【「いつ」「どこで」「どのように」実行するのかを決めるだけで成功確率が上がる】

「あーーー、なんでこんなにやる事あるんだ・・・」

 

ここ最近、やることが多すぎて週末もほとんど休みを取った記憶がありません。

 

ここ最近というか、ここ2年ぐらいだろうか・・・

 

週末に、ゆっくり何もせずリビングで寝そべりながら長時間テレビを見るという典型的なオジサンスタイルも遥か彼方へ・・・

 

家族とショッピングモールに行っても、真っ先に向かうのは喫茶店。

 

そこでパソコンを開けて作業を始める。

 

これが日課になりつつあるな・・・。

 

とはいえ、そもそも買い物に行くこと自体も減り、娘が大きくなって父親不要となっているのが逆に好都合か?

 

ひとまずやることが多くなりすぎると、そもそも何をすれば良く分からなくなるのでタスクを整理してみる。

 

そうすると記憶から消し去っていた家のタスクも思い出す。

 

そういえば庭の木がお隣さんの敷地に顔を出しているので切らないと・・・。

 

そういえばスクーターのシート・・・ボロボロやったな、貼り換えな・・・。

 

思い出さなければ良かったというタスクも思い出される。

 

1日が48時間になれば・・・とバカなことを考えるが、48時間に伸びたら伸びたで、パーキンソンの法則が働くのだろうとくだらない分析をしつつ。

 

ただ、タスクを洗い出すと気持ち的にはすっきりする。

 

そしてそのタスクを計画に入れれば、あとは実行するのみ。

 

特に完全に消去していた家のことはやらなければ・・・

 

そんなことを思う週末です。

 

 

計画を立てるだけで実行力が上がる

 

 

 

 

 

 

目標達成において最も起きる問題は、実は行動の機会を逃してしいること。

 

目標のことについて動かなければと思いつつも、目標以外のことに動く、そして目標自体を忘れる、更に行動する機会があるのに気づいていないなど。

 

このような実行されない問題を解決するためには何をするのか。

 

実は簡単なことで計画を立てることが最も有効。

 

単に「いつ」「どこで」「どのように」やるのかを決めると実行力が上がるのである。

 

計画は、脳の中で「ある状況が来たら」「実行する」という結びつけを行う事ができる。

 

この結びつけができることによって、行動するカチッサー効果が生まれる。

 

これは無意識への働きかけであり、計画を立てることで意識をしなくても行動が生じるようになるのである。

 

そういえば後回しにしていることがあると思い出したあなた。

 

早速、とりあえずやるかやらないかは別にして計画だけ入れてみてください。

 

たったそれだけの作業で実行力が上がることを実感していただけると思います。

 

 

2021年05月29日コラム営業