【売上を伸ばしたいなら髪を切れ】

「リニア27年開業 延期へ」

 

こんな新聞の見出しが目に入ってきました。

 

中身を読んでいくと、現在、工事の再開を巡りJR東海の社長と静岡県知事がせめぎ合いしている様子。

 

そのせめぎ合いの内容は、トンネル工事を行うことで大井川の流量が減少しかねないと静岡県知事が訴えかけている。

 

そしてその懸念が解消しないため工事が始められず、2027年の品川-名古屋間のリニアの開業が間に合わないことが確定したようです。

 

しかし、この記事を見てふと・・・

 

「リニアって本当にいる?」

 

そんなことを思ってしまったのです。

 

私は職業柄、よく出張しています。

 

中でも名古屋-東京間は頻繁に使用しており、「リニアができると便利だろうな~」とずっと想像していました。

 

しかし、コロナの影響により東京出張がなくなり、オンラインが一気に定着化しました。

 

今では研修や商談は、ほぼオンライン。

 

新幹線を使うことも以前と比べると激減しており、以前のような状態に戻ることはほとんどないように思えます。

 

そしてJR東海道新幹線の顧客の7割は、私のようなビジネス客。

 

オンラインの普及でこのビジネス客が激減すると予想される中、リニアの必要性って本当にあるのかという疑念が先に立ちます。

 

逆にリニア作ってJR東海は大丈夫?とまで心配しています。

 

もしかして別の狙いがあるのではないかと思い、JR東海のホームページを覗くとリニアを作る意義というものが掲載されていました。

 

「おっ!これは何かありそう」

 

そしてそのページをスクロールして読んでみると・・・

_________________________________

  • 三大都市圏を短時間で直結する意義

 

超電導リニア方式を採択した場合・・・(中略)・・・三大都市圏それぞれが地域の活性化方策を適切に進めることとあいまって、我が国の国土構造を変革するとともに、国際競争力を大きく向上させる好機をもたらすものと期待される。

また、移動時間の大幅な短縮により、交流の機会及びライフスタイルの転換の可能性が拡大することも期待される。

_________________________________

※出展:JR東海ホームページ

 

「三大都市圏の地域活性化・・・国際競争力を大きく向上・・・」

 

今の流れから地方に分散では?

 

「交流の機会及びライフスタイルの転換・・・」

 

もう既に全然違う方に転換していますけど・・・

 

このままで本当に良いのか・・・という疑問が解消されないままになっています。

 

 

「そもそも」を疑え

 

 

 

 

 

今回のリニア事件は、「2027年or延期」というよりも「そもそも必要?」の議論をしなくて良いのかと感じます。

 

営業も売上を上げるため、目標を達成させるために色々な施策が考えられる事があります。

 

営業担当者のスキルアップ、SFAの導入、マネジャーの配置転換、モチベーションアップ・・・

 

色々な施策があるかもしれませんが、そもそもの部分を改めて見てみましょう。

 

そもそもだらしなくないか?

 

お前の髪、長すぎるだろ。

 

見た目不快。

 

様々な高尚な施策を考えるよりも、「そもそも」を振り返ってみると、極めて簡単に問題が解消するかもしれません。

 

今、微笑みを浮かべたあなた・・・

 

あなたなら分かるはず・・・

 

明日「そもそも教」を立ち上げることが、全ての施策においてまずは優先させるべきことだということを・・・

 

 

2020年06月27日コラム営業