【打たれ強さこそ、成功の決め手】

「トヨタ、最終黒字確保」

 

昨日、新聞を見ているとこんな記事が目に入ってきました。

 

現在、コロナの影響で様々な企業が大きな痛手を食っています。

 

自動車産業も同様に、各大手企業が軒並み赤字を計上させています。

 

日産は、2020年4-6月期で2855億円の赤字。

 

そしてVW、ダイムラーも1000億円超の赤字となっているようです。

 

しかし、そんな中でトヨタのみがこのコロナの環境下でも黒字をキープ。

 

2020年4-6月期で1588億円もの黒字を出しているのです。

 

このような業績をたたき出した背景にはリーマンショックの経験と、そこから絶え間ない原価低減を繰り返してきたことにあったようです。

 

記事によると新型コロナの事態すら体質強化の機会と捉え、稼働休止で生まれた時間を製造工程の見直しに使っていたとのこと。

 

この企業文化はしっかりと数字にも表れており、リーマンショックが起こった2008年の翌年である2009年4-6月期の売上総利益率を見ると4.3%に対して2020年の4-6月期は8.4%。

※上記売上総利益率は金融事業を差し引いた数値。

 

リーマンショック後の4-6月期は前年と比較して40%の売上ダウンで営業赤字だったものが、今回はリーマンショック以上の前年同期比43%の売上ダウンにも関わらず、営業黒字を計上できているのです。

 

稼働ができない=静観するしかない

 

ではなく、

 

稼働できない=体質強化のチャンス

 

このコロナ禍でもチャンスと捉える企業文化こそが、他の企業と大きな差を生み出している源泉になっていることは間違いないと思います。

 

同じ業界、同じ商品を作っていたとしても1つの事象をどう捉えるかという習慣が収益性に色濃く出ていると感じた瞬間です。

 

それでは企業のことはさておき、あなたはこのコロナの環境下でどうだったでしょうか?

 

コロナ=チャンス

 

と考え、半分笑みを浮かべながら営業活動できていたでしょうか?

 

その答えを知っているのはあなただけだと思いますが、同じ事象をどう捉えるか・・・

 

たったそのわずかな差が左団扇で人生を過ごすか、哀愁漂うオッサンになるかの差だと私は思っています。

 

 

逆境は人や組織の資質を明らかにする

 

 

 

 

 

逆境に直面した時にあなたは何を考え、どう動くのか?

 

「環境が人を作るのではない。環境はただ、人間の本性をあらわにするだけ」

 

こう語ったのは、ギリシャの哲学者エピクテトスです。

 

逆境に直面した時に、あなたの本性とは何なのか?

 

できれば、トヨタのようにチャンスと捉える人間になっていたいものです。

 

しかし、それもそんなに難しいことではありません。

 

我々は既に新型コロナの第一波を経験しています。

 

その経験は、どのような事態が今後起こるかを予測させることができます。

 

何が起こるか分かっているのであれば、その予測に従って動くのみ。

 

今、現在は第二波の雰囲気が世間に漂っていますが、冷静に考えチャンスを伺いましょう。

 

そう考えるだけで、アイデアが溢れてくることは間違いないのですから。

 

 

 

追伸:もういい加減オンライン営業に切り替えないとまずい!

そう考えたあなたには、うってつけの動画教材です。

  • 横山信弘の組織営業力アップ講座 vol.8~オンライン営業&インサイドセールス編~

https://attax-sales.shop-pro.jp/?pid=152441271

※8月28日(金)まで10%off

 

夏休みのスキルアップ教材に最適です。

 

 

2020年08月08日コラム営業