営業

【相手がどう思うかを真剣に考えると、営業トークが湧きあがる】

弊社にあるメールが飛び込んできました。

 

よくあることですが、弊社のWEBサイトのお問合せページからWEB製作関連の売り込みがよく入ってきます。

 

しかし、その多くのケースが残念なメール文になっています。

 

まず、横文字が多い。

 

別に横文字に慣れていないという訳ではないのですが、横文字が多用されているとどうしてもスッと頭に入ってきません。

 

オンラインワーカーチーム?→WEB専属チームの事か・・・

 

このように分からなくはないのですが、必ず理解に1クッション入ってしまいます。

 

そして、次にサービス説明。

 

WEBという無形のサービスであるためか、サービスの内容が分かりづらい・・・

 

どんな価値を提供してくれるのかという説明はほとんどなく、何ができるのかという自己紹介。

 

唯一分かりやすかった文面は、「成果に対してのみ費用がかかる」という主張。

 

これならよく分かる。

 

そうメール文面を読み込んでいると急にあることが気になり始めました。

 

他人を批判することは簡単なのですが、自分自身はそうできているのか?

 

そこで送信ボックスを覗き込み、改めて自分のメール文面を読んでみました。

 

正直、読みづらい・・・

 

しかし、自分では何が悪いのかよく分からないので、ネットで「メールの分かりやすい書き方」と検索し内容を確認してみました。

 

テキストで書く、30~35文字程度で改行する、その辺りのルールは守れています。

 

そして更にスクロールしていくとおもしろい内容が目に飛び込んできました。

 

「改行してはならない」

 

これは正直、衝撃的でした。

 

「改行してはならない?一体どういう事だ?」

 

よくよく内容を確認してみると、まさに時代の変遷とも言うべき内容でしょうか?

 

今、画面を見るケースがパソコンだけでなく「スマホ」で見られるケースが多くなりました。

 

その「スマホ」対応のために改行してはならない、と書いてあったのです。

 

スマホの画面は、パソコンに比べると1行での文字数は少なく、その文字数を超えて改行するとこんな感じになります。

 

  • パソコン画面

____________________________

今日はいいお天気ですね。明日は雨のようですが傘を持って

いきますか?

____________________________

  • スマホ画面

____________________________

今日はいいお天気ですね。明日は雨のようですが

傘を持って

いきますか?

____________________________

 

なるほど、そういう事か?

 

しかし、改行せずに文章を書けば、今度はパソコンで読みづらくなる・・・

 

これをどう解決すれば良いのか?

 

そう思考していると、ものの30秒ぐらいで解決策が下りてきました。

 

そうか、スマホに合わせた文字数で常に改行すれば良いのか!

 

これぞ、他社視点!

 

少し満足気にネット検索を終えましたが、明日から実践するかどうかは定かではありません。

 

 

他社視点に変えるだけで営業トークが舞い降りる

 

 

 

 

 

 

営業トークを設計する時に、何をアピールすべきかはいつも悩むところだと思います。

 

一旦トークは設計してみたものの、本当にこのアピールの仕方で良いのか?

 

そう感じることも多くあると思います。

 

少し小難しい表現になっていないか?

 

相手にこちらの意図が伝わっているか?

 

しかし、こう悩んでいる時のほとんどの場合が、商品に視点が向けられています。

 

この商品の良さをどうアピールするか?

 

この視点を少しズラしてみてください。

 

そのズラす先というのは「相手がどう思うのか?」

 

たったそれを変えるだけで、営業トークが次々と降りてきます。

 

そして、しっくりくる営業トークができあがるはずです。

 

「相手がどう思うのか?」

 

何を言うべきかを迷った時は、このフレーズを唱え続けてみてください。

 

 

2018年02月17日コラム営業


【購入客から常に声をもらうアンケートを作るだけで営業力が上がる】

ある企業研修の終了後・・・

 

「アタックスさんで働き方改革として何か実践されていることはありますか?」

 

ある営業担当者からこんな事を質問されました。

 

突然の質問ではありましたが、アタックスは社員を大切にする会社ですので何かの参考になればと思い、いくつかの取り組みを紹介しました。

 

パソコンのログを管理して残業削減している事

女性が活躍できる環境がある事

在宅勤務ができる事

 

など。

 

そんな話の中で、最近、社内のコミュニケーションが促進されるあるツールの話題に及びました。

 

そのツールとは、「社内SNS」です。

 

おそらく多くの企業でも採用されているのではないかと思いますが、SNSを使って社内メンバーで情報交換を行うという取り組みです。

 

弊社では、この取り組みにはいくつかルールがあります。

 

・業務連絡はしない事

・必ず全員が1日1記事上げる事(3行でOK)

・コメントに返信する必要はない事

 

などです。

 

弊社のメンバー13名ではありますが、拠点は東名阪と3つに分かれており、かつコンサルタントが出張や支援先に行っていることが多く、なかなかゆっくりと話す時間がありません。

 

中には同じ拠点のメンバーでも1、2週間顔を合さないなどザラにあります。

 

そんなお互いが何をやっているのか、なかなか把握しづらい中で、このSNSの取り組みが功を奏しているのです。

 

先日もあるメンバーがお菓子を拾い食いしたネタが・・・

 

その話題は、瞬く間に社内に浸透しました。

 

あまりにも突飛な動きに、驚くものや体を心配するコメントなど様々な事が書き込まれました。

 

そしてその投稿は各所で話題となり、メンバーと顔を合わす度にその話題となったのです。

 

しかし、よくよく考えるとこのSNSの活動は、メンバー間で同じ話題を共有することができ、その共通した話題がコミュニケーションを促進させます。

 

そしてコミュニケーションを促進させるだけでなく、同じ話題を共有できていることがメンバー間の信頼を深める結果になっているのです。

 

 

共通の話題が勝率を高める

 

 

 

 

 

 

お客様との商談で、共通の話題を見つけることができれば話は盛り上がります。

 

では、その共通の話題をどのように見つければ良いのでしょうか?

 

趣味や出身地、そして子供の話から共通の話題を探すことはできるかもしれません。

 

しかし、それだけでは関係が構築できただけで商談への直接的なインパクトは弱いかもしれません。

 

趣味や出身地から共通の話題を導き出すのも有効ですが、もっと効果的な方法があります。

 

それは、過去購入してくれた顧客のアンケートから購入前の悩みを聞く事です。

 

購入前の悩みは多くの場合共通しており、その悩みを切り口に見込み客と話すと距離はグッと近くなるケースが多いです。

 

あなたは購入客がどのような事に悩み、どのように意思決定したのかご存じでしょうか?

 

その話題を蓄積することであなたの営業力が高まるならば、収集しない手はないと思います。

 

 

2018年02月04日コラム営業


【営業力は未来をコントロールする力である】

リビングでふとテレビを見ているとあるニュースが目に飛び込んできました。

 

それは「はれのひ」の社長の記者会見です。

 

成人式の当日に会社を倒産させ、雲隠れしていた社長が記者達に囲まれ、質問攻めにあっていたのです。

 

記者達は執拗に「逃げていたのではないですか?」と責め立て、被害者もテレビに出演し涙ながらに被害を訴えかけていました。

 

しかし、その番組を見ていると何か違和感を覚えたのです。

 

社長の会見のコメントは、至って普通の人。

 

計画倒産ではないかと疑われているものの、本当にそうであれば記者会見など出ないはず。

 

そして被害者が涙ながらに被害を訴えかけていましたが、撮影場所は被害者の家。

 

そして、一人の女性をドアップで撮影。

 

穿った見方かもしれませんが、何か報道陣に作られた感があり、違和感を覚えたのです。

 

過去に中小企業の倒産現場を何度も見てきましたが、倒産する会社のほとんどは周囲に迷惑をかけます。

 

取引先、金融機関、保証人となった友人・知人、そして家族。

 

関係している人は怒り狂い、泣き出す人も山ほど見てきました。

 

そして、そんな中、雲隠れどころか本当に行方不明になる経営者も山のようにいました。

 

それがなぜ大企業でもない当社がここまで叩かれているのか、が不思議になったのです。

 

そんな事を考えていると、ふと昔の事を思い出してしまいました。

 

そして会社を倒産させた社長の顔を思い浮かべ、倒産する企業の共通点を何となく考えてみたのです。

 

「資金繰りに杜撰というのは、ありきたりの共通点」

 

「採算度外視でも立場が弱いため受注する」

 

「現場の最前線で働いていることが多い」

 

「組織が少し大きくなると管理系の仕事をやりだす」

 

「資金繰り、人件費などを含めた採算管理」

 

「業績が傾けば資金調達、銀行交渉」

 

「あれ?そういえば営業に時間を割いている経営者をあまり知らない?」

 

「どうやって仕事を取っているんだ?」

 

「ほとんどの経営者が前職の人脈や取引先からの紹介」

 

「そして倒産する会社の社長のボヤキが、取引先から仕事が少なくなって景気が悪い・・・」

 

「取引先は常に固定」

 

「倒産した企業の社長との会話で、新しいところを開拓する話など聞いた事がない」

 

いつも会社の経営が上向くか否かは、景気次第という考え方が共通項として浮かび上がってきたのです。

 

 

セールスは会社経営の最優先事項

 

 

 

 

 

よく良い商品を開発すれば売上が上がるという経営者はいます。

 

そしてサービスの品質を上げればお客様は来てくれるという話もよく聞きます。

 

しかし、それは既に一定の顧客層を獲得している大企業の話。

 

ディズニーやリッツカールトンのサービス品質の高さをマネる前にやるべき事があります。

 

企業は利益を稼ぎ出さなければ、新商品を開発することや教育に投資してサービス品質を高めることもできない。

 

全てにおいて、まず売上が先なのです。

 

商品力が先か、営業力が先か。

 

差別化できていない商品であっても営業力が優れていれば、未来を勝利に導くことはできるが、その逆はない。

 

その事を頭に刻み、セールスを絶え間なくやっていかなければならない。

 

セールスマインドを持つことが何となく悪いことのように思えるかもしれませんが、セールスマインドを持たざる者が周りに迷惑を掛けているという事実もある。

 

あなたが未来をコントロールしたいのであれば営業力は最高の武器です。

 

そしてその武器を研ぎ澄ませるために常にアイデアを出し続け行動することが、経営、ひいては人生を安定化させていく最優先事項なのです。

 

 

2018年01月28日コラム営業


【100%責任を負うことを受け入れると、仕事のパフォーマンスが飛躍的に上がる】

年末年始。

 

1年に1回ですが、私は実家に帰省しています。

 

元々は明石に住んでいたのですが、父親の病気のこともあり、今は両親が母親方の実家である山口県に住んでいます。

 

年末には兄も帰省しているため1年に1回の一家団欒です。

 

毎年帰って驚くことは、母親の機敏さです。

 

もう既に76歳(来月には77歳)になるのですが、20年前とそう変わらない動き。

 

そして今も洋裁の先生として働き続けています。

 

そしてある日の夕食時、以前から耳にしていたある話題になりました。

 

その話題を初めて聞いた時は、私は耳を疑いましたが、母親はまじめにこう話したのです。

 

「今から喫茶店でもやろうかと思ってるねん」

 

その相談を受けた時は、最初「は?」と思いました。

 

76歳の老人が、今から事業を立ち上げる?

 

高齢で起業したことで有名なケンタッキーのカーネルサンダースでさえ起業したのは65歳。

 

その11歳もオーバーしている母親が今から事業を立ち上げようとしているのです。

 

最初は冗談かと思い私も

 

「周囲の高齢者の安否確認のためにやるのか?」

 

と質問。

 

しかし、母親は大笑いし、「安否確認!あんた、面白いこと言うな(笑)」と切り返してきたことから本気で商売としてやろうとしていることが分かりました。

 

私の兄も自営経験者、そして私はコンサルという職業柄、事業をどう立ち上げるかという話は大好物です。

 

それもあってか、すぐに話は詳細にまで及びました。

 

よくよく話を聞いてみると、経営者は母親ですが、実際の働き手は親戚。

 

そして深くまで話を聞いていくと起業の動機が見えてきました。

 

母親「○○ちゃんが今の働き先を辞めなあかんようになってん。せやから、働き先ないやろ~、だから私が喫茶店でもやろうかと思ってんねん」

 

(他人の心配してる場合か!なに雇用の維持に一役買って出とんねん!)

 

母親「それにこの近くにたいした事ない喫茶店が儲かってんねん。絶対に儲かるわ~」

 

(おっと!競合はしっかりリサーチしとんかい!さすが商売人)

 

聞けば聞くほど、軽いタッチで起業しようとしていますが、おそらく起業家というのはこれぐらいのパワフルさがないとできないのだろうと感心していました。

 

しかし、いつも感心するこのパワフルさ。

 

その源泉はどこにあるのだろうと考えていた時に、いつも見え隠れする母親の信念があります。

 

それは「子供には絶対に迷惑はかけない」という信念です。

 

親であれば誰でもと思うかもしれませんが、今の諸事情から考えると(詳細は語れませんが)そこまで信念を貫けるのか、と思わず思ってしまう。

 

そんな状況の中で、笑いながら事業を起こそうとしている姿勢に、強い生命力を感じるのです。

 

 責任を負うと力がみなぎる

 

 

 

 

 

ここ最近、責任を負う事を嫌がり、昇進・昇格を目指さない世代が出てきていると聞いています。

 

大変そうな上司を見て、管理職になるよりもプライベートを充実させたいと。

 

しかし、今後はAIが台頭してくる時代。

 

あまり悠長な事を言っていると働き口さえ失ってしまうかもしれない。

 

そして仕事に責任を負う事は、悪い事ばかりでもなく良いことも多々あります。

 

仕事が大変であったとしても自分自身がそれをコントロールしていると思える仕事をやった方がよっぽど充実するし、ストレスも少ない。

 

責任が他にある時は言い訳しか出てこないが、自分自身が責任を負うと工夫が生まれる。

 

もしあなたが、今、他人の愚痴ばかり言っているのであれば、そのストレスから解放される方法は100%の責任を持つこと。

 

そして100%責任を持つだけで、あなたのパフォーマンスは今よりも飛躍的に上がることは間違いありません。

 

巷の自己啓発のノウハウよりも、よほど簡単な方法。

 

一度は試してみても良いのではないでしょうか?

 

 

2018年01月06日コラム営業


【顧客の飽きを懸念するなら、ポジティブ情報とネガティブ情報を交互に話せ】

今日は30日。

 

多くのビジネスマンが28日や29日が仕事納めであり、今日は多くの方が休みに入っていると思います。

 

年末年始といえば、お笑い番組の特番が多く、「ガキの使い」や「芸能人格付け」などは多くの方がご存じの定番になっています。

 

私の一家は、夫婦で関西人からなのか家族全員で漫才やお笑いを見ることが結構あります。

 

つい先日もM1グランプリを家族全員で見ていました。

 

世の中にはお笑い芸人という方は無数にいますが、その中でもここ最近私を最も笑わせてくれる芸人は「小籔」です。

 

特に「小籔」の世間や人をけなすトークは、その極端な発想と表現がツボを突き、腹を抱えるほど笑ってしまいます。

 

そしてつい先日も小籔と兵頭のフリートークをYouTubeで何となく聞いていました。

 

その時のネタは「花見」を揶揄するトークです。

 

小籔「桜なんか毎年見ますやん。それで毎回同じでしょ!今年は赤とか来年は紫とかやったら分かるけど、何回見てん!みたいな感じですやん!」

 

兵頭「あかんの?別にええやん、毎回ベタなことしたらええんちゃうの?」

 

小籔「花見と言いながら花を見ている人いるか?」

 

兵頭「まあ、まあ、確かにおらへんけど」

 

小籔「君ら、花見という産業に踊らされてる!」

 

小籔「花見と言いながら、花を見ている人おらへんし。ブルーシートひいてサブいのに、ビール飲んで余計に体冷えるし」

 

兵頭「まぁ、確かにサブい時期が多いけど」

 

小籔「そんで、女の子がオイシないだし巻き作って、それ食べて。おかずの減りが偏ってるからそっちの弁当箱にも手つけよか~みたいな。何がおもしろいの?」

 

兵頭「別にええやん!」

 

なかなか文章では伝わりづらいのですが、「花見をここまで否定するか?」という意外な発想に思わず笑みを浮かべてしまったのです。

 

しかし、この小籔と兵頭の掛け合いですが、このパターンは良く耳にすることがあるパターンです。

 

漫才の典型と言っても良いほど。

 

なぜ漫才には、このボケとツッコミという立ち位置が存在し、自然と芸人はそれをやってしまっているのでしょうか?

 

 

 コントラストが話を飽きさせない

 

 

 

 

 

 

話を飽きさせない方法として「スパークライン」というある1つの型をご存じでしょうか?

 

これはナンシー・デュアルテが提唱したプレゼンテーションの1つの型です。

 

スティーブジョブズやキング牧師、レーガン大統領など、人を惹きつけるプレゼンテーターには共通する話し方が有り、その共通項を体系化した方が「スパークライン」というものです。

 

「現在の姿」と「未来の姿」を交互に話す。

 

ストーリー全体は「発端」「中盤」「結末」に分解して表現することができるなど。

 

その中でも最も強調して語られていたことが「コントラスト」を使う事。

 

数分間ごとに対比するような話を行い、そのギャップが大きいほど人は話に引き込まれていくそうなのです。

 

トップセールスが、あえて商品のメリットだけではなくデメリットも話すのは「スパークライン」という型の理論からいうと正解。

 

あなたも人に飽きさせない話をしなければならない立場にあるのなら「コントラスト」に意識を向けてみてください。

 

そして、そのギャップをどれぐらい広げる事ができるのか。

 

その探究心があなたの魅力を引き上げ、そして顧客から欠かせない存在になることは間違いありません。

 

 

2017年12月30日コラム営業