【規制の数だけビジネスチャンスが眠っている】

日経の第4の革命。

 

ここ最近、この記事に必ず目を通すようにしています。

 

この記事は「カーボン ゼロ」というテーマでCO2削減のための様々な技術革新の話が掲載されています。

 

本日の内容は飛行機。

 

飛行機は、乗客1人の移動1キロ換算で鉄道の5倍のCO2を排出している様子。

 

「飛び恥」という現象も起きており、CO2を大量に排出しているが故に白羽の矢が立っている乗り物でもあります。

 

こういったことが話題になるのはCO2削減の規制があるからですが、規制というのはマイナス要素によくフォーカスされがちです。

 

CO2削減の規制をすると航空業界や自動車業界に大きなダメージが残る。

 

だからやるべきではないなど。

 

今、コロナの影響で飲食店が夜8時までの規制を余儀なくされようとしていますが、この状況もマイナスに捉えている人がほとんどでしょう。

 

(たしかに飲食店の方々は大変だと思いますが)

 

しかし、この規制というのは見方を変えるとチャンスにもなり得るという事を知っておいた方が良い。

 

規制が入ることで業界に変化が起こり、その変化は必ずチャンスになり得る。

 

今日の記事でもある飛行機のCO2削減が本格化されれば、記事にもあったように液化水素の需要及びその周辺の需要が増えるかもしれない。

 

そして空飛ぶ車もいよいよ現実味を帯びてくる。

 

空飛ぶ車が自動運転になれば、寝具が置かれるかもしれない。

 

寝具だけでなくテレビや冷蔵庫もか?

 

そうなると、そのサイズに合った家電が必要かもしれない。

 

いや、今後はスタートレックのような3Dプリンタですべてが賄われるかもしれない。

 

こんなことを考えていると様々なビジネスチャンスが見えてくる。

 

何かがなくなるのであれば、それを代替する何かが生まれてくる。

 

変化というのは需要を生み出す大きなきっかけに他ならないのです。

 

 

妄想するトレーニング

 

 

 

 

 

マーケティングのセンスを磨くためには世の中の様々なことに興味を持つことです。

 

優れたマーケッターは常日頃から世の中の変化を観察し、なぜそのような変化が生まれているのかを考え続けています。

 

このような習慣がビジネスアイデアを輩出する原動力になっています。

 

よく営業担当者からは白地が発想できないという言葉を耳にします。

 

その理由は簡単なことで、発想するトレーニングをしていないから。

 

もしあなたが白地を生み出せないと悩んでいるのであれば、新聞の中から1つの白地を生み出すトレーニングをしてみてください。

 

そして数々の白地を出すことが習慣化すれば営業が楽しくなることは間違いありませんし、出せなかったとしても、その思考トレーニングは必ずあなたのスキルとなって蓄積します。

 

「白地を出すために新聞を読む」

 

こう思っただけでも、これまで以上に新聞の価値を享受できることは間違いありません。

 

 

2021年01月09日コラム営業