【何かネタはないかと新聞を読むと、営業の結果に差が出る】

「コロナが我々に残したものは何だったのだろうか・・・」

 

5月21日に関西の緊急事態宣言が解除され、残すは関東、北海道のみ。

 

おそらく、休み明けの25日には関東、北海道も解除されるのではないかという雰囲気になってきました。

 

コロナウィルスという言葉が出てきて数か月。

 

これまでにない環境変化に、多くの人々の生活様式が変わっていきました。

 

まずはリモートワークの普及。

 

在宅勤務を余儀なくされる中、コミュニケーションツールとしてWEB会議システムがおおいに役立ちました。

 

昔は「ZOOM飲み会などあり得るか!」と言っていたのが、オンラインがあたり前。

 

商談もミーティングも全てオンラインです。

 

最初は、オンラインは疲れると思っていたものの、こうあたり前のように毎日使用していると段々慣れてくるもの。

 

今となっては「リアルでやる意味があるか?」までを考えるようになりました。

 

そして営業活動は、圧倒的に便利に。

 

これまでは遠方の顧客には足を運ばないといけないという思いから、コミュニケーションが遠ざかっていたこともありました。

 

しかし、今はこの発想が全くなくなり、「オンラインで十分に商談できるよね」という発想。

 

それどころか、これまでなぜこんな簡単なものに気づかなかったのだろうかと思っているぐらい。

 

そこまで発想が変化してきました。

 

そして営業活動だけでなく、様々な業界で経営のあり方を考えさせられるきっかけになりました。

 

病院はオンライン診療への取組み、飲食店は宅配ビジネス、航空会社や鉄道会社などは今後どのようなビジネスに展開するのか?

 

会議室を提供している企業も今後どのように変容するのかが見ものです。

 

そして株主優先のROE偏重型ビジネスは有事に弱い。

 

また、ビジネスだけでなく人間の心理といった切り口からの学びも。

 

コロナの影響で自粛警察やマスク警察などが多発。

 

人間の精神的不安定さから生まれる凶暴性など、過去に例のないウィルスが発生することにより世の中がどのような反応を起こすのか、というのがよく理解できました。

 

そして悪いことばかりではなく、良いことも。

 

私の中で最も良かったことは、このコロナの影響でこれまで少し苦手意識のあったデジタルツールに強く焦点が合ったことです。

 

そして、このデジタルツールが世界を変容させる非常に重要な要素になるという理解が、これまでと比較にならないぐらい深くなったという事が一番の資産だったように思えます。

 

 

情報収集力を高める方法

 

 

 

 

 

一度、焦点が合うと情報収集というのは極めて楽になります。

 

脳の3大原則である「焦点化の原則」が働き、無意識の中で情報を検索しようとします。

 

情報収集力を高める方法として、この焦点化の原則をうまく活用すると情報の吸収率が上がってきます。

 

新聞も何となく読むのではなく、「今日は雑談のネタを探す」「ターゲット先のリストアップの情報を探す」など目的を決めること。

 

そうすることで、情報の見え方が変わり、その吸収率も劇的に上がってきます。

 

あなたは数多にある情報ツールをどのように活用していますか?

 

いつも目的を持つことが必要という訳ではありませんが、少し自分自身の情報感度が弱いと感じるのであれば実践してみることをお勧めします。

 

現在は、この情報感度の高さがビジネスを左右させるといっても過言ではない・・・

 

そんな時代に既になっているのですから。

 

 

2020年05月24日コラム営業