【コミュニケーションは投資と同じ。リスクを取れば多くのリターンが返ってくる】

「また、ブラックネタ使ったんですか?」

 

ある日、部下にこんなことを言われました。

 

何の話かというと、弊社では毎週、予材管理ブログというものをアップしており、その記事を担当制で各コンサルが書いているのです。

 

だいたいひと月に1回程度、その担当が回ってくるのですが、来週アップされるブログの担当が私だったのです。

 

※ちなみに予材管理ブログはこちら

https://www.yozai.biz/blog/

 

私はこういったブログを書くときによく前職の話を交えて話をします。

 

私の前職は『超』がつくほどのブラック企業。

 

2chのブラック企業偏差値で当時は『東大レベル』の偏差値をたたきだし、そして今では殿堂入りを果たしている企業です。

 

このブラックネタというのは非常に便利で、こういったブログを書く時についつい使ってしまいます。

 

ブラックネタがなぜ便利かというと、まず「ブラック」という言葉がパワーワードだからです。

 

人が思わず興味関心を引いてしまうキーワードのことをパワーワードと言いますが、「倒産」「不正」「バブル」「借金」「突然死」などはその部類に入ります。

※週刊誌の表紙を見ていただくと多用されているキーワードです。

 

このパワーワードを使うと読まれる可能性が高くなるという理由で、ついつい使ってしまうのです。

 

ちなみに前回、私が書いた予材管理ブログが「ブラックネタ」。

【ブラック企業流 営業育成が上手くいかない唯一の理由】

https://www.yozai.biz/blog/20190617/

 

このブログも最初書き出しの時はブラックネタを書くつもりはなかったのですが、たたき台を作っていくと、だんだんブラック寄りに・・・

 

筆が進むのでまぁいいかと思い、このネタを書いてしまったのです。

 

ブラックネタは人に興味を抱かせるという効果ともう一つの効果があります。

 

それが私と読者との距離を縮める役割を果たしてくれます。

 

私のブラックネタは悲惨なものばかり。

 

私のブラックネタを聞くと半ば引く人もいます。

 

弊社のスタッフの中でも結構引かれます。

※大爆笑するのは桑原や山本なつみなどブラック出身者です。

 

この悲惨な目にあったという経験は、ある意味私の過去の苦労話をさらけ出していることになります。

 

昔、大変だった想いを語っている訳ですので、相当な自己開示です。

 

この自己開示が、私の人となりをさらけ出す結果になり、この本音を語る姿が読者との距離を縮めている・・・

 

そんな効果がこのブラックネタにはあるのです。

 

 

表面的な事を話している限り関係性は深まらない

 

 

 

 

 

 

お客様と表面的な付き合いしかできていない・・・

 

そう悩む営業担当者も、ここ最近ではいるかもしれません。

 

特に新人はそうなっているかもしれません。

 

そんな時に何をすれば良いのか。

 

それは、コミュニケーションは投資と同じという原理原則を掴んでおくことです。

 

コミュニケーションも投資も、取ったリスクに対してリターンの大きさが変わります。

 

大きく儲けたいのであれば、大きなリスクを負う必要があります。

 

コミュニケーションもリスクを負えば負うほどリターンが返ってきます。

 

簡単に説明すると、あなたの弱みや過去の苦労した経験を話せば、相手も心を開いてくれます。

 

あなたが表面的なコミュニケーションに終始すれば、相手が心を開いてくれるリターンも少ないという事を意味しているのです。

 

あなたのお客様は、あなたの弱みをどれぐらい知っていますか?

 

もし、この記事を読んで私は表面的な話しかできていないと思うのであれば、少しだけあなたの弱みを見せてみてはいかがでしょうか。

 

その投資が大きくなればなるほどリターンも大きくなってくる・・・

 

そう思うと何となく実践してみたい気になったのではないでしょうか。

 

 

追伸:ちなみに次回のオフィシャルサイトのネタは24日にアップされます。

次回はブラックネタになるのか?気になる方は是非予材管理ブログをお気に入り登録しておいてください。

https://www.yozai.biz/blog/

 

 

2019年07月20日コラム営業