【100%責任を負うことを受け入れると、仕事のパフォーマンスが飛躍的に上がる】

年末年始。

 

1年に1回ですが、私は実家に帰省しています。

 

元々は明石に住んでいたのですが、父親の病気のこともあり、今は両親が母親方の実家である山口県に住んでいます。

 

年末には兄も帰省しているため1年に1回の一家団欒です。

 

毎年帰って驚くことは、母親の機敏さです。

 

もう既に76歳(来月には77歳)になるのですが、20年前とそう変わらない動き。

 

そして今も洋裁の先生として働き続けています。

 

そしてある日の夕食時、以前から耳にしていたある話題になりました。

 

その話題を初めて聞いた時は、私は耳を疑いましたが、母親はまじめにこう話したのです。

 

「今から喫茶店でもやろうかと思ってるねん」

 

その相談を受けた時は、最初「は?」と思いました。

 

76歳の老人が、今から事業を立ち上げる?

 

高齢で起業したことで有名なケンタッキーのカーネルサンダースでさえ起業したのは65歳。

 

その11歳もオーバーしている母親が今から事業を立ち上げようとしているのです。

 

最初は冗談かと思い私も

 

「周囲の高齢者の安否確認のためにやるのか?」

 

と質問。

 

しかし、母親は大笑いし、「安否確認!あんた、面白いこと言うな(笑)」と切り返してきたことから本気で商売としてやろうとしていることが分かりました。

 

私の兄も自営経験者、そして私はコンサルという職業柄、事業をどう立ち上げるかという話は大好物です。

 

それもあってか、すぐに話は詳細にまで及びました。

 

よくよく話を聞いてみると、経営者は母親ですが、実際の働き手は親戚。

 

そして深くまで話を聞いていくと起業の動機が見えてきました。

 

母親「○○ちゃんが今の働き先を辞めなあかんようになってん。せやから、働き先ないやろ~、だから私が喫茶店でもやろうかと思ってんねん」

 

(他人の心配してる場合か!なに雇用の維持に一役買って出とんねん!)

 

母親「それにこの近くにたいした事ない喫茶店が儲かってんねん。絶対に儲かるわ~」

 

(おっと!競合はしっかりリサーチしとんかい!さすが商売人)

 

聞けば聞くほど、軽いタッチで起業しようとしていますが、おそらく起業家というのはこれぐらいのパワフルさがないとできないのだろうと感心していました。

 

しかし、いつも感心するこのパワフルさ。

 

その源泉はどこにあるのだろうと考えていた時に、いつも見え隠れする母親の信念があります。

 

それは「子供には絶対に迷惑はかけない」という信念です。

 

親であれば誰でもと思うかもしれませんが、今の諸事情から考えると(詳細は語れませんが)そこまで信念を貫けるのか、と思わず思ってしまう。

 

そんな状況の中で、笑いながら事業を起こそうとしている姿勢に、強い生命力を感じるのです。

 

 責任を負うと力がみなぎる

 

 

 

 

 

ここ最近、責任を負う事を嫌がり、昇進・昇格を目指さない世代が出てきていると聞いています。

 

大変そうな上司を見て、管理職になるよりもプライベートを充実させたいと。

 

しかし、今後はAIが台頭してくる時代。

 

あまり悠長な事を言っていると働き口さえ失ってしまうかもしれない。

 

そして仕事に責任を負う事は、悪い事ばかりでもなく良いことも多々あります。

 

仕事が大変であったとしても自分自身がそれをコントロールしていると思える仕事をやった方がよっぽど充実するし、ストレスも少ない。

 

責任が他にある時は言い訳しか出てこないが、自分自身が責任を負うと工夫が生まれる。

 

もしあなたが、今、他人の愚痴ばかり言っているのであれば、そのストレスから解放される方法は100%の責任を持つこと。

 

そして100%責任を持つだけで、あなたのパフォーマンスは今よりも飛躍的に上がることは間違いありません。

 

巷の自己啓発のノウハウよりも、よほど簡単な方法。

 

一度は試してみても良いのではないでしょうか?

 

 

2018年01月06日コラム営業


【顧客の飽きを懸念するなら、ポジティブ情報とネガティブ情報を交互に話せ】

今日は30日。

 

多くのビジネスマンが28日や29日が仕事納めであり、今日は多くの方が休みに入っていると思います。

 

年末年始といえば、お笑い番組の特番が多く、「ガキの使い」や「芸能人格付け」などは多くの方がご存じの定番になっています。

 

私の一家は、夫婦で関西人からなのか家族全員で漫才やお笑いを見ることが結構あります。

 

つい先日もM1グランプリを家族全員で見ていました。

 

世の中にはお笑い芸人という方は無数にいますが、その中でもここ最近私を最も笑わせてくれる芸人は「小籔」です。

 

特に「小籔」の世間や人をけなすトークは、その極端な発想と表現がツボを突き、腹を抱えるほど笑ってしまいます。

 

そしてつい先日も小籔と兵頭のフリートークをYouTubeで何となく聞いていました。

 

その時のネタは「花見」を揶揄するトークです。

 

小籔「桜なんか毎年見ますやん。それで毎回同じでしょ!今年は赤とか来年は紫とかやったら分かるけど、何回見てん!みたいな感じですやん!」

 

兵頭「あかんの?別にええやん、毎回ベタなことしたらええんちゃうの?」

 

小籔「花見と言いながら花を見ている人いるか?」

 

兵頭「まあ、まあ、確かにおらへんけど」

 

小籔「君ら、花見という産業に踊らされてる!」

 

小籔「花見と言いながら、花を見ている人おらへんし。ブルーシートひいてサブいのに、ビール飲んで余計に体冷えるし」

 

兵頭「まぁ、確かにサブい時期が多いけど」

 

小籔「そんで、女の子がオイシないだし巻き作って、それ食べて。おかずの減りが偏ってるからそっちの弁当箱にも手つけよか~みたいな。何がおもしろいの?」

 

兵頭「別にええやん!」

 

なかなか文章では伝わりづらいのですが、「花見をここまで否定するか?」という意外な発想に思わず笑みを浮かべてしまったのです。

 

しかし、この小籔と兵頭の掛け合いですが、このパターンは良く耳にすることがあるパターンです。

 

漫才の典型と言っても良いほど。

 

なぜ漫才には、このボケとツッコミという立ち位置が存在し、自然と芸人はそれをやってしまっているのでしょうか?

 

 

 コントラストが話を飽きさせない

 

 

 

 

 

 

話を飽きさせない方法として「スパークライン」というある1つの型をご存じでしょうか?

 

これはナンシー・デュアルテが提唱したプレゼンテーションの1つの型です。

 

スティーブジョブズやキング牧師、レーガン大統領など、人を惹きつけるプレゼンテーターには共通する話し方が有り、その共通項を体系化した方が「スパークライン」というものです。

 

「現在の姿」と「未来の姿」を交互に話す。

 

ストーリー全体は「発端」「中盤」「結末」に分解して表現することができるなど。

 

その中でも最も強調して語られていたことが「コントラスト」を使う事。

 

数分間ごとに対比するような話を行い、そのギャップが大きいほど人は話に引き込まれていくそうなのです。

 

トップセールスが、あえて商品のメリットだけではなくデメリットも話すのは「スパークライン」という型の理論からいうと正解。

 

あなたも人に飽きさせない話をしなければならない立場にあるのなら「コントラスト」に意識を向けてみてください。

 

そして、そのギャップをどれぐらい広げる事ができるのか。

 

その探究心があなたの魅力を引き上げ、そして顧客から欠かせない存在になることは間違いありません。

 

 

2017年12月30日コラム営業


【なぜそれを売っているのか?あなたと商品との関連性を伝えられないかを考えろ】

 

「ついに来た!」

 

先週1週間はほとんどが出張で、家にいたのは水曜日のみ。

 

滞在時間も約7時間程度とほとんど家の中の事を把握できない状態でした。

 

それもようやく週末に落ち着き、家に帰ると“あるもの”が届いていたのです。

 

その届いていたものとは、先週末に注文した「加圧シャツ」です。

 

「ついに来たか~」

 

そう思いながら開封し、中身を取り出してみたのです。

 

「小さいな~」

 

中身を取り出すと、非常にタイトなシャツが・・・

 

加圧を強くするためにあえて「Sサイズ」を注文したのですが、少しやりすぎたか・・・

 

そう思いながら着用してみると、意外に入らない程ではない。

 

思っていた以上に着心地は悪くなく、それでいて良い締めつけ具合。

 

早速、筋肉隆々になるためにランニングに出かけました。

 

ランニング中は良いフィット感で走りやすい。

 

そしてなんだか体が熱くなっているような気がする。

 

「これが加圧効果か!何か脂肪が燃焼されているような気がする!」

 

そう思いながらランニングを終え、風呂場に行って鏡を眺めながら、何か筋肉がついたように思えたのです。

 

恐ろしいぐらいの「認知不協和」

 

人は商品を購入した後に、後悔したくないという思いから、購入したことが良い選択だったのだと思い込もうとする心理が働きます。

 

そして、購入した後に更に加圧シャツについての情報収集。

 

様々なサイトで加圧シャツのことが情報公開されており、その情報をくまなくチェックしていたのです。

 

そして、そのレビューを検索している間、良いレビューだけでなく、悪いレビューも目に入ってきます。

 

「実は加圧シャツは全く効果がない」

「着ているだけでは全く意味がない」

 

そんな書き込みも目にしましたが、認知不協和とは恐ろしいものでそういった類の情報は全く気になりません。

 

購入する以前は商品に対する悪いレビューをくまなく確認していたのですが、購入した後は良いレビューをくまなくチェックしているのです。

 

「加圧シャツは運動することで更なる効果あり」

「姿勢の矯正にも良い」

「インナーとして着ているとスーツがよく似合う」

 

そんなレビューに

 

「そうか!ランニングしている私にはうってつけ!」

「姿勢を矯正してくれるのはありがたい。講師業には姿勢は欠かせない」

「着ているだけでスーツが似合う体になるのなら筋肉がつかなくてもメリットはあるか」

 

次々と自分との関連性を見つけ商品を購入したことを納得させようとしていたのです。

 

「いや~!良い買い物をしたな~」

 

典型的な消費者心理を久々に体験した週末だったのです。

 

 

 関連性がセールスを制す

 

 

 

 

 

人は商品を購入すると、そこに関連性を見出します。

 

自分自身と商品とが、どう結び付くのか。

 

自分自身の悩みと商品が提供してくれるメリットとどう結びつくのか。

 

そういった関連性を探しだそうとします。

 

そしてそれは商品だけでなく、誰が提供しているかという事にも関連性を探し出そうとします。

 

以前、野村證券で研修をしていた時に、あるトップセールがこんな事を語っていました。

 

「私がなぜ野村證券に就職したのかというと、私のおじいちゃんが証券マンに勧められた株で大損して大変な目に合ったからです。本当にかわいそうだった。だったらなぜって人から良く言われるのですが、だからこそ私がこの業界に入って証券業界を変えたいと思ったのです」

 

この言葉を聞いてあなたはどう思うでしょうか?

 

「こんな思いを持った証券マンなら信用できる」

「騙されるのではないかと思っている私の不安を解消できるのはこの証券マンしかいない」

 

そう思ったのではないでしょうか。

 

なぜ、あなたが今の商品を売っているのか。

 

そこに関連性を紐づければお客様とも関連性を持つ可能性が高くなります。

 

今は、「何を買うか」ではなく「誰から買うか」の時代。

 

あなたが今の商品を売っていることへの関連性を見つけ、お客様にそれを語ってみてください。

 

その関連性があなたのセールスを強力にしてくれるツールになる事は間違いないと思います。

 

 

2017年12月24日コラムマーケティング


【価値は商品そのものではなく、いかに売るかというアイデアに紐づいている】

「あっ!押してしまった・・・」

 

ここ最近、ある商品が気になっていました。

 

なぜだか分かりませんが、facebookを見ているとある広告がよく目につくようになったからです。

 

その広告とは「加圧式シャツ」です。

 

私は7,8年前に初めてダイエットというものを行い、低炭水化物ダイエットで7キロ減に成功しました。

 

ここ最近では、息を止めてお腹をへこませるだけでお腹の弛みが解消されるという方法を知ってからすぐに実践。

 

今では風呂に入っている時に何度か実践するだけで以前よりもお腹の弛みが消えてきたように思えます。

 

そして現在は気になる個所は胸筋の弛み。

 

何か良い方法はないかと思い、何人かの人にリサーチ(聞き込み)をしましたが「筋トレしたら?」との回答ばかり。

 

「う~ん、もっと手軽に何とかならんかな~」

 

そう思っていた矢先のことだったのです。

 

そして、そのfacebook広告を胡散臭いと思いながらもクリック。

 

内容はよくあるランディングページに飛び、解説文がびっしり。

 

そして芸能人が使用している記載も。

 

「へ~、そうなんだ。芸能人が使っているなら信頼できそうだな~。ん?いかん、いかん、これこそまさにハロー効果。そんなよくある手には引っかからんぞ」

 

そう思いながら解説文を読み進めていったのです。

 

「なかなか良さそうな商品だな~。ただ、どうせこの後、価格は1万円とかで来るんだろうな~」

 

そう思いながら金額を確認すると・・・

 

なんと!3,980円!!!

 

思わず「安!!」と感じてしまったのです。

 

しかし、ランディングページから買うのは何か「してやられた感」があり、あえてアマゾンで検索してみました。

 

そうすると類似品がたくさんヒット。

 

そして社会的証明の原理により、コメントが多く入っている、いかにも売れていそうな商品をクリックしました。

 

信憑性を確認するためにコメントを確認。

 

まずは初頭効果を懸念し、悪いコメントからチェック。

 

そうすると最初にクリックした商品はステマされている可能性があったため離脱。

※ステマ・・・ステルスマーケティング

 

そして2つ目の商品を確認。

 

同様に悪いコメントから確認しましたが、そこまで悪いコメント数も多くなく、この商品なら間違いないかと思った瞬間、1クリック購入ボタンを押してしまう・・・

 

「あっ!押してしまった・・・」

 

シャツが不足していた訳でもないのに、3,980円のTシャツを1クリック購入してしまったのです。

 

 別の物と比較させろ

 

 

 

 

 

 

通常、Tシャツを買うとなら3,980円も出しません。

 

Tシャツのような消耗品であれば、ユニクロで990円購入が定番の流れです。

 

そして今、Tシャツは特に不足していません。

 

しかし、今回は4倍の値段、そして必要性もないのに、なぜ?簡単に購入してしまったのでしょうか。

 

それは比較対象が変わったからです。

 

商品はTシャツですが、購入を検討するにあたり比較になったのは、サプリメントなどのダイエット商品。

 

Tシャツではなく、サプリメントと考えると3,980円は別に高い商品ではないですし、今サプリメントは持っていません。

 

なので、高くもなく、過剰な購入(Tシャツと考えれば過剰)でもないのです。

 

いつもあなたが競合品と比較して提案しているのであれば、価格を買いたたかれている可能性があります。

 

少し頭をひねって、全く違う商品と比較させることはできないか。

 

そのアイデアが出てくればあなたの商品価値は飛躍的に上がるはずです。

 

この週末に少しだけ考えてみてはいかがでしょうか?

 

そのアイデアが出てきた瞬間に、来週から営業が楽しくなることは間違いないと思います。

 

 

追伸:今となっては売り方を学ぶためにランディングページから購入すれば良かったと後悔しています・・・

 

 

2017年12月17日コラム営業


【「何がいけないのか」を自問するな!】

先日、部下からある質問をもらいました。

 

その質問とは「もし本を出すとするなら、どのような本を出すべきか」という質問です。

 

当然その後に仕事につなげる事を考えると、必然的にターゲット層が決まるため内容も自ずと絞られてきます。

 

しかし、出版というのは出すことだけでもかなりの意味があり、コンサルタントにとっては権威づけの効果もあります。

 

ちなみに私は遠い過去、あるセミナー企画担当者に「コンサルタントなら本ぐらい出しておかないと、うちでは採用できないな~」なんて事も言われたことがあります。

 

その時は見る目の無いクソ野郎だと思っていましたが、よくよく考えるとセミナー内容を見たことがない人が、講師の見た目や人柄だけで判断するのはなかなか難しいものだと思います。

 

そして会話は書籍の内容からタイトルの話に。

 

どのようなタイトルを付けるべきかという話題の中で、私はこう答えたのです。

 

「書籍のタイトルというのは、こちらがこんなタイトルにしたいといってもなかなか採用されるものではない。当然、出版社も売ることを考えており、その売れる要素の大きな部分を占めるのがタイトルだから」

 

と話したのです。

 

実は、私が出版した時に、最初に企画したタイトルは今のものと違っていました。

 

これは弊社の横山と相談し、かなりピンときたものを企画書に書き込んだつもりでしたが、そのタイトルはあえなく却下され、出版社より違うタイトルを付けられたのです。

 

それが「最低でも目標達成できる営業マンになる法」。

 

書籍のタイトルというのは、その当時、売れている書籍のキャッチコピーの型を真似るケースが多く、書店に行くと何となくその法則に気づくと思います。

 

「超一流の●●」や「たった1つの△●」「●□の教科書」「△×の営業術」など、何となく良く目にするのではないでしょうか。

 

キャッチコピーというのは、0からヒットするものを生み出すのは相当難しく、既にヒットしているものから導き出すという作業が最も効率的です。

 

要はヒットしている商品を集めて共通項を探すという事です。

 

実は、書籍だけでなくメルマガでも同じような分析を行います。

 

セミナーの集客メールを何度か配信し、一番クリックされたものは何か。

 

そしてクリック率が高いコンテンツを眺めて何が良かったのかを分析するのです。

 

よく考えるとマーケティングの世界では、ヒットしなかったものに目を向けるのではなく、ヒットしたものに目を向けるのですが、営業の世界ではどうでしょうか?

 

「なぜ目標が未達成になってしまったのか」「なぜうまくいかないのか」といった問題にフォーカスしがちになります。

 

しかし、これが冷静に分析できる人であれば良いのですが、得てして実績の上がっていない営業マンはネガティブに考えがちです。

 

「営業スキルが低いから」「営業に向いていないから」「担当エリアが悪いから」「運がないから」等

 

そして何がいけないのかを考えている間に、自分のセルフイメージを落としていき、更に負のスパイラルに陥っていくのです。

 

 

 強みの拡大vs弱みの改善

 

 

 

 

 

 

例えば、100件の飛び込みやテレアポを行ってアポが3件取れたとします。

 

うまくいかなかった97名の顧客を見渡して何が悪いのかと考えても、なかなか改善策は浮かびません。

 

自分自身のトークが悪いかもしれませんし、単にタイミングが悪かっただけということもあるでしょう。

 

単に相手の機嫌が悪かったという事もあるかもしれません。

 

この場合、うまくいかなかった97名に焦点を当てるのではなく、アポイントが取れた3名に焦点を当ててみる。

 

うまくいかない要素はたくさん思いつきますが、うまくいった要素はそんなにたくさん見つかるものではありません。

 

であれば、共通項は自ずと見えやすくなり、その共通項からターゲットの属性などが見えれば汎用的に活用することができます。

 

どんなトークが響くのか、どんな媒体を活用すべきか、どのような集客方法で営業すべきか。

 

営業で、てっとり早く実績を上げたいのであれば、うまくいかなかった要因ではなく、うまくいった要因に焦点を当ててみる。

 

そしてその要因が分からないのであれば、直接顧客に聞いてみる。

 

意外としていないそんな活動が、あなたの業績を好転させる大きなきっかけになるのかもしれません。

 

 

2017年12月09日コラム