【収入は才能ではなく売る力で決まる】

「ピンポーン!」

 

「お!もしかして・・・」

 

家のチャイムが鳴り、急いで玄関口のモニターを除くと・・・

 

「来た!」

 

ヤクルトおばちゃんが3回目の接触を図ってきたのです。

 

なかなか運の良いおばちゃんです。

 

うちの嫁の目をかいくぐり、私との3回目の接触に成功。

 

これは楽しみと思いながら玄関のドアを開けたのです。

 

「ガチャ!あっどうも!」

 

私ももう完全に顔見知りのような対応。

 

そして第一声を心待ちにしていました。

 

ヤ「大変ですね、在宅勤務も」

 

水「まぁ、そうでもないですよ」

 

ヤ「以前、お渡ししたチラシ見ていただきました?」

 

水「いえ、見ていませんね」

 

ヤ「お得な情報が入っていたこんなチラシです」

 

水「ああ、それですか、見ましたよ!」

 

ヤ「いかがですか、是非良ければ・・・」

 

水「そうですね、今のところは・・・」

 

ヤ「分かりました、私もこの辺りよく回っていますので、また是非!」

 

水「(えっ!ここでストーリーは終了か?ならば押してこい!3回もドア開ける人なんてなかなかいないぞ!)」

 

ヤ「どうもありがとうございました~」

 

どうやら3回でストーリーが終了したようです。

 

あの時点で何が必要だったのか。

 

3回目のタイミングでクロージングは早いかもしれない。

 

そう考えると、もう少し売り込まない状態で接触をしても良いのかもしれない。

 

そこで、更にヤクルトを渡して来たらアンダードック効果の影響で、次回は購入していたかもしれない。

 

非常に惜しいところまで来ているのに、なぜ突っ込めなかったのだろうか・・・

 

しかし、致し方ない点もある。

 

営業というのは他の職種に比べて体系立った理論が少ない。

 

大学でも、経営学やマーケティングという学問があっても営業学という学問はない。

 

たった少しの知識があれば、ここでまた新たな顧客にヤクルトを配るよりもよほど高い成約率だったのに・・・

 

そんな口惜しい気持ちでいっぱいになった3回目の接触でした。

 

 

収入を決めるのは営業

 

 

 

 

 

決算書のPLで一番上にくるものは何でしょうか?

 

そう「売上」です。

 

ではそれをコントロールできる存在は誰でしょうか?

 

そう「営業」です。

 

世の中で価値の高いビジネススキルはいくらでもありますが、そのスキルのすべては売上が立った後に生きてくるものばかり。

 

会計のプロがいくらコストダウンを図ろうが、売上を上げなければいずれ限界がきます。

 

人材を育成するプロがいたとしても、売上が立たなければ雇用し続けることもできない。

 

高度なファイナンス理論を学んだとしても、売上が立たなければ投資する資源もない。

 

では、その売上を立てるために高度なスキル、才能が必要でしょうか?

 

実はここにはそんなに高度なものを持ち合わせていなくても伸ばすことはできます。

 

なぜなら、営業は少し人よりも勉強するだけで群衆の中からすぐに抜け出すことができるからです。

 

多くの営業が売ることについてあまり学んでいません。

 

だからこそ少し学ぶことで抜きんでることができる。

 

いわばブルーオーシャンの職種。

 

そして営業は学べば学ぶほど、試したくなることが多くなり楽しくなってくる。

 

この事実に気づいているのは一部のトップセールスだけだという事を知っておいた方が良いかもしれません。

 

 

 

2020年11月14日コラム営業