【印刷の方がより脳に深い爪痕を残す】

「アセットライト経営・・・」

 

近頃、そんな言葉も出てきているのか・・・。

 

今日の新聞紙面を眺めているとこのような言葉に思わず目がいきました。

 

西武HDがコロナの影響でホテルやレジャー施設を売却する意思を固めた様子。

 

これは鉄道事業を抱える西武HDが収益性の低下をきっかけに、保有している資産を売却し経営のスリム化を図っていることが伺える。

 

確かに鉄道業界は苦しいよな、と思いながら眺めていると、あることが頭の中をよぎりました。

 

それは、、、

 

そもそもこのコロナの時期に、そんなリアル施設を買う企業ってあるのか?

 

これまで1年以上、コロナの影響でリアル資産を持っていた企業が散々苦しめられてきました。

 

中でも飲食店は最たるもの。

 

ワクチン接種が広がり多少の可能性は見いだせたとしても、リアル資産を保有することのリスクはこの1年で散々味わったはず。

 

そんな中で、リアル施設を購入する企業はあるのだろうか?

 

そう考えているとある企業の名前が必然と思い浮かびあがりました。

 

やっぱりGAFA・・・

 

これまでデジタルで市場を席巻してきた企業が、今度はリアルに進出。

 

これは十分にあり得ると思います。

 

その代表的な例はAmazon GO。

 

Amazonもここまでネットで規模を拡大させながらも、今はリアルに進出し始めている。

 

これはEC市場が拡大したとはいえ、その割合は小売市場全体で見た時には、まだ10%程度であり、残りの90%を獲得しにいく戦略。

 

このタイミングでリアル施設を買うのは、潤沢な資金を持っているデジタル企業しかないだろうと想像したのです。

 

デジタル企業がリアルに進出するとどうなるのだろうか?

 

おそらく企業ブランドがより強化される。

 

リアルとネットの融合により、新たな顧客体験価値を創造するかもしれない。

 

いや、確実に何かを仕掛けてくるだろう。

 

そう考えると、ゆくゆくはAmazonが経営する遊園地ができるか、とも想像できる。

 

それはそれで話題を呼びそうだ。

 

ダンボールのジェットコースターなどはスリル満点。

 

ダンボー君グッズでキャラクターをブランディング。

 

市場にダンボー君が浸透すれば漫画化もあるか?

 

このような仮説を立てると様々な白地が浮かび上がります。

 

 

デジタルvs リアル?

 

 

 

 

 

デジタルはN倍化するにあたってコストが掛からないという点で、ビジネス上、圧倒的に有利です。

 

そして多くのリアルがデジタルに置き換わりつつあります。

 

しかし、リアルはデジタルよりも圧倒的に感情に訴えかけることを忘れてはなりません。

 

これは営業においても同じ。

 

デジタル化が進展する中、基本、今はオンライン商談だよね。

 

確かに効率という面では、圧倒的に有利。

 

しかし、感情に訴えかけ記憶に爪痕を残すのはリアルの方が断然有利。

 

デジタル書籍がイマイチ頭に残らないのは、やはりデジタルだから。

 

そう考えると、デジタルで効率を追求しつつもリアルでの接触をミックスしていく。

 

こんな営業活動が近未来では求められるのではないでしょうか。

 

デジタルvs リアル?

 

これからはデジタル&リアル。

 

この2つをどうミックスするか。

 

この活動配分をどううまく設計していくか。

 

これがこれからの営業における大きな課題となるのではないでしょうか。

 

 

2021年07月17日コラム営業