【早起きは本気で三文、得をする】

先日、横山とある話をしていました。

 

その話は、現在、世間を賑わせている新型コロナウィルス。

 

新聞やテレビでは、ここ最近ひっきりなしに注意喚起されている話題です。

 

弊社でもセミナー会場にマスクを設置するなど、新型コロナウィルスの感染を予防するための対策が取られています。

 

そして弊社だけでなく、様々な企業で新型コロナウィルス対策のために在宅勤務やマスクの絶対着用などを義務付けている会社もあります。

 

しかし、この新型コロナウィルス・・・・

 

先日調べたところ、そんなに危険なのかと思えるようなデータがありました。

 

そのデータとは、新型コロナウィルスによる致死率。

 

中国全土で致死率は約2%程度といわれていますが、最も発症している武漢市が6%程度。

 

この武漢市がある湖北省を除くと、実はその致死率は0.22%といわれています。

 

しかも武漢市の致死率の高さは、新型コロナウィルスによる混乱で医療機関が機能していないことが原因の一部ともなっているようです。

 

もしかして、冷静な対応を取って、亡くなる可能性の高い高齢者の方を優先的に治療すればそんなに高くならなかったのではないか・・・

 

そんなことまで想像させます。

 

そしてここで目を引くのが、この新型コロナウィルスの影響で今年のインフルエンザの患者が激減したこと。

 

その数は昨年の3分の1程度であり、ここ10年で最も少ない患者数になっているようなのです。

 

この数字の裏で起こっている事とは非常に単純なことで、新型コロナウィルスの影響でみんなが「うがい」「消毒」「マスクの着用」を徹底しているからなのです。

 

こう考えると、普段のインフルエンザ患者数が多いのはどうしようもない事象ではなく、案外、人の怠慢によって生まれているのではないかとも考えることができます。

 

今回は国単位でウィルスに対する注意喚起がなされ、これまでにない(ウィルス)ということが不安を煽り、感染予防に躍起になっている。

 

しかしそれぐらい徹底すれば、いつものインフルエンザは発症しないのです。

 

医療費が膨大に膨れ上がっている日本。

 

ちょっとした自分自身のコントロールで、いかようにでも抑制することができるのではないか・・・

 

そのためには国や報道機関が結託して過剰なほど情報発信することが効果的か?

 

ふと、そんなことを考えてしまいました。

 

 

自分をコントロールするトレーニング

 

 

 

 

 

営業というのは自分自身をコントロールできるか否かで大きく業績が変わります。

 

ついつい明日に伸ばしてしまう電話も今日中に打っておく。

 

必要になればお客さんから声が掛かるだろうという思いを払しょくし、先んじて連絡をする。

 

こういった自分自身の心理をコントロールした蓄積が業績へとつながっていきます。

 

そして、なかなか自分自身をコントロールできないという方のトレーニング方法として最も効果的なのが早起き。

 

睡眠欲というのは人間の3大欲求のうちの1つとも言われており、非常に強い力が働きます。

 

しかし、その強い力に打ち勝つ強さを持てば、大概のことはコントロールできる。

 

ある意味、早起きがあなたの人生を変えるといっても過言ではないかもしれません。

 

段々、こんなことを言っているとお爺さんになったような気分になりますが・・・

 

もし、「早起きすればトップセールスになれる」と言ったらどうですか?

 

最近はトップセールスを目指す人も少なくなってきたので、言い方を変えてみて

 

「早起きすれば大抵の夢が実現する」

 

といったらどうでしょうか?

 

あながちこの理論も間違いではないと思っています。

 

 

追伸:先程、あるトップセールスと新型コロナウィルスについて話していると、、、

 

「病気は気合で治る。成人男性はウィルスごときでグダグダ言ってないで気合入れて仕事しろ!」

 

と激怒されていました。

 

さすがです!

 

 

2020年02月23日コラム営業