【成功の鍵はごく単純。ルールに従うこと】

1か月に1度のRTS勉強会。

 

今回は急遽日程変更をしたという事もあり少人数からスタートしました。

 

最初は緩く、最近のトピックスネタからの雑談。

 

ワ―ケーションでの営業方法などを実践者の話を元に、これからの営業のあり方を語りあっていました。

 

そして今回はトップセールスを目指す新卒1年目の営業パーソンが参加していたため、何となく事前に用意された題材よりも悩み相談に話が進んでいきました。

 

その悩みに答えるトップセールスの発言を聞いていると、おもしろいぐらいに見える共通項があります。

 

まずはこの有名な名言、、、

 

「セールスお断りの札があれば飛び込むべし!」

 

これは多くのセールスが聞いたことがある話でしょう。

 

セールスお断りの札がある=大多数のセールスが避ける=セールス免疫力が低い=開拓しやすい。

 

このロジックはBtoⅭの飛び込み営業をやったことがある人なら必ず知っている鉄板ネタです。

 

そしてその他にも

 

「トップセールスは他人の捨てたリストを狙う」

※これは上記発想と全く同じ

 

「がむしゃらに頑張るよりも売れるリストを探す」

 

「マーケティングを学ぶとセールスが強くなる」

など。

 

しかし、最後のマーケティングの知識がセールスに役に立つというのは、そこまで語られていないかもしれませんが上記3つはどこかで聞いたネタ。

 

そう、巷に溢れ返っているネタなのです。

 

このようにうまくいくためのネタはそこら中に転がっているのに、なぜうまくいかないのでしょうか?

 

そこに成功者といつもうまくいかない人との差が眠っているのです。

 

 

規律ある習慣こそ成功する唯一の方法

 

 

 

 

 

どうすれば成功するのか?

 

それは世の中に山ほど転がっています。

 

「早起きする」

「重要かつ緊急度が低い課題を優先する」

「健康に気を遣う」

「ポジティブに考える」

「感情に左右されない」

「学び続ける」

 

営業なら

 

「愚直に手数を出し続ける」

「ターゲットが間違ってないか考える」

「フォローを欠かさない」

「決済者と会う」

 

など。

 

実は巷でも良く語られているような原理原則を規律とし、それを愚直に守る・・・

 

実はただこれだけのことなのです。

 

規律ある習慣をいかに守れるか・・・

 

業績の調子が悪くなったらこれに頼るのが一番です。

 

 

追伸:あるメディアのトップセールスに貴重なお話をお伺いできました。

 

それはコロナの影響で掃除が趣味になったと言うとモテるらしいです。

 

これは効果検証済みのノウハウなので、独身者は是非お試しください。

 

 

2020年10月10日コラム営業