【先延ばしにしていたことを成し遂げるとパワーが漲る】

「なんだか体が熱い・・・」

 

先日夜中に、自分の体が熱く目を覚ましました。

 

何かおかしいと思い、リビングに向かい、救急箱に入れてあった体温計を手に取り、熱を測ってみました。

 

数分後、ピピッと鳴り、体温計を覗いてみると・・・

 

「38.7度」

 

久々に熱を出してしまったようです。

 

また、症状も各所に発症しており、頭痛、寒気、鼻水、のどの痛み、咳、痰など、差し詰め風邪のロイヤルストレートフラッシュというところでしょうか?

 

全ての症状を制覇していたようです。

 

ひとまず、夜中という事もあり、再度、寝室に向かい睡眠。

 

そして朝になって改めて体温を測りました。

 

「38.1度・・・多少回復したか・・・」

 

しかし、久々に動けないという感覚があり、急遽、会社を休むことに・・・。

 

ただ、ずっと動けない状態でいられる訳でもなく、最短で病気を回復させるシュミレーションを行い実践に移しました。

 

まず、向かった先は耳鼻科。

 

通常、普通の病院に行きますが、あえて私はかかりつけの耳鼻科に行きました。

 

ここの病院は、過去に声が出なくなり且つ翌日に研修や講演があった際に無茶ブリをして何とかしてくれた病院です。

 

「先生、明日私は仕事でどうしても喋らなくてはいけないので、1日で何とかしてください」

 

戸惑いながらも、その耳鼻科の先生は点滴の用意をしてくれました。

 

そして、その点滴を受けると翌日には声が出るように。

 

この経験が癖となり、声が出なくなると必ずこの病院に向かいます。

 

一部の病院では、急いで直したいので点滴をしてくれと言っても拒んでくる病院もあります。

 

安全性を気にしているのか、患者に指示されたくないのか。

 

しかし、本当のニーズを満たしてくれないような病院には行く気になれません。

 

反面、この病院は私のニーズを親身に捉えてくれて対応してくれるのです。

 

そこで点滴を打っている間に、ふとしたことが脳裏を過りました。

 

「もしかしてインフルエンザじゃないよな?」

 

そこで点滴中に、再度先生を呼び、急遽インフルエンザの検査を実施。

 

インフルエンザになって1週間仕事ができないとなると、様々な面倒な事や各方面に迷惑が掛かります。

 

まさかとは思うが、何とか頼む・・・

 

そう心の中で願っていると5分程度で結果が出てきました。

 

「インフルエンザにはなっていません」

 

その回答を聞いた時に、ある意味「勝った」と思いました。

 

インフルエンザではなく単なる風邪か?

 

それなら1日で直す自信がある。

 

過去、39度の熱を発症し、12時間で完治させた経験から、その力が漲ってきました。

 

そして病院から帰った後、たいして腹は空いていなかったものの昼飯を食べ、薬を飲む。

 

そして、その後は厚着になり、ベッドでひたすら寝る。

 

そして汗をかき、着替える。

 

夜は食事をとり、そして熱い風呂に入る。

 

このルーティンを繰り返し、熱を測るとほぼ平熱。

 

今日中に直すと考えていたことが、その通りとなり変な自信が湧いてきました。

 

私は熱であれば12時間で完治させることができる。

 

そして家族に、風邪は気合と根性で直すものだ!と豪語したところ、

 

「風邪をひかないように気合と根性で何とかしてください」

 

と妻に言われました。

 

全くその通りです・・・

 

 

成し遂げると自信が漲る

 

 

 

 

 

 

よく緊急マトリックスで仕事に優先順位付けを行うという話はよくご存じかと思います。

 

そして緊急ではなく重要な仕事を優先的に片づけなければならないという事も良く知っている内容だと思います。

 

しかし、緊急の課題というのは重要であろうとなかろうと、必ず問題を引き起こす元となります。

 

そのため放置することはできない。

 

そしてその問題を解決するために、よく実践することは効率的に仕事を行うか、誰かに任せるという方法。

 

しかし、これだけでは解決には至りません。

 

また、次に緊急性の高い仕事を優先して仕事を行うだけです。

 

本当に自分がやりたいと思っているが、いつまでも後回しにしている仕事・・・

 

実はこれに本当の価値があり、この仕事を成し遂げることこそがあなたの仕事を充実させる源泉となるのです。

 

これは忙しいからできないのではなく、その課題に取り組むのに不安を感じているからかもしれない。

 

意識ではそう思っていなくても、それを取り組むことによって生活が変わってしまうことを潜在的に感じているからかもしれない。

 

変化とは、たとえ好ましいものであったとしても恐れを抱かせるものです。

 

しかし、この変化に着手した時に自分の未来への手応えを感じ、そしてそれが自信へとつながっていく。

 

そんな体験をしてみることに損はないと思います。

 

 

2019年03月24日コラム