【新商品という言葉は連呼しろ!】

「これは良い収益モデルになりそうだ!」

 

現在、ある理由で新規ビジネスの立ち上げを行っています。

 

(とはいえ、実際に立ち上げる訳ではなくビジネススキルを上げるためのトレーニングですが)

 

この新規ビジネスというのは、調べれば調べるほど、様々なことが分かり自分自身の仮説が当たりだすと、これほど心地良いものはありません。

 

例えば、、、

 

新規ビジネスの社会的意義。

 

立ち上げようとしている新規ビジネスが日本の社会的課題を解決できることにヒットするとテンションが上がります。

 

そして更に深堀り、その新規ビジネスで出てくる登場人物のニーズを確認してみる。

 

そうすると、そこに深い悩みがあることが見えてくる。

 

「この悩みは深いよな~、いやこれ解消したいでしょ!」

 

と思いながら徐々に興味が湧いてくる。

 

そして現状の市場規模や成長性を考える。

 

現時点では多少小さいかもしれないが、成長性は高いなどの事実が見えてくる。

 

「これは伸びるよ~」

 

そして競争環境。

 

最初は既に先行企業が存在し、その企業に勝つことはできないか・・・

 

と思いつつ、勝てる方法を粘って考えてみる。

 

何とかして勝てる方法は・・・と考えていると、あるアイデアにたどり着く。

 

「おっ!!きた!勝ち筋見えた!」

 

こんな感じでどんどんテンションが上がっていく。

 

このビジネスは大きく育つに違いない・・・これは確実にビッグビジネスだ!

 

こんな期待まで膨らんでくるのです。

 

 

新規性という恐ろしさ

 

 

 

 

 

人は新しい選択をすると、脳内の報酬系神経回路であるドーパミンが分泌されるといわれています。

 

新規事業もどんどん夢が膨らみ、失敗するイメージがしない。

 

これは新規事業に限らず、新商品にも言えることで、新商品を目にすると(中身はたいして変わっていなかったとしても)テンションが上がるように、我々の脳はできているのです。

 

もし、あなたがここ最近、新商品をリリースしたのであれば、その「新商品」という言葉は全面的に使うべし!

 

顧客が新商品と分かるだけでも、ドーパミンが分泌され好意的な商談になる事は間違いないでしょう。

 

あなたは新規性という魔力を、しっかり理解して営業活動ができていますか?

 

この知識、営業であれば絶対に押さえておくべきものだと覚えておいてください。

 

 

追伸:現在、新規ビジネスを数字に落としましたが、数字に落とすと現実が見える・・・

そんな天国と地獄を、この週末に味わっています。

 

 

2021年08月14日コラムマーケティング