営業

【行動することに何の資格も必要ない】

先日の八ヶ岳の研修旅行でのこと。

 

弊社は毎年5月の時期に社内研修を実施します。

 

2泊3日で行われるこの研修は、アクティビティを通したチームビルディングを行う事と、ここ最近では若手コンサルがセミナー講師となって登壇する前の登竜門として使われることが多くなりました。

 

当社のコンサルメンバー相手にセミナーを実施して、講師力を鍛えるというものです。

 

いつもは今後講師業を行うべきコンサルタントを人選して、テーマを与えて実施していました。

 

しかし、今回は誰かが指名されるのではなく、1名のコンサルタントが自ら名乗り出たのです。

 

「是非、私にやらせてくれ」と。

 

当社の組織は、積極的な提案は受け入れられる文化があり、その提案はすぐに採用されました。

 

しかし、このセミナーは実は生半可なものではありません。

 

当然ながら、聴衆は全て先輩コンサルです。

 

豊富な知識量、豊富な講師経験、豊富な現場経験を持っているものがほとんど。

 

生半可なセミナーでは当然満足できないものが多い中、セミナーを開催しなければならない。

 

また、合宿前には当社代表の横山からプレッシャーのメールが送られます。

 

社内だからと思って中途半端なセミナーを実施することは許されないと。

 

そんなプレッシャーの中、セミナーはスタートしました。

 

最初は営業コンサルらしく、引き締まった挨拶から始まり、そして本題に展開。

 

本題の内容は、どこかの書籍からかき集めたような「ありきたり」なものではなく、自分の経験に基づいたノウハウが整理されていました。

 

話の展開は、そのノウハウを実施すべき「理由」、得られる「効果」、活用すべき「6つのノウハウ」という流れに展開され、そして事例や例え話を使って、その1つ1つが丁寧に解説されていったのです。

 

セミナー終了後のフィードバックでは、「話のメリハリ」や「語られるノウハウのレイヤーが違う」など指摘が入りましたが、明らかに今回のセミナーを見ていて相当な準備をしてきたことは分かりました。

 

そしてその準備をしてきたことで明らかにこのコンサルは成長したし、そして厳しいフィードバックを得ることによって、今後、確実に成長していくことが容易に想像できたのです

 

あの時に名乗り出なかった場合と比較して、圧倒的な成長の差がついたことは間違いないのです。

 

  行動することに何の資格も必要ない

 

 

 

 

 

 

昔、ある本を読んで非常に興味深いことが書いてありました。

 

その本の著者は億万長者を何人も生み出しているコンサルタント。

 

その書籍の中に、こんなことが書いてあったのです。

 

「億万長者には極めて平凡な人間も多いという事を知っていたら、もっと大勢の人が億万長者になれるのに、といつも思う」

 

「私が関わってきた億万長者になった人は、街角のコンビニ店員と大差ない人ばかりだ」

 

「正直言って彼らは皆、どうひいき目に見ても職場で抜きん出る存在ではない」

 

「ただ、彼らは大多数の人がやろうとしないことを『実行』した。ただ、それだけだ」

 

成功する人は行動している。

 

どうしても会社という組織に属していると「私にはそんな事をやる資格はない」や「その仕事は別部署の仕事」、「それは上司(経営陣)が考える仕事」などと線引きする人がいる。

 

しかし、線引きして行動しないことは簡単だが、行動しないことが成長を鈍らせている。

 

日本人は相手を思いやり遠慮するという素晴らしい文化はあるが、相手を思いやっているフリをして、ただ面倒くさいから行動しないという事も多い。

 

いつの間にか周りが圧倒的に追いつけない存在になる前に、自分自身が行動を起こせているかどうかを今すぐセルフチェックすること。

 

そしてどんな結果になろうが、行動することが成功を引き寄せる最も重要な要素であることに早く気付くべきなのである。

 

 

追伸:今は当社も成長期にあり、研修旅行を行うたびに社員数が増えていくことがうれしいです。

 

来年、再来年の同時期にはどんなメンバーが入っているのか。

 

新たな仲間が増える度に私も良い刺激を貰うことができます。

 

2017年05月14日コラム営業


【物事は表裏一体。一見デメリットに見えても必ずメリットに変換できる】

GW中、仕事をしているとある一本の電話が鳴りました。

 

番号表示を見てみると携帯番号。

 

誰かと思い取ってみると、見知らぬ男の声が、、、

 

案の定、投資不動産会社の営業電話でした。

 

「あ~、どうしよう。今、仕事中なのに」

 

「面倒だな~、どうやって断ろうかな~」と考えていると、珍しく営業マンのトークがうまい!

 

これまでトークスクリプトが棒読みだったり、何を言いたいのかよく分からなかったりした営業マンが多かった中、かなりうまく話している。

 

少し興味を持った私は、その営業マンのトークを少しの間、聞くことにしました。

 

営業マンは次々と情報を伝えてくる、そんな中、私は無機質な返事をしてみました。

 

「ふ~ん」「ほ~」「そうですか」「はぁ」

 

しかし、この営業マンはかなりメンタルが強いのか、こんな無機質な返事にも負けずに次々とトークを打ち込んできます。

 

「この営業マン、なかなかやるな~」

 

この営業マンをかなり気に入った私は、ついついラポールを構築する話題を話してしまいました。

 

私「この電話営業ってきつくないですか?」

 

営業マン「きついっす!いや~、マジきついっすよ」

 

私「いや、僕も昔、同じような営業してたんですよ」

 

営業マン「えっ、そうなんですか?まさか不動産系じゃないですよね」

 

水田「いえいえ、不動産系ではないです。ちなみに私が営業していた時は200本に1本ぐらいで見込み客が発掘できていましたが、今はどれぐらいですか?」

 

営業マン「うちはだいたい100本に1本ぐらいですよ」

 

水田「へ~、なかなか高確率ですね」

 

営業マン「最近、投資不動産の認知も上がっていますし、物件見に行って即決される方もいますよ」

 

こんな事を話していると、私の中である欲求が湧いてきました。

 

この業界の営業スタイルをもっと知りたいと。

 

そして、この営業マンとテレアポ以外の営業方法や反響営業の反応率、一度アポを取ったお客様の追客をどうしているのかを、散々、聞き続けたのです。

 

そうしていると、営業マンも負けじと仕事の話に引き戻そうとしてきて、年収を確認してきました。

 

もう少し話を聞きたいと思った私は、

 

「年収の話は、今すぐは伝えられません」

 

というと、見切りをつけられたのか。

 

営業マン「じゃあ、これ以上、話をしていてもお互いに時間の無駄ですね」

 

と言って切られてしまいました。

 

水田「あ~、切られた!深入りしすぎたか、もう少し営業マンのトークを聞きたかったのに」

 

しかし、よくよく考えてみると営業をかけられる体験って本当に貴重です。

 

なぜか人は、営業をかけられると本能的に拒否してしまいますが、こんな貴重な体験は他にありません。

 

よくセミナーをしていると受講者の方は、事例を欲しがります。

 

なぜ事例を欲しがるのかというと、分かり易いからです。

 

理論を語られるよりも実際の営業トークを聞いた方が分かり易い。

 

そして多くの方が事例を欲しがりますが、営業をかけられるというこの体験。

 

これこそまさに事例。

 

こんな考えが及んだ時に、私はなぜ営業を仕掛けられている時にメモを取らなかったのかと後悔しました。

 

 デメリットとメリットは表裏一体

 

 

 

 

 

今回、営業を仕掛けられるといった一見デメリットに思えるような事象も、見方を変えるとメリットだったと気づくことがあります。

 

これは商品でも同じことが言えます。

 

一見、商品のデメリットだと思えるようなことでも、見方を変えるとメリットに転化することができる。

 

例えば、私は前職でノンバンクという業界で融資を担当していましたが、その金融商品のデメリットは「金利が高い」。

 

しかし、この「金利が高い」も見方を変えるとメリットに転化することもできます。

 

金利が高いからこそ、融資を受けることに慎重になる。

 

慎重になるから余計な融資を受けようとしない。

 

本当に必要な分だけを借りようとする。

 

金利が高い分だけ、使い過ぎの抑制が働き、過剰な資金調達をしなくなると。

 

デメリットとメリットは表裏一体です。

 

あなたが自社の商品は他社に劣っていると思っているのなら、その見方を少し変えてみてください。

 

これまでデメリットと思っていた特徴が、もしかすると大きなメリットを提示できる特徴に化けるかもしれません。

 

 

2017年05月06日コラム営業


【ステータスに意識すると営業はやりやすくなる】

「医者のように働く。自分の腕に自信があることを見せて信用を得る。問題を総合的に診断し、拒絶される不安や躊躇なしに処方を行う」

 

これはマーケティングの権威であるジェイエイブラハムの言葉です。

 

ジェイエイブラハムというとマーケティングコンサルタントとして非常に有名なコンサルタントで、「ハイパワーマーケティング」などの名著を残している方です。

 

マーケティングに携わっている人で、この人物を知らないという方は、はっきりいってモグリといっても良いほど有名な人物です。

 

そのジェイエイブラハムが、「コンサルティング営業を成功させる10の原則」でこのような名言を残していました。

 

この名言の中で、私がいちばん目を惹くのが「拒絶される不安や躊躇なしに」という言葉です。

 

先日、営業マン向けのセミナーを行っていると、私のある言葉にほとんどの参加者が反応しました。

 

「お客様に予算を聞いた後、予算を超えた場合に検討の余地があるか、ないかを聞いていますか?勝手に聞いた予算を下回る提案を出すべきだと思っていませんか?」

 

こうお伝えすると、参加者の90%の方がうなづきます。

 

多くの営業マンがお客様から予算をしっかり聞くことを躊躇します。

 

「予算の上限を聞いたら目いっぱい提案してくるだろうと警戒されて信用をなくすのではないか?」

 

こんな不安から予算を聞くことをためらってしまうのです。

 

営業マンには目標を達成しなければならない使命があり、任務があります。

 

その使命感が強い人ほど、案件をなくしてしまう恐怖から、様々なシーンで確認することに躊躇するのです。

 

この時の営業マンの思考は、少し言いすぎかもしれませんが、お客様からお金を恵んでもらうかの如く。

 

ステータスは極めて低い。

 

しかし、この躊躇が商品提案の際のエラーを増大させています。

 

予算を明確に確認していないので、変に安売りする。

 

安売りするがあまり、顧客が本当にして欲しいことを満たすことができずに失注となる。

 

返事をもらう時期を確認しないので、いつの間にか他社に発注が流れている。

 

自分自身のステータスを下げれば下げる程、相手とのコミュニケーションエラーを引き起こし、逆に失注の山を積み上げることになるのです。

 

 ステータスを上げてみる

 

 

 

 

 

 

 

営業を実施する上で、ステータスを下げる行為は、ほとんどの場合プラスになりません。

 

逆にステータスを上げる事を考えて営業活動するとプラスになることばかりです。

 

例えば、ステータスを上げる行為というのは、医者と患者をイメージすると分かりやすいかもしれません。

 

・容体を確認してから診断する

・病院に来てもらう

・次の診察日をある程度、指定する

 

これを営業に置き換えると、

 

・現状を確認できないと提案できないことを伝える

・来社してもらう

・次回アポイントをある程度、こちらの都合に合わせてもらう。

 

まず、現状を確認しないと提案できない事を伝えるのは商談の主導権を獲得する上で非常に有効です。

 

営業をやったことがある人なら経験があると思いますが、相手の現状が分からないまま提案すると否定されることが多く、否定の数が増えれば増える程、商談は劣勢になります。

 

また、もし来社していただけるようなら、これほど訪問効率がよくなることはありません。

 

そして、次回のアポイントもこちらの都合に合わせてもらえることができるのであれば、これまた訪問効率が良くなります。

 

そして、結果的に来社してもらう事や、次回のアポイントをこちらの都合に合わせてもらえなかったとしても、忙しい営業マンという印象は顧客に残り、プラスに作用するはずです。

 

そして何よりもステータスを上げる事を意識していると、お客様に躊躇なく確認することができるようになります。

 

躊躇なく情報を確認することによりコミュニケーションエラーが少なくなり、それに伴って提案の失敗も飛躍的に下がっていく。

 

ステータスを上げる行為に何があるのか。

 

一度考えて実践してみると、大きな変化が起こることは間違いありません。

 

 

 

2017年04月29日コラム営業


【雑談で擬音語を多用すると、話が盛り上がる】

「水田さんはスタバ好きですよね?」

 

先日、ある営業マネージャーとドトールの話題で盛り上がっていたら、急にそんな事を言われました。

 

「なぜ、私がスタバ好きだと知っているんだ?そんなこと話した記憶はないぞ?」

 

と不思議に思っていると、よく考えたら先日スタバを題材としてブログをアップしたことを思い出しました。

 

ブログ作成にはWord Press(ワードプレス)を使用しているのですが、ここ最近、このシステムがバージョンアップされて非常に使いやすくなりました。

 

昔は、こちらが求めているフォントサイズにできずに、異常に小さなフォントか、ちょっと大きすぎるフォントサイズにしかできず、若干ストレスを感じていました。

 

フォントが小さすぎると読みづらいし、フォントが大きすぎても「おじいちゃん向け?」みたいなブログになるからです。

 

それが数か月前のバージョンアップで、ちょうど良いフォントサイズに設定することができるようになり、かなりストレスが無くなりました。

 

相手に文章で何かを伝える時は、このフォントサイズや行間というのは非常に重要です。

 

よくビジネス上で使っているメールでも、文章を見た瞬間に読みづらいと感じるメールがあります。

 

例えば、行間を全く空けずに文章を詰め詰めに書いてあると、文章の塊を見ただけで読む気が失せます。

 

同じ内容でも、できるだけ1センテンスを短くして、かつ行間をあける。

 

たったこれだけでも非常に読みやすい文章に生まれ変わるのです。

 

そして更に言うなら、情景が浮かぶような文章の書き方をすると、更に読まれる可能性は高くなります。

 

例えば、

 

「カミナリが鳴った」

 

と書くよりも

 

「雲が徐々に黒味を増していき、そして雲の後ろから電流が走ったような光を見た瞬間、黄色いカミナリが地面に一直線に・・・」

 

と書いた方が文書に引き込まれやすくなります。

 

解説書よりも小説の方が話に引き込まれやすくなることを想像していただくとよく分かると思います。

 

私もまだまだ勉強中ですが、文章の表現を少し変えるだけでつまらない文章が興味深い文章に変わるのです。

 

 少しの表現の違いで伝わり方が変わる

 

 

 

 

 

これは、営業の雑談でも同じようなことが言えます。

 

同じありきたりな話でも少し表現を変えるだけで、おもしろい話に変わっていきます。

 

「オノマトペ」という言葉はご存じでしょうか?

 

これはフランス語で、音や感情の様子を表す「擬音語」の事を言います。

 

「人志松本のスベらない話」などで、よく芸人がおもしろい話をしていますが、芸人はいつも特別なおもしろい体験をしている訳ではなく、誰もが経験するような話を、表現を変えることによっておもしろくしているのです。

 

「雨が降って来た」ではなく「雨がドッパーーって降ってきて」とか、「竹を割ったら」ではなく「竹をパッカーンと割ったら」などの擬音語をうまく使いこなし、話を盛り上げているのです。

 

このオノマトペ(擬音語)はイメージを直感的に沸かせる効果があります。

 

また、普通の動詞や形容詞などを聞いた時よりも、脳が活発に動くというデータもあります。

 

その場の情景を鮮明にイメージさせることにより話に引き込み、なかなかおもしろいヤツだとお客様に思っていただけるのです。

 

あなたが雑談で、他よりも抜きん出た存在になりたいのであれば、一度このオノマトペを使ってみてはいかがでしょうか?

 

2017年04月22日コラム営業


【AIに代替できないものは関係性。関係性が今後も最大の資産となる】

囲碁や将棋の世界で、AIが人間に勝利したことをきっかけにAIの話題が世間をにぎわせています。

 

そんな中、AIに代替される職業について多くのところで解説されており、自分自身の職業が危うくないかなど思わず見てしまうことがあるのではないでしょうか?

 

巷で代替されると予想されている職業は、「銀行の融資担当者」を初めとしたオックスフォード大学、マイケル・A・オズボーン准教授が提示した職業一覧が有名です。

 

しかし、そのような一覧がなくともシンプルに考えると、まずなくなる職業は何となく分かります。

 

まず、その最初にあがるのは単純作業の職だと思います。

 

工場の作業員など、一定の作業を繰り返し行うような職については、AIが最も得意とする分野であると思います。

 

そしてその次に正確性が何よりも求められるような、経理担当などもAIが代替する可能性が高いと推測できます。

 

人は、疲れている時や心理的な不安を抱えている時にミスをしてしまうことが多いですが、AIにそのような心配はいらないからです。

 

また、自動運転装置などの開発がどんどん進んでいる背景からも、トラックやタクシーの運転手も代替される可能性が高いと予想できます。

(運送業の人手不足からも、ここはいち早く着手すべきだとも思います)

 

では、逆にどのような職業がAIに代替されないかと考えると、以下のような職業が想像されます。

 

まずは、「人間味が大事な職業」。

 

旅館のスタッフや小料理屋、幼稚園や小学校などの先生も代替される可能性は低いのではないでしょうか?

 

小料理屋の大将に「最近の俺は踏んだり蹴ったりだよ・・・・」と愚痴をこぼした時に、全てを察した笑顔はAIにはできない芸当です。

 

そして他には、「コミュニケーションが価値となる職業」

 

例えば、営業マンやカウンセラー、そして医者や看護師、介護士などもそれに該当するのではないかと思います。

 

値引き交渉をしているのに、機械的に「もうこれ以上は安くなりません」と言われても腹が立ちます。

 

「もうこれ以上安くできない」を、いかに演出するか。

 

申し訳なさそうに「もうこれ以上は安くならないんですよ・・・」と言った方がお客様としても納得がいくのではないでしょうか?

 

ここまで無作為に、AIに代替される職業と、代替されにくい職業をあげてきましたが、その境界線を一言でいうと、いったい何なのでしょうか?

 

AIが唯一、代替できないものは「関係性」

 

 

 

 

 

 

人間にあってAIにないもの。

 

やはりそれは感情や共感を通して得られる「つながり」ではないでしょうか?

 

例えば、訪問したお礼状をAIからもらったとしても、どこかそれは計算されて送ってこられたような印象を受けるため、あまり価値を感じません。

 

また、いくらコミュニケーション技術や表情を精密にしたとしても、相手がロボットであると考えると、気持ちのどこかで不足感を感じると思います。

 

また、そこを精密にするために、莫大な費用と労力をかける意味もあまり見出すことができません。

 

となってくると人がフォーカスして価値を生み出していける場は「関係性」。

 

そして、今後はAIという技術が発達して、多くの職業が人間からAIに代替されればされるほど、人とのつながり・関係性の価値は大きくなり、人的な関係性を重要視した企業がより発展していくのではないかと思います。

 

 

2017年04月15日コラム営業