【後悔する時間は究極のムダ】

先週より名古屋も在宅ワークが本格化してきました。

 

アンチコロナの私も少し在宅ワークをスタート。

 

今週も大半が在宅ワークになりそうです。

 

当初、コロナの影響がこんなに長期化するとは思っていませんでした。

 

私の予想ではインフルエンザが収まる3月末ぐらいにはコロナも終息するであろうと思っていました。

 

しかし、予想に反し、GWまで外出自粛。

 

おそらく今の流れだとGW明けも同様の体制が続くだろうと思います。

 

いったいいつになったら終息するのか?

 

以前はこんなことを考えていましたが、もうあまり期待しない方が良いような気がしてきました。

 

それならば・・・

 

『1年コロナショックが続くとしたらいったい何ができるだろうか』

 

そう考えた方が生産的な気がしてきたのです。

 

そこで先日、RTS勉強会の主要メンバーと勉強会についてのミーティングを実施。

 

これまで毎月続けてきた勉強会を4月は中止にし、5月はオンラインでの実施を試みることにしたのです。

 

主要メンバーも今、仕事はオンラインが中心、ZOOMやTEAMSなどを使って会議やサービス提供、飲み会などもやっているようです。

 

そして近況の情報交換をした後、本題のRTS勉強会のオンライン化をどうするのかを議論。

 

いつものようなテーマにするのか、それとも少し違った切り口でいくのか・・・

 

そして議論を重ねるとワクワクするようなアイデアが出てきました。

 

さすがはトップセールス・・・アイデアの宝庫です。

 

そして議論を重ねた結果、次回はこんなテーマで勉強会を実施することに決定!

 

そのテーマは、、、

 

「コロナ後に勝ち残れる営業とは?」。

 

おそらくコロナ終息後、以前のような働き方に戻るか?というとそれはないと考えています。

 

ここまでテレワーク、在宅ワークが促進された中で、また全員が、毎日、会社に出勤して仕事をするのか、というとそれはないと予想しています。

 

それぐらい働き方や環境が変わっていく中で、トップセールスは何を捉え、何を考えているのか・・・

 

いわゆるトップセールスの脳を解明しよう!というのが今回のテーマです。

 

そしてオブザーバーにも参加してもらい、質問したい内容をチャットにアップ。

 

これまでオブザーバー(トップセールスを目指すメンバー)の方々は勉強会の議論が終わった後に質問タイムを設けていましたが、今回はオンラインの特性を活かした方法に変更。

 

チャット機能を使って、トップセールスが議論している最中にどんどん質問をアップしていく形式にしようと考えたのです。

 

チャット機能とは便利なもので、普段質問しにくい状況でもチャット機能があると質問しやすい。

 

そんなオンラインの特性を活かして質問を大量に集めて、その中からおもしろそうな質問をピックアップして、トップセールスにぶつける。

 

そして、更にトップセールスが何を考えているのかを明らかにする。

 

質問をぶつけ続けることで共通点が見えてきて、そして何かしらのヒントになる・・・

 

そんな会になるのではないかとワクワクしてきたのです。

 

 

コロナで身動きできない?だったら・・・

 

 

 

 

 

コロナの影響下で何も身動きができない。

 

待つしかないか・・・。

 

そんなことを考えていたら、コロナ終息後にあなたは大きな後悔をするかもしれません。

 

コロナという事態に、もう既に先を予想して動き出しているトップセールスは何人もいます。

 

そして大きな変化、大きな可能性に気づかず、何もしていなければコロナ終息後には浦島太郎状態。

 

誰もあなたを相手にしてくれないかもしれません。

 

そんな後悔がないように、今、いったい何をすべきなのか・・・

 

在宅ワークで集中できる時間が増えたからこそ、こんな未来の行く末を想像してみる。

 

そんな時間を取ってみても良いと思います。

 

今だからできること、それはいったい何なのか・・・

 

是非、あなたも考えてみてください。

 

 

追伸:次回のRTS勉強会はオンラインで実施します。

 

これまで遠方だったから参加できなかったという方、トップセールスの思考回路が気になる方、以前参加していたが参加が遠のいているトップセールス。

 

是非この機会に参加してみていただきたいと思います。

 

お申し込みは以下URLから。

  • RTS勉強会

http://realtopsales.jp/rtsstudy/

 

 

2020年04月19日コラム