【値段の数字が細かい方が商品自体の品質が高いと感じる】

この写真が何に見えるだろうか?

 

犬の写真?

 

まぁまさにその通りなのであるが、よくよく見つめてみると何か違う映像が浮かび上がってくる。

 

その映像が浮かび上がってきただろうか・・・

 

そうこの写真は、、、

 

雪山を歩く男のようにも見える。

 

そして視線を左に逸らすと犬の亡霊のようなものも見えてくる。

 

そして、男の向かうまっすぐ先に何か居ないだろうか・・・

 

え?見えない。

 

もう少しctrlキーとスクロールで拡大してみてください。

 

何か見えないだろうか・・・

 

もう少し寄ってみてください。

 

そうその奥です。

 

女性が涙を流してこちらを見ていないだろうか・・・

 

・・・・・

 

・・・・・

 

夏の風物詩・・・

 

すみません。

 

今日は夏という事もあり、昔よくやった肝試しをブログで表現してみました。

 

子供も頃は夏といえば肝試しということで数々の心霊スポットに行った過去のことを思い出し、ちょっと余興でやってみました。

 

おもしろい錯覚。

 

楽しんでいただけましたでしょうか?

 

 

端数が及ぼす影響力

 

 

 

 

 

錯覚というのは、視覚から入った情報を脳が素直に受け取っている訳ではなく、勝手に補正をかけることによって生まれる現象。

 

この現象は値付けにおいては非常に注意しなければならないポイントです。

 

1000円と980円では20円しか違わないが、圧倒的に980円の方が安く見える。

 

しかも1000円の方は税込みで、980円は税抜きであったとしても、そんな金額が並んでいる店頭の方が何となく安く見えてしまう。

 

そして価格における端数には、正確性を想起させる力もある。

 

11,000,000円と書いてあるよりも11,124,300円と書いていた方が何となく商品の品質が高いように感じる。

 

11,000,000円はもう少し安くなるだろうと思うが、11,124,300円に値下げの余地はあまりなさそうであると思ってしまう。

 

脳がどのように認識するのか?

 

この現象を営業であるなら押さえておかなければならないのである。

 

 

2021年07月10日コラム営業