営業

【相手のメールには提案の勝敗を分けるキーワードが眠っている】

「あ~、その考え方、よく分かる!!」

 

つい先日、私はある営業と会っていました。

 

クライアントからの紹介で、ある仕組みを提供している営業マンと会う機会をもらったのです。

 

営業マンが弊社まで来てくれるというので面談は弊社の会議室で実施。

 

そしてその日のアポイントの時間となり、営業マンが来社してきました。

 

受付の女性スタッフから来社された旨を伝えられ、会議室に向かいました。

 

そして会議室のドアを開けると、その営業マンが会議室で座っている。

 

パッと見た目は、少し若い感じではあるものの若干の影を感じる人物。

 

数分間の雑談でもクールな表情で、普通の営業マンとは一線を画している感じ。

 

オモシロ、おかしく話すわけでもなく、へりくだる訳でもない。

 

至って自然といった感じでしょうか。

 

自然に、クールに話を進めてきます。

 

少し自分とは違うタイプのように見え、若干の警戒感を持ちつつ話を聞いていました。

 

そして数分間の雑談を終え、商品説明。

 

「無理に売り込むつもりは全くない」といった顧客を安心させるトークも卒なくこなし、取扱商品の話が始まったのです。

 

まずは会社案内から自社の社会的な信頼性をアピール。

 

そして商品の機能を丁寧に説明。

 

様々な利用シーンをいくつもの事例を挟んで説明をしてくれました。

 

紹介してくれている仕組みは、キュレーションサイトで上場企業の財務データが集約化されており、その情報を簡単にエクセルでダウンロードできます。

 

また、そのデータをグラフ化できる仕組みも備えており、非常に便利。

 

そして財務データだけではなく、いくつもの新聞記事から検索したいカテゴリーの記事を抽出してくれる仕組みも持ち合わせており、かなりの優れものです。

 

そんな商品の機能をいくつか紹介してくれたあと、その営業マンはおもむろに商品に対するこだわりを語りだしたのです。

 

営業マン「実は、私は過去にコンサルタントをしていて、外部環境の分析を死ぬほどやってきました」

 

水田「へ~、そうだったんですか?」

 

営業マン「でもこの外部環境分析はプレゼンをする相手である経営者には全く興味のない内容。しかし提案書を作成するにあたって外部環境分析は外す事はできない。だから無駄だと分かっていながら何時間もかけて、こういった情報から分析資料を作っていたのです」

 

水田「なるほど・・・」

 

営業マン「それがこの仕組みがあればたった5分ぐらいで作業が終了します」

 

水田「へ~」

 

営業マン「当時は労働時間も尋常ではなく、人の3倍は働いていましたね。3倍といっても定性的な3倍ではなく定量的な3倍です」

 

水田「定量的???」

 

営業マン「はい、よく若いのにしっかりしているねと言われることが多いのですが、それは当たり前の話です。なぜなら私は、前職でほとんど休みはなく徹夜が当たり前の環境で働いてきました。労働時間でいうと普通の人の3倍働いていました」

 

水田「労働時間が3倍ですか!」

 

営業マン「そうです。通常の人が30年かけて働く時間を10年でやったんです。できて当たり前ですよ」

 

水田「あ~、その考え方、よく分かる!!私もブラック企業で人の2.5倍ぐらいの労働時間だったので分かりますよ!」

 

営業マン「ノンバンク出身ですよね。ホームページで拝見しました」

 

水田「はい!5、6年しか営業やっていませんが、労働時間で考えると10年以上やっている人と同じってよく考えていましたよ」

 

営業マン「今ならあり得ない労働時間ですが、我々の世代は仕事ができない事がかっこ悪いと思っていましたので、そんな労働環境でも耐え得りましたね」

 

水田「いや~、その通りです!」

 

劣悪な労働環境の話になり、急にその営業マンと意気投合したのです。

 

気づけば、最初はとっつきにくいタイプの営業マンかと思っていたのですが、いつの間にか急激に距離を縮めていたのです。

 

 

類似性は強烈なツール

 

 

 

 

 

 

「似ている人を好きになりやすい」

 

これは類似性という心理効果です。

 

相手と出身が同じ、年齢が同じ、趣味が同じ。

 

何でも構わないのですが、相手との共通項が分かった時点で急に近しい関係に思えてきます。

 

なぜ似ている人を好きになりやすいのかというと、

 

似ている人=考え方も似ている=自分の考え方を承認してもらいやすい

 

といった連想から好意を持つのです。

 

そこで営業としては相手の考え方や価値観などを事前に捉えておくことができると有利。

 

その考え方や価値観を重んじるようにすれば、相手に受け入れられやすくなる。

 

では、そのような考え方や価値観をどこで見分けることができるのか?

 

実は、そういった価値観は常に口にしている情報は何なのかを注意深く見ていると何となく分かるものです。

 

相手のメールによく記載されているフレーズ、それは一体何なのか。

 

そういったところにもヒントは隠れているものなのです。

 

改めてお客様とのメールを見返して、常に繰り返し使ってフレーズはないのか?

 

要件のみの返信ばかりというのであれば、それはそれで結論ファーストな価値観を持っているのかもしれない。

 

そんな切り口でメールを見てみると提案が承諾されるヒントが見つかるのではないでしょうか?

 

 

追伸:私がお会いした営業マンは、このツールを提供している会社です。

興味があるという事であれば、いつでもご紹介しますよ。

※ちなみに紹介料などは一切もらっていません。

  • SPEEDA

https://jp.ub-speeda.com/

2018年09月15日コラム営業


【あたり前の基準を高めるためには、あたり前の基準が高い人と付き合うこと】

この写真は何の写真だか分かりますか?

 

そう、これは私の家の書斎にある未読の書籍たちです。

 

(書斎と偉そうに言いましたが、実は寝室にあるパソコン1台とわずかな作業スペースが確保できる備え付けの机の上です)

 

コンサルタントは商売柄、本を読むことは必然とされます。

 

あたり前の話ですが、情報(ノウハウ)を商売道具としている訳ですので、通常の人よりも豊富な知識を持っている必要があります。

 

そしてその情報源は本だけでなく、新聞や雑誌、そしてここ最近では知識の定着が良くなるという理由で小説なども読み始めています。

 

私たちが支援している営業組織、特に営業マンは本を読まないという噂をよく聞きます。

 

確かに私も営業マン時代は、そんなに本を読んでいませんでした。

 

(というか、長時間労働過ぎて読む時間よりも寝る時間が優先されていましたが・・・)

 

そんな、なかなか億劫になって本が読めない営業マンのために私がついつい本を読んでしまう仕掛けを提供します。

 

この方法は、あなたが私と同じ貧乏性であれば効果てき面です。

 

※ちなみに私はあまり参考にならないと感じていても最後まで本を読んでしまう派です。

 

その方法とは一体何か?

 

それは、、、

 

=================

「本を次々と購入してしまう事」

=================

 

です。

 

本を次々と購入すると、読んでいない状態が何となくもったいないような衝動に駆られます。

 

そしてその書籍の数がある程度の冊数、溜まっていると強迫観念にも駆られます。

 

「せっかく買ったのに読まないのか?金の無駄遣いだ!」

 

そんな言葉がどこからともなく聞こえてくるのです。

 

この『本を次々と買う』というのは少しコツがあり、未読の書籍が積み上がりすぎると逆に読む気が失せてしまいます。

 

(もしくは1冊1冊を適当に読むようになる)

 

ストックされた本の量を見て「早く読まねば・・・」と思える量が適正です。

 

そしてストックされた本を次々と処理していくと達成感も味わえます。

 

「10冊程度あった本が3冊まで減ってきた。おっしゃ!」

 

そして、そのタイミングになると書籍を強制的に追加購入するのです。

 

「くはっ!またアマゾンから書籍が・・・」

 

これを繰り返していくことにより、いつの間には本を多量に読むスパイラルに陥っていくのです。

 

 

意識よりも仕掛け

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中には億劫になって後回しにしてしまう事が山ほどあります。

 

例えば、先程のような自己啓発。

 

書籍を読めばビジネスにおいて有利になると分かっていても、ついつい後回しにしてしまう。

 

そんな事象は山ほどあると思います。

 

そういった場面に遭遇した時に、強い意識を持ってやれるという人間はそう多くはいません。

 

では、何だかんだで後回しにしてしまう行動を、どのようにして動機づけしていくのか。

 

それは

 

====================

意識に頼るのではなく、仕掛けに頼ること

====================

 

です。

 

朝起きられないなら目覚まし時計を使うのと同じように、外部の力を利用するのです。

 

本で知識を得ても使わないなら高額セミナーに通ってみる。

(もったいないという心理から使うようになる)

 

緊急性はないが重要性の高い仕事を、週末の午前中に計画する。

(もしくは、誰かに定期的にチェックしてもらい、指摘してもらう)

 

そしてあたり前の基準を上げたいなら、あたり前の基準が高い人とあえて付き合う。

 

意識して自分を高みに持っていこうと考えるのではなく、強制的にそうなる仕掛けを考える。

 

実はこの方が、なかなか身に付かない習慣を身に付けさせる最良の方法だったりするのです。

 

 

2018年09月08日コラム営業


【意思決定者にはインフルエンサー経由で情報を与えることが有効】

ここ最近、社内で『不毛な会話』というのが流行っています。

 

その不毛な会話とは、何の役にも立たないコミュニケーションをあえてやってみるというものです。

 

正直、第三者から見ればくだらなさすぎるという代物。

 

まず一例をあげると、悩みを持たないコンサルタントが相手の悩みを一刀両断するという設定で会話が繰り広げられていきます。

 

相談者「プールに行ったら体がかゆくなるのですがどうすれば良いですか?」

 

コンサルタント「行くな!」

 

相談者「最近、太ってきてお腹が出だしたのですがどうすれば良いですか?」

 

コンサルタント「走れ!」

 

コンサルタントでありながら相手の悩みの本質に全く触れず、解決になっていない解決策を提示するというやり取りです。

 

極めて不毛な会話です。

 

そんな最中、家庭でも不毛な会話がありました。

 

それは旅行話です。

 

私はいつも思いつきのごとく旅行に行こうかと言い出したりします。

 

その反応を見て家族が喜んでいるような表情を見せれば、私もテンションがあがり旅行に対するモチベーションが湧いてきます。

 

そして昨日もまた、思いつきのごとく旅行話を家族に振ってみたのです。

 

私「今度、沖縄旅行にでも行ってみようか?」

 

娘「う~ん」

 

私「いつ頃やったら行けるの?」

 

娘「分からん」

 

私「沖縄に行きたくない?」

 

娘「部活の休み、分からんし・・・」

 

私「普通、休み分からんとかじゃなくて、休んででも行きたいんじゃないの?」

 

旅行を提案して喜んでもらうはずの予定が、思ったような反応が返ってこなかったため、半ば説得じみた行為になってきました。

 

こちらもコンサルタントをやる前は営業として実績を上げてきました。

 

そして今はコンサルタントとして営業に関するノウハウも体系化できています。

 

人が説得される要素をいくつも知っており、そのノウハウを総動員することを考えたのです。

 

社会的証明で行くか?年間の沖縄への旅行客数は?良く分からん・・・

 

それならウィンザー効果?誰の声を披露する?そういえば横山さんが今沖縄旅行に行っていたっけ?でも、まだその土産話は聞いていない・・・

 

いや、希少性の原理を使ってあえて「旅行をやめようか」といってみるか?しかし、潜在客にこれは効きづらいか・・・

 

それともベネフィットを伝えて、沖縄旅行の素晴らしさを想像させるか?

 

いや、旅行でありながら損失回避性で攻めてみるか?

 

そしてその時、ふと思ったのです。

 

お金を出す側なのに、なぜこんなに必死になっているのだろうか・・・

 

 

意思決定者は何を気にしているか

 

 

 

 

 

 

先日読んだある書籍で興味深いことが載っていました。

 

それはB to Bにおけるキーマン戦術です。

 

その書籍には以下のような事実がデータと共に提示されてありました。

 

・意思決定者は、個人からではなく組織から買うと考える傾向にある。

・逆にインフルエンサー(意思決定に影響を与える人)は販売員(個人)を重視する。

・意思決定者はサプライヤー企業に対する社内の幅広い支持が、意思決定において最も大きな関心事

 

この事実を元に、インフルエンサーから情報をもらって決裁者を説得するのではなく、インフルエンサー経由で説得してもらう事の方が有効であると提示したのです。

 

誰を押さえなければならないか。

 

その手順や誰を起点とするかは、B to Bその中でも大企業を相手にしている営業担当者には極めて重要な話です。

 

なかなか予材が前に進まないと考えているのであれば、一度押さえるべき相手は誰かを考えてみると思わぬ気づきに出会えるかもしれません。

 

 

2018年09月02日コラム営業


【断り文句の中に顧客になり得るかどうかのヒントが隠れている】

先日の台風でのこと、、、

 

今週大きな台風があり、各地で大きな被害が出ていました。

 

私はちょうど台風が日本列島を直撃する時に、松山に出張。

 

木曜日に研修を実施するため、前日の水曜日に松山入りしていました。

 

水曜日は非常に天気も良く、台風がこのあと来ることを微塵も感じさせません。

 

私は木曜日の研修を終えたら、その足で飛行機に飛び乗り大阪へ移動する予定でしたが、移動できるのかどうかが怪しくなってきました。

 

水曜日に宿泊するホテルに向かいネットで天気予報をチェック。

 

松山のクライアントから台風の際に、飛行機だけではなく瀬戸内海を走る電車もストップすることを聞いていましたので、よくよく大阪移動が厳しく感じてきました。

 

また、テレビをつけると相当の豪雨の台風が来るとのことで翌日は早々に帰宅することを促していました。

 

その状況を見て木曜日に大阪に移動することは不可能と感じ、部下に連絡。

 

金曜日の大阪でのミーティングをリスケしてもらうようにお願いしたのです。

 

どうやら松山にもう一泊することになりそうだなぁと思っていたら、ふとある事が気がかりになりました。

 

「そもそも明日、研修していいのか?」

 

研修の終了予定時刻は17:00。

 

木曜日の17:00頃に松山・・・

 

台風大直撃の最中ではないのか?

 

そんな事にふと気づいたのです。

 

私はクライアントの会社から程なく近い場所に宿を取っていたため、すぐに非難することはできます。

 

しかし、研修参加者は帰ることができるのか?

 

そもそも、そのタイミングで研修しようとしている弊社のモラルを疑われるのではないか?

 

そう思い、先方の取締役に急遽連絡したのです。

 

水田「もしもし、明日の研修ですが実施して大丈夫ですか?ニュースでは早めの帰宅を促していますので少し心配になりまして・・・」

 

取締役「こちらの事は全く心配ありません。予定通り実施してください」

 

え?本当に大丈夫なの?????

 

なぜ、そんなに確信を持って大丈夫といわれているのか、全く意図が掴めません。

 

もしや天気予報士の資格を持っている?

 

いやアンチ天気予報士なのか?

 

天気予報を信じて苦い経験がある?

 

様々な事が脳裏を過りましたが、まぁ先方の許可があれば良いかと思い、翌日、予定通り研修を実施しました。

 

午前中は特に台風の影響もなく逆に晴れている。

 

ひとまず安心。

 

しかし、夕方ぐらいには影響が出るのではないか・・・

 

そう思っていましたが、その時刻になっても風もたいしたことありません。

 

水田「う~ん・・・台風の影響あまりないですね」

 

先方部長「松山は山に囲まれているので風も来ないんですよ」

 

水田「山に囲まれている・・・」

 

後日、ネットで検索すると松山は九州山地、四国山地に囲まれているとのことで台風の影響は過去にほとんどないとのこと。

 

災害の少ない町としても有名なことを初めて知りました。

 

水田「そうか、あの自信はそういう事だったのか・・・」

 

台風直撃している暴風域にいながら全く台風を感じない1日を過ごしてしまったのです。

 

 

言葉の裏を読め

 

 

 

 

 

 

言葉には多くの場合、裏の意図が隠れていることがあります。

 

営業で言えば、「お客様の断り文句」。

 

この裏には多くの意図が隠れています。

 

そして、断り文句はその後の『戦術』を決定してくれる要因となり得ます。

 

あなたならこの断り文句をどう捉えますか?

 

「うちの会社の規模では必要ないですよ」

「今はとても財政的に・・・」

「上と相談してみませんと・・・」

 

トップセールスはこういった断り文句の裏に隠れる意図を正確に捉え、次への戦術につなげています。

 

ちなみに私ならこう解釈します。

 

「うちの会社の規模では必要ないですよ」→使いこなせないリスクを感じている→フォロー体制の充実を訴えかける。

 

「今はとても財政的に・・・」→高いと感じているが金額を下げても無駄→金額に対する認識を変えないといけない。

 

「上と相談してみませんと・・・」→変化に対するリスクを負いたくない→上と会わなければ話は進まない。

 

など。

 

あなたならどう解釈しますか?

 

お客様の断り文句には次の戦術につながるヒントが隠れています。

 

断り文句に頭を抱えていないで、注意深く聞くことを強くお勧めします。

 

 

2018年08月25日コラム営業


【考える時は漏れなくダブりなく、伝える時は伝えるべき事だけ】

私は今、小説を読んでいます。

 

「え?私に小説は似合わない?」

 

そんな事は私が一番よく分かっています。

 

まぁ、似合う・似合わないは別として、なぜ書籍を読んでいるのかというとあることがきっけかになったのです。

 

そのきっかけとは、先日もご紹介した速読の動画です。

 

この動画の中で、知識を頭の中に定着化させていくために重要な事があると語られていました。

 

それが、「様々なジャンルの本を読む」という事です。

 

実は、ある特定のジャンルの本を読み続けるよりも他のジャンルの本を読み、その中で知識と知識が有機的につながるという作業を行った方が、見識が高まるという話がありました。

 

その話を聞いた時に、私は確かにそうだと感覚的に理解したのです。

 

なぜなら過去、資格試験の勉強をしていた時に全く違う科目だと思って勉強していた知識が、最後に有機的に結びつくという体験をしていたからです。

 

そして、そんな言葉に触発されて小説を読もうと思ったのです。

 

しかし、小説を読むなどいつ以来でしょうか?

 

これまで数々のビジネス本は読んできました。

 

営業本に始まり、マーケティング、心理学、古典的な書物(競争の戦略、企業参謀など)、ロジカルシンキングに、金融経済、財務、自己啓発など。

 

マニアックな所でいけば、与信管理や債権管理の本など。

 

これまでビジネス書の様々なジャンルに興味を持ちましたが、小説に至っては手に取った記憶すらありません。

 

おそらく小学校の読書感想文・・・以来か?

 

そんな事を考えながら小説を読んでみたのです。

 

小説を読み始めると思いもよらなかった気づきがさっそくありました。

 

これは小説家特有なのでしょうか?

 

非常に描写が細かい・・・

 

そのシーンを想像させるためなのか、描写が非常に細かく、その情景をありありと思い描くことができます。

 

このような文書を読んだ時に、すぐに想像がついたのが「メルマガの文章術の参考になる」という発想でした。

 

小説とビジネス本との大きな違いは、この伝え方のうまさ。

 

ビジネス本では様々なノウハウを掲載するため、多くの情報量を提供してもらった印象は残ります。

 

しかし、具体的に記憶に残る文章はほんの一部。

 

なかには読んだ記憶だけあり、中身は覚えていないという本もあります。

 

ただ、小説に関しては多くの部分が記憶に残っています。

 

様々なシーンを想像させ、ありとあらゆる印象を残していく・・・

 

そして、最後に伝えることはワンメッセージ。

 

この構成が味わい深く、脳に深く刻まれる作りになっているのです。

 

こんな事を考えていると、さっそく他の知識と有機的につながる体験をしました。

 

その知識とは「人生を豊かにするためには10%の専門知識と90%のコミュニケーション力」といったブライアントレーシーの言葉。

 

そして大富豪の仕事術にも似たような内容がありました。

 

ブライアントレーシーの言葉や大富豪の仕事術を読んだ時には、「まぁ、そうだよね」ぐらいにしか感じる事ができませんでしたが、今はその意味が良く分かります。

 

伝える力を鍛えなければならない。

 

小説を読んで改めてそう気づかされたのです。

 

 

提案書に盛り込むべきはワンメッセージ

 

 

 

 

 

 

高額な商材、特にB to Bの営業をしているのであれば提案書を書くというケースはよくあると思います。

 

提案書に何を盛り込むべきか。

 

世の中には様々な書籍があり、多くの場合ロジカルシンキングと絡み合ってくることが多いと思います。

 

顧客の課題を整理するにはMECE(漏れなくダブりなく)で考えなければならない。

 

しかし気をつけるべきはMECEで考えることは重要ですが、それを全て相手に伝えるかどうかは別の話。

 

漏れなくダブりなく考えたという思考プロセスを伝える事は重要かもしれませんが、全てを話すと何が言いたいのかよく分からなくなる。

 

あなたの提案は大丈夫ですか?

 

漏れなくダブりなく情報を伝える事よりも、相手に何を伝えたいのか・・・

 

そしてそれが伝わる構成になっているのか。

 

独りよがりの提案にならないためにも、伝え方の重要性を小説といった違った角度から学ぶのも良いかもしれません。

 

 

2018年08月18日コラム営業