【最終回】「そのままでいることのデメリット」を伝え、経済を動かせ

「残り僅かな一行語録・・・いったい何を書こうか・・・」

 

そんなことを悩んでいると、ふとある本を手に取りました。

 

その書籍は一部の間では、伝説の名著と名を馳せた書籍。

 

それは、、、

 

「最低でも目標達成できる営業マンになる法」

 

9年前に私が書いた本です。

 

その書籍を何となくペラペラめくっていると様々なキーワードが目に入ってくる。

 

「ソフトにしつこく」

 

「雑談は、お客様の業界でありがちなことを言う」

 

「あえて本音を伝える」

 

「間違ったことを訂正してしまう心理をつく」

 

「逆にほめる」

 

改めて読むと裏技満載の書籍。

 

一部のマニアにしか受けないような書籍になっていることに改めて気づかされます。

 

しかし、このノウハウの数々も過去売れなかった体験から生み出したものが多く、ある意味、自分自身の集大成ともいえる本です。

 

そして書籍は終盤に・・・

 

「ハードコミュニケーション」

 

今更ながらにエゲツないネーミング・・・

 

そして中身を開くとこんな文章が目に飛び込んできました。

 

「そのままでいることのデメリット」を相手に伝える。

 

これは前職、聞く耳すら持ってくれない営業活動にもがき、苦しみ、悩んだ末に編み出したノウハウ。

 

この文章を読むと過去を空想させ、今もなお、その時の情景が鮮明に映し出されます。

 

「話を聞いてもらうために何が何でも・・・」

 

そんな気概を感じさせるようなフレーズです。

 

過去、私は営業で実績を上げられず悩んでいました。

 

そして同じような体験をしている人に対して、そこから打破するための方法としてこのノウハウを書き綴りました。

 

2013年にこの書籍をリリースしましたが、その時にこの本を手にした人は、今、どうなっているのだろうか?

 

もうトップセールスになれているのだろうか?

 

トップセールスとまではいかないまでも何かしらの成果を上げているだろうか?

 

そんなことが気になります。

 

多少なりとも、この書籍をきっかけに人生が変わった。

 

そんな方々が1人でも多く出ていることが、私にとって何よりもうれしい出来事です。

 

 

最後の『週末の一行語録解説』

 

 

 

 

 

これまで長い間、この週末の一行語録解説をご愛読いただきありがとうございました。

 

今回の記事で週末の一行語録解説は終了になります。

 

様々な都合上、いずれこのサイトも閉じられると思います。

 

ただ、そんなことはたいして重要ではなく、あなたが成果を上げることができたかどうか。

 

そしてテキストデータとしての記憶は消却されても、体の中に習慣として血肉となっていれば何よりもうれしい事。

 

そんなことを最後に思います。

 

これまで営業というフィールドで、様々なノウハウをお伝えし、そして実践していただくことをサポートしてきました。

 

今後、私は違うフィールドに行きます。

 

このコロナの環境下、経済は非常に不安定。

 

一部の業界では、もういい加減にしてほしい・・・

 

そんな悲痛な叫び声も聞こえてきます。

 

そんな少し暗めの経済に対して、何か更なるインパクトを持つことができればと思い、フィールドを変えることにしました。

 

長らくの間、お付き合いいただき本当にありがとうございました。

 

これからもあなたの営業人生が、成果に満ちた楽しいものであることを願っています。

 

そして今後も私と一緒に経済を活性化させる。

 

そんな関係を持つことができればと思います。

 

2013年から9年間もお付き合いいただきありがとうございました!

 

また、どこかでお会いできることを楽しみにしております。

 

 

追伸:リアルトップセールスの一行語録は1月31日(月)が最後になります。

最後の一行語録…是非お見逃しなく。

 

 

※最低でも目標達成できる営業マンになる法

https://www.amazon.co.jp/dp/4495522418/ref

 

 

2022年01月29日コラム営業