【正しい問題に取り組む方が、一生懸命に取り組むより重要】

「財政支出が過去最高・・・これ、毎年言っていないか?」

 

心の中で囁きながら新聞を読み進めると経済対策の一覧が目に入ってきました。

 

その一覧を見ると様々な政策が記載されています。

 

「病床確保」

 

「最大250万円の事業者向け支援金」

 

「実質無利子、無担保融資の延長」

 

「新たなGo Toトラベル事業」

 

「マイナポイント第2弾」

 

「10兆円規模の大学ファンド」

 

「18歳以下への10万円相当の給付金」

 

ずらっと並んだ政策を見て、ふと思ったことは、、、

 

「悲しいばかりの短期視点」

 

これだけコロナでDXだ、なんだと叫んでおきながらそれに該当する政策が見当たらない。

 

いやおそらく何かの見間違いだ・・・

 

そんなことを思いながら本文を読んでみる・・・

 

そうすると多少何か書いてある。

 

「地方からのデジタル化」

 

「地方から?都市部もやれよ」と軽い突っ込みを入れつつ・・・

 

そして更なる関心ごとに。

 

それがここ最近、新聞紙上に必ず出てくるエネルギー問題。

 

海外に比べて日本は非常に出遅れている印象。

 

1面には何も書いていないので、2面、3面を開いてみる・・・

 

う~ん、悲しき現実。

 

「脱炭素、デジタル乏しく」の見出しが目に入る。

 

そして更なる追い打ち・・・

 

「学び直し支援も後手に」

 

後手というのが日本の代名詞なのかと視線を落とすと、

 

オオタニサン!(外国人風発音)

 

唯一の救いが目に入る。

 

それにしてもこれだけ長期戦略に目がいかないのはなぜだろうかと考えていると、

 

「それをやってもあまり票獲得に繋がらない・・・」

 

この文字が頭の中をよぎる。

 

ドイツでは若者が環境問題に敏感で、その影響で政治が動く。

 

「俺たちの未来を大人はどうしてくれるんだ!!」

 

まっとうな意見。

 

しかし、日本でそんな声が上がることはあまりない。

 

それぐらい環境に無関心な国民性。

 

しかし、ここに問題提起をしてもあまり意味がない。

 

国や政治よりも企業の方が、より感度が高い。

 

政治がどうの河野、(あ、変換間違えた)こうのという前に、企業が何をすべきかを考え実行した方がより問題解決につながる。

 

企業が今後、どう生き残り戦略を図るのか、それだけにフォーカスした方が健全なように思えた今日この頃です。

 

 

問題の本質はどこか?

 

 

 

 

 

日々、忙しい、忙しいと働いているビジネスマン。

 

しかし、やっている仕事は社内ごとばかり。

 

ミーティングのためのミーティング。

 

社内の問題を解決するためのディスカッション。

 

そんなことしている暇あるの?

 

世の中のビジネスのあり方は徐々に変化し、顧客と向き合いプロダクトを常に変化させていく。

 

そのサイクルを徹底している企業が成長している。

 

社内と議論していても顧客インサイトは見つからない。

 

顧客に聞くことが最短の道。

 

「どんな機能が必要?いや、見た目が好きじゃない」

 

こんな意外な結果が拾えるかもしれない。

 

あなたは、今、何に時間を使っているだろうか?

 

本当に向かうべき仕事は何のか。

 

顧客と向き合っているか。

 

そんなことを点検してみても良いのではないだろうか。

 

 

2021年11月20日コラムマーケティング