マーケティング

【人は買うのが好きという事実を知れば、今の思い込みは払しょくされる】

「う~ん、どれにしようか?」

 

昨日、バレンタインデーのお返しを買いに高島屋に行きました。

 

ホワイトデーは3月14日。

 

日にちは3日程過ぎているのですが、3日間出張続きだったため家族にお返しができていなかったのです。

 

ウチには妻と2人の娘。

 

毎年、バレンタインにチョコをもらっています。

 

最近では女の子同士でチョコを渡しあっている様子で、父親へのチョコはかなりついで感満載ですが、まぁ貰えないよりはマシ。

 

娘から一度チョコを貰えなかった年もあり、その原因がお返しをしていなかった事にあるのではないかと特定してからは常にお返しをするようにしているのです。

 

早速、向かったのは高島屋。

 

地下に降りるエスカレーターに乗り、お菓子エリアに向かいました。

 

何店舗かのショーウィンドウを眺めた後、目に入ったのが「グラマシーニューヨーク」。

 

ここのお菓子は家族に好評だったことを思い出し、ケーキをここで買う事にしたのです。

 

私はあまり甘いものが好きではありません。

 

嫌いな訳ではないのですが、積極的に食べたい欲求は皆無といっても良いかもしれません。

 

なのでケーキを選ぶといっても、周囲にいる女性たちのように目を輝かせながらケーキを選ぶことはなく、データ処理するかのように選択します。

 

「う~ん、娘は基本チョコ好き。チョコ系のものをいくつか買っていけばリスクは低いか?でも毎回チョコばっかり買っているような気がする。そろそろ飽きるか?」

 

このケーキにおいては他者視点が全くありません。

 

ケーキ好きじゃないため、ケーキ好きな人がどのような視点でケーキを選択しているのか全く分からないのです。

 

そしてショーウィンドウの奥を見るとチーズケーキが。

 

店舗経営の原理からすると回遊率を上げるために一番奥に人気の商品を持ってきているはず。

 

という事はこのケーキは人気の商品ではないか?

 

しかも新商品らしきストロベリーチーズケーキというものがある。

 

新商品は心理欲求からすると効果的・・・

 

そんな事を考えながらストロベリーチーズケーキを選んだのです。

 

他者視点がない商品カテゴリーで、商品を選択するのは大変です。

 

あらゆる知識を総動員して喜ばれる可能性を高めるという作業を行いました。

 

少々疲れた感がありましたが、商品名を店員にコールし、該当商品を購入。

 

そしてお金を支払い、ケーキを手にすると何やら満足感を得たのです。

 

買ってやったぞ!

 

なぜか購入したことに満足感と達成感を得たのです。

 

 

買い物=快楽

 

 

 

 

世の中には衝動買いというものがあります。

 

ストレスが溜まってくると、そのストレスを解消するために衝動買いをするのです。

 

そして行き過ぎたものとして『買い物中毒』というものもあります。

 

これは自分にとって不必要であったり、もう既に似たようなものを所持しているにも関わらず商品を購入してしまう行為です。

 

人にとって買うという行為には中毒性があるぐらい快楽を伴うものなのです。

 

営業マンには売るという事に躊躇する人が多く存在します。

 

売ることは悪い事であるというメンタルブロックの元で。

 

しかし、よく考えてみてください。

 

人は買う事に快楽が伴う動物。

 

快楽というのはある意味幸せとも言い換える事ができるかもしれません。

 

そう思うと営業という仕事は、幸せを運ぶ青い鳥。

 

何もセールスを躊躇する必要はありません。

 

あなたは多くの人に幸せを提供できる仕事に就いていることをちゃんと認識すべきなのです。

 

 

2018年03月18日コラムマーケティング


【ニッチとサブカルチャーに勝機あり】

東京でのランチにて、、、

 

先日、東京でスタッフとランチに行きました。

 

煮魚、刺身がついて1000円という分かりやすい価格設定のお店でランチをしながら、ある話題で盛り上がったのです。

 

その話題とは「ディズニーランド」。

 

私が近々、ディズニーランドの旅行に行くということもあり、ディズニーランドに詳しいスタッフに攻略法を学ぼうとしたのです。

 

効率的にアトラクションを回る方法に始まり、ドナポジという言語の存在。

ドナポジ・・・パレードでドナルドが立ち止まるポジション?

 

そして私が言いづらそうに「エレクトリカルパレード」と言っていると、

 

「Eパレですか?」

 

と一言。

 

そんな簡略化された言葉があるのか?と驚きながらその恐ろしいぐらいの知識量に感心していました。

 

そんなスタッフも私がディズニーランドホテルに泊まるとの話に、すごく羨ましがっていました。

 

しかし、正直な話、現時点でもディズニーランドホテルに泊まる価値が私にはいまいち理解ができません。

 

ディズニーランドで遊べばギリギリまで遊ぶでしょう。

 

そうなるとホテルの活用価値としては睡眠と朝食ぐらい。

 

そして翌日もディズニーで遊ぶとなれば、チェックアウトは朝早くなり、その滞在時間は非常に短いものに。

 

確かにディズニーランドの開園15分前に入れるというメリットはあるかもしれませんが、それだけであの価格設定は・・・と思わずため息が漏れるのです。

 

夢の中までミッキー・・・

 

私も中学の修学旅行で初めてディズニーランドに行って以来、その楽しさは十分に理解しています。

 

その後も結婚してから2回ほど行っているでしょうか。

 

確かにアトラクションは楽しいし、至る所に盛り上がれる仕掛けが打ってあり、他の遊園地は別格の要素があることは理解しています。

 

しかし、高額なホテル料金を払ってまで「夢の中までミッキー」を実現しなくとも・・・と思わず思ってしまうのです。

 

世の中にいる「夢の中までミッキーを実現したい」という少数派によって引き上げられた価格設定に泣く泣く支払う羽目になっているのです。

 

 

「高くても払う」を実現する方法

 

 

 

 

 

 

高額な料金を受け入れてもらうためには何が必要なのでしょうか?

 

「商品やサービスの品質を高める?」

 

確かにそういった方法もあるかもしれません。

 

しかし、もっと簡単に高額な料金を受け入れてもらえる方法があります。

 

それが「ニッチ」と「サブカルチャー」です。

 

ニッチとは隙間を意味しており、ビジネス上では小さな市場の事を指します。

 

そしてサブカルチャーとは、主流ではない文化=少数派の趣味、興味を持ったグループの事です。

 

「オタク」などをイメージしてもらえば分かると思います。

 

要はニッチもサブカルチャーも「少数」というところに共通点があり、高額な料金を受け入れてもらう重要な要素になるのです。

 

重要な要素というのはどういう事かというと、同じ商品であったとしてもターゲットを絞り込んだ商品である事を表現するだけで、高額であったとしても受け入れられやすくなってしまうという事です。

 

例えば、書店に行って「時間管理」の本を探していたとしましょう。

 

その書籍のタイトルが「時間管理術」というシンプルなタイトルよりも「BtoB営業のための時間管理術」と少数派に向けられたタイトルにする事により、消費者の価格弾力性に広がりが発生します。

 

もっと具体的に言うと前者が1000円で後者が2500円だったとしても後者を選択される可能性が高くなるのです。

 

あなたの商品は一体誰向けに作られていますか?

 

そしてあなたの営業トークも誰に向けて発信していますか?

 

その表現が多数派に向けた発信になっている限り、高額な料金を支払ってもらう事はできません。

 

今の言葉を少数派に向けて発信してみる。

 

たったそれだけの工夫があなたの商品単価を上げ、そしてビジネスをもっと楽なものするきっかけになればと願っています。

 

 

2018年03月11日コラムマーケティング


【商品提案では、顧客のこれまでうまくいかなかった言い訳を用意せよ】

先日、ある電話が掛かってきました。

 

その相手はハウスメーカーからの電話です。

 

もう家を購入してから5年が経過し、先日5年点検を受けたところでした。

 

その5年点検の際に、もしかしたら無償で家の不具合を修理してくれるのではないかという淡い期待のもと、散々言った要望(クレーム?)に対して担当者が説明に来るとの電話があったのです。

 

恐らく営業担当者がきて、うまく言いくるめてくるのであろうと予測していましたが、私も営業コンサルタント。

 

生半可な説明をしようものなら、その隙をついてやろうと待ち構えていました。

 

そして、当日。その日がやってきました。

 

ハウスメーカーから来たのは、見た目営業担当者ではなく技術系の担当者。

 

てっきり交渉事は営業担当者が来るものだと思っていたので多少拍子抜けです。

 

とはいえ、言うべき事は言わねばと思い、その担当者と話し始めました。

 

私の家は数年前に、壁紙がリコール対象商品だという事が発覚し、住んで1,2年で壁紙の貼り替えを行っています。

 

その貼り替えに関しては全面メーカー側の責任ということで、無償で貼り替えを行いました。

 

当時、貼り替えを行った時も、壁紙と壁紙の間に隙間ができるなどを指摘し、何度かやり直しをしてもらっています。

 

そして数年たった今、また壁紙と壁紙の間に隙間ができ、多少気になるレベルになったのです。

 

以前、貼り替えている負い目もあることから、このトラブルに関してはどんな言い訳が飛び出してくるのだろうかと楽しみにしていました。

 

そして交渉がスタートしたのです。

 

水田「この壁紙の隙間は何とかなりませんか」

 

担当者「そうですね。実はもう先日の施工から2年以上が経過しており、無償修理の対象から外れてしまっているのです」

 

水田「そんなこと契約書に謳っていますか?」

 

担当者「ええ、しっかりと明記しています」

 

水田「この隙間はできているのは施工業者の問題じゃないですか?以前も何度かやり直ししてもらっているし」

 

担当者「そうではありません。これは家の構造上の問題で、中の木が水分を含んで膨張したりすると壁が引っ張られてこのような隙間ができるのです」

 

水田「という事は構造上の欠陥という事ですね?」

 

担当者「そうではありません。この現象は木の材質、工法、その他、様々な要素が絡んで起きる現象です。なので全く同じ作りの家にお住まいでも壁紙に隙間もできる家もあればできない家もあります。これは我々でも予想できません」

 

こちらが期待していた「言い訳」はほとんど出てこず、非常に論理的に今の現象を解説してくれました。

 

水田「(くそっ!少しは言い訳じみたコメントがあれば・・・)」

 

そして結局何も無償という言葉を引き出すことができず、その時間は過ぎ去っていったのです。

 

言い訳の正しい使い方

 

 

 

 

 

 

 

 

言い訳は交渉事において不利な展開を招きます。

 

そして交渉事だけでなく、普段あなたが言い訳じみた言葉を繰り返していると、あなたの成長への妨げにもなり兼ねません。

 

しかし、言い訳は悪い事だけでなく、使い方次第によっては良い結果を招き入れることもできます。

 

良い結果を招き入れる言い訳の使い方とは、顧客には言い訳の余地を与えておくという事です。

 

あなたが何か商品を提案する時に、決して今起こっている問題を顧客のせいにしてはいけません。

 

人は弱い生き物です。

 

何か問題が発生していたとしても自分のせいだとは思いたくないものです。

 

そんな心理を無視して、今の問題はあなたのせいだと言ってしまえば顧客はあなたに耳を傾けなくなります。

 

例えば、SFAの運用において現場の営業担当者が入力しないのは、あなたの指導不足だ!といってしまえば、もう二度とあなたの話は聞かなくなることでしょう。

 

それが事実であったとしても。

 

そうではなく、入力しないのは多くの企業で発生している事実、あなたのせいではないと話すことで顧客はあなたをより理解してくれる存在だと認知します。

 

商談の場においては顧客の言い訳の余地を残しておく必要があります。

 

あなたの普段の商談が間違っても問題が発生しているのがあなたのせいだ!となってしまっていないか改めてチェックしてみてください。

 

顧客に言い訳の余地を残しておくことが、あなたのためにもなり信頼を獲得する1つのツールにもなり得るのです。

 

そのためにもあなたの営業トークに、顧客の「言い訳」を忍ばせておく。

 

そんな心遣いも必要ではないでしょうか。

 

 

2018年02月24日コラムマーケティング


【期待を作り出せば、商品が高く評価されやすくなる】

先日の週末。

 

お昼ご飯にチャーハンが出てきました。

 

私はチャーハンが出てくるといつもある事をやってしまいたくなります。

 

この意見には賛否両論あると思いますが、いつもチャーハンにはウスターソースをかけたくなるのです。

 

特にチャーハンがおいしいとか、おいしくないとか、そういう訳でなく、何となく調味料を足してしまいたい心理に駆られるのです。

 

これはチャーハンだけではなく様々な料理に、最後の一味を付け加えたくなります。

 

パスタやピザであればタバスコは必須。

 

カレーにタバスコをかけることもあります。

 

カレーの場合、タバスコだけでなく気分によってはウスターソースや生卵も。

 

そしてうどんに七味。

 

お好み焼きにも七味をかけます。

 

飲食店にいってもテーブルの上に何か調味料が置いてあると、かけたい心理に駆られます。

 

自宅では全ての調味料がそろっているため、ついついかけがち。

 

しかし、こういう話をすると恐らく多くの奥様方に反感を買うと思います。

 

「せっかく作った料理に調味料をかけるなんて・・・」と。

 

ただ、本当に伝えたいのが、味がおいしくなくてかけている訳ではなく、パブロフの犬状態でかけてしまっているという事です。

 

※パブロフの犬・・・生理学者イワン・パブロフが犬を使って「条件反射」の研究を行っていたことからついた名称。パブロフの犬=条件反射

 

何か刺激物を付け加えると、元々あった味が際立ちおいしく感じるのです。

 

いわゆる希少性の原理と同じかもしれません。

 

手に入りづらいもの程欲しくなるという希少性の原理がありますが、調味料という壁を作ることで元々あった純粋な味に辿りづらくなる。

 

だから、その味に辿り着いた時に感動がひときわ増すのだと思います。

 

そう、調味料を足すことでうまみが増すのです。

 

 

営業は最後の味付け

 

 

 

 

 

 

料理に調味料をかけるとうまみが増すのと同様、ある一味があなたの商品価値を引き上げます。

 

それが「期待」です。

 

意思決定神経科学研究所のサミュエル・マクルーアの研究におもしろい実験があります。

 

ブランドのラべルの付いたコーラとラべル無しのコーラを飲み比べた時に、多くの人がラベルの付いたコーラがおいしいと答えました。

 

これはそう答えた方が多かったというだけでなく、脳の反応も調査されました。

 

そうするとラベルの付いたコーラを飲むことで、脳がより快感を感じていることを示す活動が見受けられたのです。

 

ラベルを貼ることが妄想や幻想ではなく、脳の活動レベルで違う事が明らかになったのです。

 

これはブランドによる「期待」が味を変えたという事を立証した実験だったのです。

 

商品は商品自体だけでなくマーケティングコミュニケーションを通じて付与された情報によって評価が変わってきます。

 

ある広告関係者が「広告は製造過程の最後の段階」といったようにマーケティングや営業活動が商品の品質を変える最後の調味料になるのです。

 

商品が差別化できないと嘆く前に、あなたはお客様に「期待」を与えているでしょうか?

 

その期待が高まれば、お客様は商品価値を脳レベルで良いものと認知します。

 

リピートされないと嘆く前に、あなた自身がお客様に商品を使った後の期待を膨らませているか。

 

改めて考えてみても良いのではないでしょうか。

 

 

2018年02月10日コラムマーケティング


【混乱したままモノを買う人はいない】

ある病院での診察室で・・・

 

私は12月の頭から喉の調子がおかしくなり、それがきっかけで咳が出るようになりました。

 

風邪だったのか?喉の調子は2週間程度で復活したのですが、咳だけが止まりません。

 

年末、年始も“のど飴”を舐めていない時間は常に咳き込む・・・

 

龍角散を袋入りで購入し、持ち歩くという日々が何日も続きました。

 

そして年始に兄貴と話していた時に、この咳の症状についての話題になりました。

 

兄「その咳が止まらないのは咳喘息かもしれんぞ」

 

私「咳喘息?」

 

兄「俺も昔、咳が止まらなくて大変な時期があったが、いつもの病院じゃなくて呼吸器科に行ったら一発で咳喘息と診断されて、咳喘息の薬に変えたらすぐに治ったぞ」

 

私「へ~、そうなのか・・・」

 

もしかしたら私も咳喘息なのか?その懸念があるのなら・・・という事で年が明けてすぐに呼吸器科に向かいました。

 

そしてお医者さんに症状を話し、聴診器、口の中を見てもらいながら診断をしてもらったのです。

 

私「あの~、私は咳喘息ではないですか?」

 

医者「そうですね~、その可能性もありますが、まだ分かりません」

 

医者「咳が2か月以上続くと、咳喘息の可能性が9割以上になってくるのですが、2か月以内ならほとんどその可能性はないと思われます」

 

私「でも、もう1カ月以上も咳が続いているのですが・・・」

 

医者「咳喘息の薬にしますか?」

 

私「その方が良いでしょうか?」

 

医者「分かりません。咳喘息の可能性はありますが、2か月以上経たないと分からないので」

 

私「(・・・・2か月以上経たないと分からないかよ!それまで苦しむのも・・・)」

 

医者「通常の薬にしますか?咳喘息の薬にしますか?」

 

私「どっちが良いんですか?」

 

医者「いや、分かりません」

 

私「(お勧めぐらい教えろよ!)」

 

医者「どうしますか?咳喘息を疑われているのであればもう1つ検査をしますが」

 

私「(検査?診察までに2時間も待って、更に時間がかかるの?それはメンドクサイな~)」

 

私「じゃあ、通常の薬で・・・」

 

私が行った病院がまずかったのか、病状が難解なのか、最近のお医者さんは本当に薬を患者に選ばせる傾向にあると思います。

 

しかし、専門家でない患者からすると判断しようがない。

 

「少しでも良いのでヒントぐらいくれよ~」

 

思わずこう思ってしまったのです。

 

 

 脳はそもそも考えるのが嫌い

 

 

 

 

 

 

薬を2つ提示された時、私はどちらにすれば良いのか分かりませんでしたが、結局は「これ以上時間がかかるのが嫌」という思いが、意思決定を促してくれました。

 

しかし、それがなかったらどうだったのでしょうか?

 

しかも、今回は薬をもらわなければならないという大前提の元でしたが、これが営業のようなシーンで、お客様をこのような状態にしたら何が起こっていたのでしょうか?

 

ハーバード大学のジェラルド・ザルトマン氏の研究によると、「人は1日の内で考えているのはわずか5%、残りの95%は無意識で行動している」と言われています。

 

なぜなら脳を使うと、相当なカロリーが消費されるという程、負担が大きいからです。

 

人は考えるのが『嫌い』です。

 

お客様が商品選びに、悩み・苦悩しているのであれば、そっとあなたのお勧めを提示してあげて下さい。

 

悩んでいるお客様を助けられるのは営業のあなただけですし、考えることから解放してくれたあなたにきっと感謝してくれるはずです。

 

脳科学がそれを立証してくれているのですから、何も心配することはありません。

 

 

2018年01月20日コラムマーケティング