【最も大切なことを最も大切にすると後悔はなくなる】

自分の中で最も大切なことは何だろうか?

 

仕事において最も大切な事は何だろうか?

 

ここ最近、こんなことを考える機会がありました。

 

自分の価値観を導き出すための自分自身への問い。

 

こう問われると自分自身はどのような仕事に興味を持ち、何を大切にしているのかを改めて考える機会になります。

 

今、楽しいことの1つとしてRTS勉強会があるが、この勉強会で困っている営業パーソンを助けることができれば楽しいと思える。

 

しかし、本質は営業パーソンではなく別のところに視点が向いていることがよく分かる。

 

困っている営業パーソンを助けてやりたいという気持ちはあるが、それ以上にそれを通じて企業が救われればなお良い。

 

だからこそ勉強会理念を営業パーソンに置かずに経済成長としている。

 

これはなぜだろうか?

 

営業パーソンではなくあくまで企業に目が向いている。

 

それは前職の影響が大きいのだろうか?

 

色々と倒産する企業を見てきたからか?

 

しかし、企業経営に興味を持っていたのはもっと前。

 

学生の頃には既に経営に興味を持っていた。

 

そう考えると親の影響が大きいのか?

 

商売人の両親のもとに生まれたから?

 

それとも商人の町、関西に生まれたから?

 

そういえば小学生の時に最初の商売に着手している。

 

あの頃は友達から不要なマンガを買い取り、他の友達に転売してマージンを得ていた。

 

それが最初の商い。

 

その調達先は幅を広げ、古本屋にまで手が伸びる。

 

古本屋で買い手が見つかりそうなマンガを選択し、そして転売する。

 

そんなこともよくやった。

 

学生の頃は起業家になりたい想いがあったが、今はサポートする側の方が楽しみを感じる。

 

この価値観は前職の経験と両親の事業の影響が大きいのだろうか?

 

少し情報が不足しているだけで事業がうまくいかなくなる・・・

 

そんな企業を山ほど見てきた。

 

であればそういった企業に必要な情報を提供する。

 

それですべての企業が潤い、楽しめればこれ以上のことはない。

 

こう回想していくと、段々、自分自身は何をミッションすべきなのかが見えてきます。

 

そしてこの価値観から導き出されたミッションを明確にすることにより仕事へのあり方が変わってくるのです。

 

 

自分自身のミッション

 

 

 

 

 

「自分が何に興味を持ち、何を楽しいと思うのか」

 

ここを追求していくと価値観が見えてきます。

 

価値観が見えてくると、そこに自分の判断の拠り所となる軸ができあがる。

 

何のための仕事をしているのか。

 

これが分かってくると人生楽しくなる。

 

あなたは自分自身がなぜ仕事をしているのか理解しているだろうか?

 

「生活のため?」

 

それは表面上のものに過ぎない。

 

あなたの過去を辿るとなぜ今に行きついたのか分かるはず。

 

そこには価値観が眠り、それを顕在化させることが仕事を楽しくさせる。

 

一度、時間が合ったら振り返ってみてください。

 

それが仕事に対するパワーの源泉になることは間違いないので。

 

 

2021年01月23日コラムマーケティング