【あなたの失敗談は最高の雑談ネタ】

現在、我々が推進しているサービス「予材管理トレーニングプログラム」。

 

これは様々なドラマを生むサービスだと実感してきました。

 

予材管理トレーニングプログラムとはどのようなものかというと、コンセプトとしては「知識の習得なしに実践はできない」。

 

まずは実践に入る前に、テストやレポートなどで知識をしっかりと習得していくプログラム。

 

損益計算書や貸借対照表の成り立ちを理解せずに財務分析はできないのと同じように、基本的な知識が備わっていない段階で、いきなり実務で成果を上げましょう!というのはあり得ないという話です。

 

このトレーニングプログラムは知識を習得するためにいくつかのステップに分かれています。

 

その内容は確認テストであったり、レポート提出、ケーススタディを使った予材管理による問題解決。

 

そしてこのテストやケーススタディは合格するまで何度も再提出する。

 

中には本当に何度も提出を求められる受講者もいますが、知識が不十分なままでは習得までたどり着かないという思いからOKにすることはできない。

 

そしてこの何度も提出していく中で、知識が深まっていく。

 

テストやケーススタディはいくつかありますが、そのいくつかの関門を通り抜け、ようやく研修にたどり着く。

 

そんなプログラムがこの「予材管理トレーニングプログラム」なのです。

 

つい先日、いくつかあるテストを見事に全員合格し、ようやく研修の場で顔を合わせたクライアントがありました。

 

そして第1回目の研修が終了し、懇親会へ。

 

この懇親会では4か月にも及ぶテスト期間中の様々なエピソードを聞かせてもらいました。

 

テストを合格するまでの葛藤、苦労。

 

合否判定のメールを恐る恐る見ていたこと。

 

テスト期間中の休日の過ごし方。

 

奥様の買い物を横目に開くパソコン。

 

アタックスを共通の敵として深まるチームワーク。

 

まだまだ、他にもたくさんのエピソードがあり、テストで回答している裏側には様々なドラマがあったことに笑いながら聞かせてもらいました。

 

そして極めつけはこれ。

 

関連書籍を聖書のように持ち歩き、奥様から宗教に入っていると勘違いされたこと。

 

涙ぐまし努力のはずなのに、なぜか笑いを抑えることができませんでした。

 

 

苦労は必ず笑い話になる

 

 

 

 

 

おもしろいもので過去を振り返っても苦労は必ず笑い話になると実感しています。

 

芸人もよく苦労話をネタにしていますが、苦労話には人を惹きつける大きな力があります。

 

これは芸人だけでなく、どんな人であったとしても苦労話は人を惹きつけ、そして強烈なインパクトを残してくれます。

 

そして親しみやすさも。

 

営業にとっては記憶に残るインパクトそして親しみやすさを備えていれば売れることは間違いないでしょう。

 

今は大変かもしれませんが、その大変さが自分の魅力を大きく引き上げる。

 

こんな価値観を持つことができれば大概の苦労を楽しむことができるかもしれない。

 

「爺さんの話って、おもしろいよね」

 

こんなことを孫に言われたら最高ではないですか?

 

人生をどう生きるか。

 

最後の最後に魅力的な人間であるために、おもしろエピソードをいくつも携えた、そんな人生を歩みたいものです。

 

 

2021年03月13日コラム営業