相当長けている感があり、ディスカッション後の講師の解説も非常にタメになり充実した時間を過ごしました。

 

しかし、ふと受講者の顔ぶれをみると・・・「若い・・・」

 

ほとんどの方が30代といった感じでしょうか?

 

やる気に満ち溢れたフレッシュ感に、厄年の私が混じると若干引け目を感じる。

 

そんな気分に陥りました。

 

そして講座が終わり、本講座の案内へ。

 

本講座の内容を見ると全6回の講座で、教材を見るとなかなか興味深い。

 

そして講座の間と間に、かなりハードな宿題を課せられるとか・・・

 

どうせ学ぶならハードな方が身に付く。

 

「なかなか面白そうじゃないか」

 

そう思ったのですが、しかし・・・

 

「この前トップセールス勉強会を東名阪で始めたし・・・」

 

「そういえば社内講座の勉強もしないとなぁ~・・・」

 

「相変わらず仕事は落ち着きそうにないし・・・」

 

「う~ん。まぁまた今度でええかな?」

 

「四半期に1回やっているっていうし、次回の開催月は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

そんな先延ばし症候群に陥りそうになった瞬間、ある言葉が脳裏を過りました。

 

『成功者と凡人の分かれ目は「行動するか」「しないか」の差だけ』

 

これはあるビジネスの権威の名言です。

 

そしてもう一つの名言も。

 

『知識は投資した分しか身につかない』

 

これは情報フリーの時代にうってつけの言葉です。

 

ちょうど今の自分自身の状態に納得いっていない。

 

それは自分自身が行動を変えてこなかった結果だろう・・・

 

ちょっとここで改めてムチ入れるか・・・・

 

そんな衝動に駆られた週末。

 

自分自身の何かを変えたいと思います。

 

 

「そのうち」の先には地獄しかない

 

 

 

 

 

 

「そのうち」という思考は多くの場合、何も良いことは起きません。

 

「そのうち」起業する。

 

「そのうち」ダイエットする。

 

「そのうち」売上が上がる。

 

「そのうち」やりたい仕事が見つかる。

 

この言葉を並べてみただけでも何1つ、うまくいきそうにありません。

 

営業マン時代も「そのうち」と考えて営業をしていた時は、ロクなことが起きませんでした。

 

こんなに電話しているのだから「そのうち」取れるはず・・・

 

まさに「神頼み営業」。

 

「そのうち」というのは、まず訪れない。

 

そして「そのうち」を「今」という言葉に変えた瞬間に、あなたの人生に変化が訪れる。

 

「そのうち」ではなく「今」何をするか。

 

この2つの言葉が『成功と失敗を表現した言葉そのもの』といっても過言ではないと思っています。

 

 

2019年03月02日コラム営業