【予想は体験を化学的に変質させる】

「缶に入っていると妙にうまそうに見える・・・」

 

年末、とある宿泊施設の応援プロジェクトで紹介された牡蠣を購入しました。

 

コロナ禍で宿泊客が減少する中、何とか現地のおいしい牡蠣をPRすべく立ち上がったプロジェクトです。

 

私もあまり知りませんでしたが伊勢志摩は牡蠣の産地。

 

よく考えれば真珠の産地なので、牡蠣は取れるはずなのですが食用としては広島や仙台の印象が先立っていました。

 

このコロナ禍の中、経営が厳しくなる宿泊業界を少しでも応援しようと思い購入。

 

その送り先は実家にしました。

 

送った日程は年末。

 

ちょうど私が帰省するタイミングで牡蠣を実家に送ったのです。

 

配送をお願いしていた当日、牡蠣が宅急便で届き、中を開けてみるとカンカンで包装されている。

 

包装された缶を開くと、殻付きの牡蠣15個と日本酒が。

 

このカンカンの銀色と牡蠣の殻のコントラストが何とも言い難い、いい感じ・・・

 

中の説明書を読むとガスコンロの上に直接、カンカンを乗せて蒸し焼きにするとか。

 

へ~そんな食べ方があるのかと感心しながら夜を待つ。

 

そして夕食時に、コンロを用意して早速カンカンに火を入れる。

 

そうするとほどなく湯気が上がり缶の蓋が空きかける。

 

そして指定された12,3分待ってカンカンを開けると・・・

 

「おおー、うまそー!」

 

カンカンと牡蠣の殻のコントラストに目が奪われ、想像が膨らむ。

 

そして軍手を使い、牡蠣を手に取り開いてみる。

 

牡蠣の殻の上には大ぶりの身と、その下には牡蠣エキスが見える。

 

どちらから先に行く?身か?エキスか?

 

いや、どっちも行ってしまえとばかりにエキスと身を同時に口に運ぶ。

 

おおおーなんてうまいんだ。

 

牡蠣のエキスたっぷり、しかしよくある独特な牡蠣臭さも程よく抜け良い感じ。

 

そしてその牡蠣を食べながら備え付けの日本酒を飲む。

 

くー、これぞ年末・・・

 

そんなことを思いながら牡蠣を軽く10個は食べたと思います。

 

しかし、誰が考えたのやら・・・このカンカン焼き。

 

調理が簡単だけでなく、この銀色と牡蠣の殻のコントラストが食欲をそそる。

 

これまで仙台などでお上品にお皿の上に乗った牡蠣を食べましたが、圧倒的にカンカンの方がうまい。

 

そんなことを思いながら満足に浸った年末でした。

 

 

パッケージは最後の製造工程

 

 

 

 

スタンフォード大学の意思決定神経科学研究所の所長であるサミュエル・マクルーアの研究ではパッケージがその後の体験を変えることを立証する実験が行われました。

 

その内容はラベルの貼ってあるコーラとラベルの貼っていないコーラではどちらがおいしいか。

 

多くの体験者がブランドのラベルが貼っているコーラの方がより爽快感を感じておいしいと判断したのです。

 

「パッケージは最後の製造工程」

 

と言われるようにラベルによる印象が、その後の体験も変えてしまう。

 

これは食品だけの話ではない。

 

営業マンも商品を最後に印象付けるパッケージ。

 

その営業マンの印象次第で、その商品の価値を大きく変える力を持っている。

 

あなたが商品に与える影響力をどれほど感じているだろうか?

 

牡蠣をおいしくするためのカンカンの役割を担えているだろうか?

 

そんなことを考えると、自分自身がどうあるべきなのか考えさせられる・・・

 

そんな時間になれば幸いです。

 

 

追伸:今回、ご紹介した応援プロジェクトの牡蠣はここで購入しました。

「いかだ荘山上」https://ikadasou.jp/

「いかだ荘山上 伊勢志摩じのもん市場」https://ikadasou.thebase.in/

 

コロナ禍で厳しい業界。何とかこの状況を乗り切って、これからもおいしい食材を提供していただきたいです。

 

 

2022年01月08日コラムマーケティング