【馬鹿な新人は、優秀なベテランを乗り越えられる】

先日のあるニュースでのこと・・・

 

先日、日ハムの栗山監督が退任しました。

 

ここ最近はプロ野球にあまり興味がなくなってしまい、随分とプロ野球を見ていません。

 

私がよくプロ野球を見ていた時に選手だった方が、今はほとんど監督やコーチをしています。

 

この栗山監督もまさにその一人でした。

 

そして何気に、そのニュースを見ていると、、、

 

栗山監督の戦績が公表されていました。

 

就任期間の10年で5回のAクラス入り、そして1度のリーグ優勝、1度の日本一。

 

そして驚いたのは球団最長の在任期間と大沢の親分の通算631勝を超えていたこと。

 

逆に選手時代はわずか7年の選手生命。

 

選手時代よりも監督時代の方が長いという異色の人物だったようです。

 

ここでふと頭をよぎったのが、

 

「名選手、名監督にあらず」

 

という言葉。

 

この言葉は営業の世界でもよく使われており、トップセールスは優秀なマネジャーになれないという格言があります。

 

トップセールスの営業方法は、他の営業がやらないことをやっている。

 

そのため再現性がない。

 

再現性がないので、部下を育成することができない。

 

この言葉は営業組織に属する方なら誰もが聞いたことがあるでしょう。

 

そしてもはやこの格言は常識レベルになっているのではないでしょうか。

 

しかし、これ昔から思っていたのですが、「これって本当か?」という疑問。

 

名選手、名監督にあらずと言いつつ、プロ野球でも実績を残した監督は、元名選手ばかり。

 

たまに選手時代は有名であったが、監督では泣かず飛ばずという方もいるが、それって全体の何%?と思いたくなる時があります。

 

我々は格言に踊らされていないか?

 

そしてその格言が可能性を閉ざすようなことになっていないか。

 

そんなことを思考させる機会でもありました。

 

 

格言を疑え

 

 

 

 

 

あなたの世界でも格言とは言わないまでも、ベテラン社員から代々受け継がれている言葉はないだろうか?

 

「あの業界は参入障壁が高く開拓できない」

 

「あの顧客は大手の競合が参入しているのでまず無理」

 

「我々のような中小企業は大手にいっても相手にしてもらえない」

 

彼らの分析は、当時は正しかったかもしれない。

 

しかし、その事実は何年も吟味、分析されていない可能性が高く、今となっては間違っていることもある。

 

業界の常識、そして組織の常識。

 

もしそれが否定的な格言になっているのであれば、疑ってみるのはどうだろうか。

 

格言を気にすればするほど、事実はそこに吸い寄せられる。

 

ならばたまには馬鹿になって営業してみるのも面白いのではないだろうか。

 

 

2021年10月23日コラム営業